今年の重大ニュースに ”アッキード事件” が入るのは確実
流行語大賞の有力候補は ”忖度”


日経(春秋)「例の案件、こっちの関連だから」と先輩が・・・ 2017.3.25朝刊より転載

 「例の案件、こっちの関連だから」と先輩が親指なぞ立てて目配せする。
「わかってます」と後輩。正式な指示でも機関決定でもないが、なぜか最優先事項となる。
「聞いてないですよ」と反論しようものなら、KY(空気読めない)とレッテル貼りされるのが落ちか。

▼日本中、どの職場でもありそうな、上役やら得意先の意向の「忖度(そんたく)」である。
言葉の意味自体「他人の心中をおしはかること」(広辞苑)とニュートラルだ。
しかし実際に使われる時は
「力を持つ上の者の気持ちを先取りし、機嫌を損ねぬように処置すること」
といったニュアンスになろうか。
書いていて嫌な汗がにじむ。

Akie

▼ 「神風が吹いたと思った」
森友学園をめぐる国会の証人喚問の場で、籠池理事長はこんな表現をした。
小学校の設立に当て込んだ国有地が、ゴミを理由に大幅に値引きされて払い下げられた一件についてだ。
首相夫人と学園の関係や国会議員による「言葉がけ」が
財務省や出先の判断に影響を及ぼしてはいないか。

▼ 「重層的な忖度メカニズム」
今回こんなものが働いたかと疑われる。

理事長は首相と信条の近さを強調し、夫人付の職員名で問い合わせもあった。
公開文書では確かに「ゼロ回答」だが、
連絡すること自体、役所へのボディーブローだったかもしれない。
究明に必要な交渉の記録は廃棄された。
忖度なら度が過ぎよう。
2017.03.25 Sat l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top
何か暗い気持ちになるこの頃、爽やかな風が吹き抜けました
卒業に際し、宮内庁は愛子さまが同校の記念文集に寄せた作文を公開した。
毎日新聞 2017年3月22日
世界の平和を願って 敬宮 愛子さま

愛子さま

 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(15)が22日、学習院女子中等科(東京都新宿区)を卒業された。卒業に際し、宮内庁は愛子さまが同校の記念文集に寄せた作文を公開した。
作文の全文は以下の通り。

世界の平和を願って
2017.03.24 Fri l 戦争と平和 l コメント (0) トラックバック (0) l top
福島からの人権宣言
Declaration of Human Rights from Fukushima
 by Taro Yamamoto
2011.3.11から6周年の今日、
安倍晋三首相が3月11日の震災記者会見を打ち切ると発表しました。
今年で震災から7年目を迎えることから
「一定の節目を越えた」として会見を中止すると発表。
報道機関も同調しているような取扱い

福島では健康に生きる権利が抹殺されようとしている。
そんな福島の今を伝え、山本太郎氏の
「子供たちを被曝させるな!原発避難者の住宅支援をやめるな!」
3.4新宿デモ。山本太郎自由党参議院議員の応援街頭演説
読んで、世界に伝えたいと英語に翻訳した、
翻訳しながら、これは福島からの人権宣言だと思った
FBでFukushima information ti the World 等に投稿
これを読んだ Javale Gola さんが今度はフランス語に翻訳してくださった。
≪3.11 6周年≫ 日英仏語の福島人権宣言 

For the recovery of Human Rights from Fukushima
~The right to live helthy is not allowed in Fukushima~

”Do not expose children! ”
”Do not stop housing support of nuclear disabled evacuees!”

2017.3.4 Shinjuku demonstration. Taro Yamamoto Speech

Nuclear Emergency Declaration issued in March of 2011
It has not been withdrawn yet for nearly six years now.
In other words, now Japan is in the midst of nuclear emergency declaration.
Meltdown of three reacrors!! There have never been such disasters of nuclear weapons in the world. I do not know how to stop. Perhaps it takes hundreds of years or more.
That is natural.
But what the country has done is a terrible story.
People living in this country originally had rules.
There were limits of radiation exposure and limits to which exposure was permitted.
Babies and pregnant women and everyone said that " less than 1 mSv per year". The government said "20 mSv. Annually" up to 20 times is OK. So what does this 20 mSv mean?
In Chernobyl at 1/4 " annual 5 mSv", it was forced to migrate.
"5 mSv per year" is equivalent to the radiation control area,
Place where knowledgeable radiation workers enter.
"You must not be under 18 years old" "You must not do an arm pillow" "You can not eat or drink" "A place where you can only stay up to 10 hours a day"
The government forces evacuees going back to their home town, 20 mSv per year, 4 times of radiation control area.
You should not be able to protect your child's life!
Who caused nuclear accident? Is it Fukushima citizen?
Are evacuated people responsible?
NO !!!!
It should be the responsibility of the politicians who have been boosted by TEPCO and national policy. If so, you must compensate for the victims.
But the country is rejecting it now.
In March of this year, from Fukushima Prefecture and other areas, according to this country's "annual 20 mSv per year" standard, housing support for fathers and mothers who were evacuated will be discontinued.
"You are alright" and "return home" They say.
People are "safe" and "return home" in contaminated town 4 times of the radiation control area.
Now that this absurdity is permitted, this is Japan. I want you all to be interested about what's happening in Japan. We can never allow to terminate support for nuclear disaster evacuees.
Nuclear disaster is still going on after 6 years since 2011.3.11.
And fall out radioactive poisons can not be removed by decontamination. If you measure the land and soil properly in areas where it is said that decontamination has ended, there are lands more than the radiation control area.
We need your help !!
There is no future of a country that does not protect children 's lives.
No future for a country who has no intention to protect children' s health.
Now this cry is not far away from people in Fukushima Prefecture,
I'd like to say " It is your future".
The standard value of radiation exposure was set too high,
We can not protect children's lives.
Do not cease housing support for those evacuees!!
We would like you to join !!
(call)
Again this day will come!
Let's remember the Fukuichi accident!
Let's remember TEPCO nuclear power plants!
Fukushima makes electricity!
Make electricity at nuclear power plant!
Tokyo uses electricity!
I use electricity from the nuclear power plant!
"Do not expose children! Do not stop housing support of nuclear disabled evacuees!"
2017.3.4 Shinjuku demonstration. Taro Yamamoto Speech of the House of Representatives Liberal Party

In French by Javale Gola
https://www.facebook.com/groups/Fukushima.informations/permalink/1412040632151009/
Taro Yamamoto, rassemblement à Shinjuku (voir la VIDEO dans le lien ci-dessous)
In japanese :) in english :) en français :)
Son Discours à la Chambre basse de la Diète, Tokyo.
" La Déclaration d'Urgence Nucléaire" prise en mars 2011 est toujours maintenue à ce jour, depuis bientôt six ans. En d'autres termes, le Japon se trouve aujourd'hui au beau milieu d'une déclaration d'urgence nucléaire. Trois réacteurs qui ont fait une fusion !! Jamais au monde aucune arme nucléaire n'a jamais provoqué pire désastre. Je ne sais pas comment on pourra arrêter ça. Cela prendra sans doute des centaines d'années ou peut-être davantage.
On ne peut pas aller contre les lois de la physique.[natural]
Mais notre pays lui, en a fait une histoire abominable.
Les citoyens de ce pays s'étaient auparavant fixé des règles.
Il s'agissait de doses-limite d'exposition et de limite de dose tolérée.
Pour les bébés, les femmes enceintes et vous et moi, on disait : "moins de 1mSv par an". Or, le gouvernement a dit que "20 mSv. Annuellement" jusqu'à 20 fois plus, c'est OK. Alors ça représente quoi, 20 mSv ?
A Tchernobyl, au-delà d'une dose d'un quart de "5 mSv annuel" on était tenu d'évacuer.
"5 mSv par an" c'est la dose prise en zone contrôlée, là où sont autorisés à se rendre des travailleurs du nucléaire expérimentés."Vous devez être âgé d'au moins 18 ans" "vous n'avez pas le droit de passer la nuit" [NDJavale c'est ça..? j'ai un doute] "vous ne devez ni boire ni manger" "vous ne devez pas y rester plus de 10 heures par jour".
Or, le gouvernement contraint les personnes évacuées à retourner vivre dans la ville de leur résidence, à 20 mSv/an, 4 fois plus contaminée qu'une zone contrôlée!
Vous ne pouvez pas protéger la vie de votre enfant !
Qui a provoqué cet accident nucléaire ? les résidents de la région de Fukushima ? est-ce de la responsabilité des personnes évacuées ? NON !!!!
Les responsables, ce sont bien évidemment les hommes politiques sous influence de TEPCO, et un choix politique national. En vertu de quoi, nous devons soutenir les victimes par des compensations.
Mais désormais le pays s'y oppose. En mars prochain (2017), concernant la préfecture de Fukushima et d'autres régions, en vertu de cette norme de "20 mSv/an", les aides au logement pour les pères ou les mères évacués vont cesser.
"Tout va bien" "rentrez chez vous" disent-ils. Les gens peuvent être assurés que "tout va bien" et "rentrer chez eux" dans des villes dont le chiffre de la contamination est 4 fois celui d'une zone contrôlée !
[...]
Aidez-nous !!
Un pays qui ne protège ses enfants est un pays sans avenir.
Un pays qui n'a pas l'intention de protéger la santé de ses enfants n'a pas d'avenir.
Mon appel rejoint celui des résidents de Fukushima, j'ai envie de dire qu' "il en va de notre avenir à tous".
La norme de limite de dose acceptable a été placée trop haut, ce qui rend impossible la protection des enfants.
Ne supprimez pas les allocations-logement pour les évacués !!
Nous vous invitons à vous joindre à nous !!
(exhortation)
Il y aura une autre catastrophe !
N'oublions pas la catastrophe nucléaire de Fukushima Daiichi !
[...]
Thanks to Toshiko Kato Via 吉田弥生
In Japanese here + VIDEO :
https://www.facebook.com/groups/Fukushima.informations/permalink/1411732865515119/

以下日本語
2017.03.11 Sat l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top
埋もれた歴史、光当てる旅 両陛下のベトナム訪問
2017年3月4日朝日新聞 より転載
戦争責任をただ一人負い、責任を果たそうと努力を続けられる姿に深い敬意をささげる。

 天皇、皇后両陛下にとって今回のベトナム訪問は、即位後20回目の外国訪問となる。昨年8月に天皇陛下が退位の意向をにじませるお気持ちを表明し、政府で検討が進む。来年中の代替わりが現実味を帯び、最後の外国訪問となる可能性もささやかれる。

 だが取材を進めると、両陛下が長く、ベトナム訪問を望んでいたことがわかる。その心中にはやはり、「平和」への思いがある。
2017.03.05 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
(ニッポンの宿題)積み上がる国の借金 河村小百合さん、柴田悠さん
2017年3月4日朝日新聞朝刊 より転載

 日本の国の借金は、総額で1200兆円を超えました。財政状況の悪化は、第2次世界大戦で軍事費を急拡大させた敗戦時並みの水準です。戦争をしてもいないのに、なぜこんなに借金まみれなのでしょうか。先進国で最悪の状況が続くなか、いま、やるべきこととは。

 ■《なぜ》放漫財政、日銀の政策が拍車 河村小百合さん(日本総合研究所上席主任研究員)

 日本が先進国で最悪の借金大国へと歩み始めたのは、バブル崩壊後の1990年代、政府が景気対策で減税や公共事業を繰り返し始めたころからです。その後の銀行危機で財政拡大に拍車がかかり、さらにリーマン・ショック、東日本大震災という巨大危機の発生で借金は一段と膨らんだのです。

 その後も放漫財政が続くのは政治の責任ですが、なぜそれですんできたのか。根本には日本銀行の金融政策があると思います。
2017.03.05 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「福島の甲状腺がん有病率は外部被ばくと関連性なし」とした福島県立医大の大平哲也教授らのMediccine誌掲載論文(共著者山下俊一氏・鈴木真一氏等15人、福島県立医大の総力論文)の誤りを指摘したLetterがMedicine Blogに掲載されたので、福島県庁でプレスリリース 2017.2.2
≪メディアの皆さまへ≫ 原文はこちら

 大平教授らは、外部被ばく線量・甲状腺線量とも最低レベルの会津地域と福島県で最高レベル甲状腺線量のいわき市を組み合わせて“低線量地域C” としたため、「18歳以下の甲状腺がん有病率は外部被ばくと関連性なし」という誤った結論が導かれたことを指摘したものです。
 この論文は、福島の甲状腺がんが放射線の影響とは考えにくいと評価する理由の1、地域別の発見率に大きな差がない事を裏付ける資料として検討委員会に既に提出されています。
県民健康調査による外部被ばく線量の結果をもとに、福島県を外部被ばく線量が5ミリシーベルト以上の人が1%以上の“高線量A”地域、1ミリシーベルト以下の人が99・9%以上の“低線量B”、それ以外の“中線量C”の3地域に分けて解析が行われた(図1)。5ミリシーベルト、1ミリシーベルトという根拠の不明な数値、1%、0.1%の住民のみに着目した地域分けが問題。結果として有病率順位(A>C>B)が外部被ばく線量の順位A>B>Cと逆転していることから「外部被ばく線量と甲状腺がんの有病率の間に有意な関連はみられなかった」と結論されてる。(表1)
大平論文PR


放射性ヨウ素の内部被曝線量が小児甲状腺がんの発生に関係していることはチェルノブイリの経験で分かっている。
★国連科学委員報告[では、会津地域は甲状腺線量、実効線量とも少なく、いわき市の甲状腺線量は避難区域を除いて最高です。
★最近放医研が行った1歳児甲状腺線量の推計 によると、いわき市・双葉町・飯館村が福島県で最高値と報告されています。
表3.放医研初期内部被ばく推計
放医研初期内部被ばく推計

放射性ヨウ素沈着量の分布(図2)の傾向とも一致。
大平論文の地域分けでは、低線量地域Cが、甲状腺線量の低い会津地域(C1)と、甲状腺線量最高レベルの、地理的に離れたいわき市(C2)とから構成されたために「外部被ばく線量と甲状腺がん有病率との有意な関連はみられなかった」という間違った結論が出されたと考えられます。
“低線量地域C”を ”C1:会津” と “C2:いわき市” に2分割すると、甲状腺がん有病率の順位(C2≒A>B>C1)と甲状腺線量の順序が一致する!!(表2)
はっきりいうと「会津といわき市(甲状腺がん多発・甲状腺線量最高)をくっつけて、最低外部線量地域としたら、最低線量地域の甲状腺がん発生率が増えて相関がなくなる、これは素人でもわかること!!こんな理由で、甲状腺がんは放射線の影響とは考えにくいといっている福島県・検討委員会、言わせているIAEA・政府が問題」
結論
「福島県における甲状腺先行検査において、外部被ばく線量と甲状腺がん有病率との有意な関連はみられなかった」という大平論文の結論は、低線量地域Cとして、低線量のC1:会津地域と、最高レベルの甲状腺線量のC2:いわき市 を組み合わせた結果生じた、誤った結論であると考えられる。「18歳以下の甲状腺がん有病率は外部被ばくと関連性なし」と広報されている福島県立医大グループの論文の結論は誤りです。
2017.02.21 Tue l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (2) l top
実測210シーベルト、廃炉阻む 福島第一2号機の格納容器
asahi 2017年2月19日 より天才
参考のために記録しておく。

 炉心溶融(メルトダウン)した東京電力福島第一原発の2号機格納容器に、遠隔カメラやロボットが相次いで入った。溶けた核燃料のような塊、崩れ落ちた足場、毎時数百シーベルトに達する強烈な放射線量……。原発事故から6年で、ようやく見え始めた惨状が、廃炉の多難さを浮き彫りにしている。

■扉ごし調査、デブリ散乱、サソリ停止
 今月上旬、廃炉に向けた作業が進む福島第一原発に記者が入った。
2017.02.21 Tue l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top
福島第一原発二号機が引き起こしかねない地球規模の大惨事の可能性
太平洋と米国への影響や如何?
February 12, 2017Japanese, Translations
(翻訳:神学博士 川上直哉)
京大・大学院教授 竹本修三

2016年7月28日、東京電力(TEPCO)は、ミュオン宇宙線の透過を利用して、福島第一原子力発電所第二号機原子炉の画像を公開した。圧力容器の下部に180トンから210トン相当の物質の影が映っていた。TEPCOの出した結論は以下のとおりである。「二号機の核燃料は、そのほとんどが、圧力容器の中に残されていると推定される。・・・・
・・・・・しかしこの推定は最近覆された。燃料は図のようにた、圧力容器から格納容器へメルトスルーしていることがロボットカメラによって撮影された。
F12号炉メルトスルー図
2017.02.18 Sat l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top
山下俊一現福島県立医大副学長
チェルノブイリ笹川プロジェクトで、1991年1996年までの5年間で現地12万人の甲状腺超音波スクリーニング調査を実施し、解析について報告されている。
チェルノブイリ原発事故後の健康問題

1.チェルノブイリ小児甲状腺がんの特徴
甲状腺検診で問題になるのは、発見されたがん甲状腺結節や異常甲状腺エコー所見の取り扱いである。
★これら結節患者に細胞診を試みると7%に甲状腺がん(大部分は乳頭がん)が発見される。
★すでにこれらの患者の半数以上が周辺リンパ節転移を認め、術後のヨード131治療を必要としている。
★中には肺などへの遠隔転移も認められている。


2.福島甲状腺がんの特徴
手術の適応症例について 福島県立医大附属病院 甲状腺部長 鈴木眞一氏 が、転移・甲状腺外浸潤が90%以上の深刻ながんであると報告されている。
-----------------------------------
☆全手術症例96例のうち、病後病理診断で
  甲状腺外浸潤(pEX1)  38例                38%
  リンパ節転移        72例               72%
  肺への遠隔転移      3例(2例かも)           3%
  リンパ節転移、甲状腺外浸潤、遠隔転移のないもの8例  8%

-----------------------------------

チェルノブイリと福島の甲状腺がんは
双子のようにそっくり!!


山下俊一氏 被ばくによる甲状腺がん関連リンク
チェルノブイリ原発事故後の健康問題
チェルノブイリ原発事故後の健康問題甲状腺がんに関する 2009年の山下俊一氏の発言
日本臨床内科医会会誌 第23巻第5号2009年3月目次 放射線の光と影
福島の甲状腺がん、リンパ節転移が多数!チェルノブイリでも癌の転移が指摘!山下俊一氏
IAEAチェルノブイリ原発事故による環境への影響とその修復:20年の記録(全文)
p.188 甲状腺被曝線量 ウクライナ 以下

2017.02.01 Wed l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top
福島県立医大副学長・山下俊一氏は、原発事故以前の2009年に日本臨床内科医会で
チェルノブイリ原発事故の小児甲状腺がんについて

大人と異なり、小児甲状腺がんの約4割は、
小さい段階でみつけてもすでに局所にリンパ節転移がある

と指摘している。 
超音波検診で小さい甲状腺結節が発見された時、既に転移していることが多い 
速く進行する甲状腺がんであることを発表されていた。


福島県立医大の大平氏のMediccine誌掲載論文の誤りについては
Medicine誌に掲載 被爆影響否定の大平論文は誤り に書いた。

大平論文の中で、甲状腺がんの成長が遅い性質を、福島甲状腺がんの多発が被ばく影響でない理由の1つに挙げている。
Along with the slow-growing nature of thyroid cancer, these findings suggest that the prevalence of thyroid cancer in Fukushima has been influenced by factors, such as detection rate using ultrasonography, other than the effects of low dose radiation exposure, ・・・
また福島の甲状腺がんが多発がスクリーニング効果によっては説明できず、被ばく影響を考える必要ありとのEpidemiology{津田論文」への批判として、甲状腺がんの成長が遅い事をを無視している点を挙げている。
Recently, regional differences in the prevalence of thyroid cancer in Fukushima were reported using interim results of the FHMS (through December 2014). However, this study suffered from fundamental limitations: disregard of the slow-growing nature of thyroid cancer

しかし先行検査で高性能超音波スクリーニングですべて検出されたので、潜伏期間が長ければ続く本格検査で発見されないはずの甲状腺がんが、先行検査と同程度発見されている。
68例中62例が異常なしのA1.A2判定から先行検査と本格検査の間の2年間に、2年でがんに成長したと考えられる。


通常の甲状腺がんとは異なって進行が極めて早い。

しかも適応症例について 福島県立医大附属病院 甲状腺部長 鈴木眞一氏 によると、転移・甲状腺外浸潤が90%以上の深刻ながんであると報告されている。

果たして、チェルノブイルで甲状腺がんの超音波スクリーニングを行われた山下俊一氏、
現福島県立医大副学長のチェルノブイリ甲状腺がんについての上記の発表があった。↑㊤
2009年3月、日本臨床内科医会の特別講演は、日本臨床内科医会会誌に掲載されている。

またチェルノブイリ原発事故後の健康問題 において、山下氏はチェルノブイリの甲状腺がんについて解説されている。
福島甲状腺がんはチェルノブイリと酷似 山下俊一氏発表資料からを見てください。
福島甲状腺がんと瓜二つのそっくりさん!!

山下俊一氏 被ばくによる甲状腺がん関連リンク
甲状腺がんに関する 2009年の山下俊一氏の発言
山下俊一の311前の講演内容
日本臨床内科医会会誌 第23巻第5号2009年3月目次 放射線の光と影
福島の甲状腺がん、リンパ節転移が多数!チェルノブイリでも癌の転移が指摘!山下俊一氏
チェルノブイリ原発事故後の健康問題
甲状腺がんとその他の甲状腺疾患
2017.01.29 Sun l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top