地震、原発止めず大丈夫? 川内停止要望、約5000件
2016年4月29日 朝日新聞より
私が署名した川内原発止めてくださいの署名は10万人を超えたはずです。
2016年4月30日 — 朝日新聞岐阜県版にネット配信されています
署名活動を始めて4日後には10万人が賛同し、26日までに12万2千人を超えた。21日に内閣府を訪れ、途中集計した9万8889人の署名と2万1350件のコメントを安倍晋三首相や林幹雄経済産業大臣、丸川珠代原子力防災担当大臣に宛てて提出した。東京新聞、週刊ダイアモンド、毎日新聞、TBSなどでも言及されています。

熊本県などでの地震が続くなか、九州電力川内原発(鹿児島県)は「安全性に問題ない」と運転を続けている。気象庁は今後も強い揺れに警戒するよう呼びかけているが、原子力規制委員会は運転に「お墨付き」を与える。活断層が動くことによる地震はわからないことが多い。想定外の事態が起きた時、原発は大丈夫なのか?
朝日の地図がよかった。
九州原発活断層

鹿児島県をカットして川内原発を隠した、国営NHKの震度地図と大違い!!
熊本自身地図NHK

原子力規制委員会の田中俊一委員長は「我々が納得できる科学的な根拠はない。現状はすべて想定内。今の川内原発で想定外の事故が起きるとは判断していない」と豪語する。

でも地図を見たら最大震度は益城町でM7.3.
一連の地震での最大加速度は1580ガル。
この地震が、活断層が集まる先の川内原発を襲う可能性は想定内ではありませんか? 
川内原発の想定される最大の揺れ(基準地震動)は620 ガル。

地震後、川内原発は IAEA が定める安全基準を満たせない状況。
IAEAは第5の防護層で、緊急時の避難計画を求めている。
地震で新幹線は不通になっていたし、高速道路網も寸断されている。事故が起きても、地震の最中に避難できないことが明らか。

それでも動かし続けるお墨付きを出す規制委員会。
安倍ヒットラーと田中アイヒマン。
2016.04.29 Fri l 原発再稼動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
3.11の翌日、原発ゼロ、震災復興をめざす奈良の集い・・・お祭りに参加した。
大飯原発差止め京都訴訟の原告募集で、3人が原告になってくださった。

大飯原発は関西電力最大の原発
差止め判決が出た高浜原発と同じく若狭湾の原発銀座にある。
京都脱原発訴訟原告団 真実を叫ぶ一万人原告のひとりになってください
で原告募集をしています。

”原発再稼働を進める関西電力から電気を買いません” のビラを自分で作って配った。

作ったビラはこちらです。
プリントしてお友達にも呼びかけてください。

関西電力の電気を買いません

 この4月から電力自由化となり、消費者がどの電力を使うかを決めることが出来るようになりました。
 電力を選ぶときは価格だけではなく、どのような方法で作られた電気なのかを見極めてから契約をしていきましょう。
 みんなが原発を選ばなければ、再稼働はしなくていいはずです。
 関西地区の新電力で、関西電力から電気を買わないで全電気を供給できる会社は、今のところ大阪ガスのみ。
 一人でも多く、関西電力から電気を買わないようにしましょう。

これからは電気も大阪ガス に詳しいガイドがあります。

2016.03.13 Sun l 原発再稼動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
高浜原発3・4号機、運転差し止め 大津地裁が仮処分
2016年3月9日 朝日新聞より

 1~2月に再稼働した関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)をめぐり、大津地裁の山本善彦裁判長は9日、福井に隣接する滋賀県の住民29人の訴えを認め、稼働中の原発に対しては初めて2基の運転を差し止める仮処分決定を出した。福島原発事故の原因が解明されていない中で、地震・津波への対策や避難計画に疑問が残ると指摘。安全性に関する関電の証明は不十分と判断した。

決定理由の骨子

・原発の安全性の立証責任は関電側にもあり、十分説明できない場合は判断に不合理な点があると推認される

・福島原発事故の徹底した原因究明がなく、新規制基準はただちに安全性の根拠とはならない

・過酷事故時の安全対策が十分とは証明されていない

・国主導での具体的な避難計画の策定が必要。関電も避難計画を含む安全確保策に意を払うべきだ
2016.03.09 Wed l 原発再稼動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2015年12月24日 福井地裁は4月14日に出された高浜原発再稼働を差し止め仮処分を取り消した。
しかし”高浜原発再稼働差止め仮処分” は司法のあるべき姿勢を示した画期的な判決である。よって福井地裁決定要旨全文 を掲載しておく。
「新規制基準は緩やかにすぎ、
これに適合しても本件原発の安全性は確保されていない」

2015年4月14日
高浜原発再稼働差止め仮処分福井地裁決定要旨全文を掲載します

主文

1 債務者(関西電力)は、福井県大飯郡高浜町田ノ浦1において、高浜発電所3号機及び4号機の原子炉を運転してはならない。

2 申立費用は債務者の負担とする。
2016.01.07 Thu l 原発再稼動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2015年4月14日、高浜原発再稼働を差し止め 福井地裁が仮処分が決定された。
新基準は
「深刻な災害を引き起こすおそれが万が一にもないといえるような厳格な内容」
であるべきなのに、「緩やかにすぎ、安全性は確保されない」 と結論づけ、
住民らの人格権が侵害される危険性があると認めた。

高浜原発再稼働を差し止め 福井地裁が仮処分決定
朝日新聞 2015年4月14日 より転載
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町定期検査中)の再稼働をめぐり、福井地裁の樋口英明裁判長は14日、住民らの訴えを認め、運転を禁じる仮処分決定を出した。原発再稼働の可否を決める新規制基準は「緩やかにすぎ、合理性を欠く」と指摘し、新基準を満たしても安全性は確保されないと判断。政府の原発政策に根本から見直しを迫る内容となった。

高浜原発再稼働差止め仮処分福井地裁決定要旨全文
 「新規制基準は緩やかにすぎ、これに適合しても本件原発の安全性は確保されていない」
「新基準、合理性欠く」高浜原発差し止め仮処分決定要旨 2015年4月14日朝日新聞
2016.01.07 Thu l 原発再稼動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2015年12月24日 福井地裁は4月14日に出された高浜原発再稼働を差し止め仮処分を取り消した。福島事故以前にもどった決定内容。
福井から原発を止める裁判の会 弁護団は決定文は関電のコピペそのものであると判断している。

福井地方裁判所(林潤裁判長)は
①関西電力高浜原子力発電所3・4号機(福井県高浜町)について、再稼働の差し止めを命じた同地裁の4月の仮処分決定を取り消しすとともに、
②関電大飯原発3・4号機(福井県おおい町)に対し、周辺住民らが求めていた再稼働差し止めの仮処分の申し立ても却下する決定をした。 

若狭湾は日本の原子力発電所の約四分の一が集中する〝原発銀座”
敦賀発電所に2基、美浜3基、大飯に4基、高浜に4基、もんじゅ1基、の狂気沙汰
最大50kmしか離れてていない。
若狭湾の原発
若狭湾の原発 京都民報 より

福高浜原発再稼働差止め仮処分を取消し井地裁決定要旨 によると
核燃料の損傷・溶融に結び付く危険性が社会通念上無視し得る程度にまで管理されているか否かという観点からみても,債務者において,新規制基準の内容及び規制委員会の基準適合性判断に不合理な点がないことについて主張疎明を尽くしたと認められ,本件原発の安全性に欠ける点があるとはいえない。したがって,その余の債権者らの主張(核燃料の損傷・溶融が生じた後の対応等)を判断するまでもなく,債権者らの人格権が侵害される具体的危険があると推認することはできない。
要するに、新規制基準に合格すれば、人格権が侵害される具体的危険があると推認することはできない。 ということ!!

 本件原発において絶対的安全性が想定できない以上,過酷事故が起こる可能性が全く否定されるものではないのであり,万が一過酷事故が発生した揚合に備え,避難計画等を含めた重層的な対策を講じておくことが極めて重要であることは論を待たない。

 過酷事故が起こって、避難計画に沿って住民の避難が行われ、住居、仕事、生活手段を失い、長く避難生活を続けざるを得なくなっても、故郷を失う人々が出ても、人格権が侵害される具体的危険があると推認できない。
と裁判所は判決した。これでは立法・行政から独立した司法の存在意義がない。

参考
再稼働差し止めを命じていた仮処分決定

 本件は、高浜原発3・4号機から250km圏内に居住する債権者らが、関電に対し、人格権に基づく妨害予防請求として、高浜原発の運転差止めを命じる仮処分の申立てをし、福井地裁が平成27年4月14日に上記申立てを認容する原決定をしたのに対し、関電が保全異議の申立てをし、原決定の取消しを求めていたもの。そして、今次の決定は、関電の上記異議申立てを認め、原決定を取り消し、周辺住民らの申立てをいずれも却下するもの。
2016.01.06 Wed l 原発再稼動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
原子力規制委員会がいかにでたらめかを、自ら証明した田中原子力規制委員長
火山噴火や地震が、夜も寝ずに観測したら予側できて、
「噴火前に核燃料を運び出す」ことができるという
能天気な委員長の原子力規制、こりゃ日本滅亡だ!!


福島第一4号機は廃炉に道筋 使用済み燃料取り出し完了
2014年11月5日のニュースがあるが、取り出し開始は2013年11月で1年かかった!!

「火山学会は夜も寝ずに頑張れ」田中氏が不快感
2014年11月06日読売新聞
原発の巨大噴火対応見直しを提言、日本火山学会
11月3日 NHKWEB
活火山に囲まれる川内原発 再稼働すすめる安倍政権の狂気
2014年9月30日日刊ゲンダイ
不可能な噴火予測、「噴火前に核燃料を運び出す」、火山学者「それは無理」
リンク切れになることが多いので、以下に転載する
2014.11.06 Thu l 原発再稼動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎度の安倍首相の大嘘 大規模噴火でも川内原発は安全
TV朝日2014.10.3
 安倍総理大臣は、鹿児島県の川内原発の再稼働について、桜島などが御嶽山よりはるかに大規模に噴火した場合でも、安全性は確保されていると強調しました。

 民主党・田城郁参院議員:「予知不能であったこの噴火は、自然からの警鐘として受け止めるべき。川内原発の再稼働を強引に推し進める安倍政権の姿勢を認めるわけにはいきません」
 安倍総理大臣:「桜島を含む周辺の火山で今般、御嶽山で発生したよりもはるかに大きい規模の噴火が起こることを前提に、原子炉の安全性が損なわれないことを確認するなど、再稼働に求められる安全性は確保されている」

本当かいな? と原子力規制委員会のページに行ってみた。

原子力規制委員会・新規制基準について
原子力規制委員会は、原子炉等の設計を審査するための新しい基準を作成し、その運用を開始しています。

今回の新規制基準は、東京電力福島第一原子力発電所の事故の反省や国内外からの指摘を踏まえて策定されました。

以前の基準の主な問題点としては、
地震や津波等の大規模な自然災害の対策が不十分であり、また重大事故対策が規制の対象となっていなかったため、十分な対策がなされてこなかったこと・・・・
などが挙げられていましたが、今回の新規制基準は、これらの問題点を解消して策定されました。

この新規制基準は原子力施設の設置や運転等の可否を判断するためのものです。
これを満たすことによって絶対的な安全性が確保できるわけではありません。 原子力の安全には終わりはなく、常により高いレベルのものを目指し続けていく必要があります。

なるほど「新規性基準」であって「安全」という言葉はなかった。
2014.10.05 Sun l 原発再稼動 l コメント (0) トラックバック (0) l top