STAP 全論文撤回へ 研究成果白紙に
6月4日 NHKNewsWEB より抜粋転載

 理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが、STAP細胞のすべての論文について取り下げに同意したことが分かりました。
 これで、新型万能細胞の作製に成功したという世界的に注目を集めた論文はすべて取り下げられる見通しとなり、研究成果は白紙に戻ることになりました。
新型万能細胞の作製に成功したとして世界的な注目を集めたSTAP細胞の論文は2本とも取り下げられる見通しとなり、その研究成果は白紙に戻ることになりました。
文科相「取り下げは適切」
 下村文部科学大臣は国会内で記者団に対し、「研究の不正が指摘され理化学研究所も事実だという確証を得られないなかで、論文の取り下げは適切な判断だと思う。今後は小保方さんが先頭に立って理化学研究所の中で再検証をし、再実証することで、1日も早くSTAP細胞があるということをみずから証明することを期待したい」と述べました。

関連記事
(1)「STAP論文撤回も理研は疑義の調査を」 6月4日 22時17分NHK
(2)STAP 存在に新たな疑念 6月3日 19時23分 NHK
(3)“STAP細胞”検証 小保方氏の参加を 6月3日 4時20分 NHK
(4)STAP細胞の新たな疑義「理研は調査を」 6月2日 19時32分NHK
(5)STAP論文 理研内の検証機能せず 自己点検報告書案 保秘優先、笹井氏を指弾 2014年6月5日3時0分 読売新聞

2014.06.07 Sat l STAP l コメント (0) トラックバック (0) l top
STAP 未公表の新たな疑義 5月21日 NHKWEB
STAP細胞は存在するのか、しないのか?
STAP細胞の論文について、新たな問題がNHKの取材で明らかになった。
理化学研究所内の検証チームが複数の画像やグラフに疑義があるとする調査内容の文書をまとめたものの、研究所ではこうした調査について一切、公表していなかった。

今回報道の新たな疑惑は、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの検証チームがまとめていたもの
新①★STAP細胞の最も大きな特徴の1つとされる「胎盤」になる能力の証拠として、「ES細胞」と「STAP細胞」、それぞれから作り出したマウスを比較してSTAP細胞のマウスだけ胎盤が光っていることが強調されている、論文2Figure1のaとbが、実際にはどちらも同じ種類の細胞から作り出されたマウスのものだったことが分かったという。

これはSTAP細胞の存在についての決定的誤りではないだろうか。
この実験は若山氏によってなされている。関連リンク(1)で「若山氏はSTAP細胞を使いマウスを作製し撮影した。一つの胎児に対し向きを変えたりひっくり返したりして何枚も撮影。複数の胎児で計数百枚撮ったという。」2種の細胞から作り出したマウスの写真が若山氏によって撮影され、STAP細胞からのマウスの胎盤が光ったのであれば、若山氏は論文の誤りに当然気づくはずであるが、気づかないまま論文が出ていまだ訂正がない。

新②★STAP細胞の万能性を示すため「4倍体キメラマウス」というマウスの写真が2箇所使われているが、別の場所では異なる系統のマウスを使った別の実験結果の写真として使われてる。(論文1 Figure7dと論文2の Figure1a)
これもSTAP細胞の万能性の存否のかかわる重大な過誤であると思われる。

今まで出された疑義と新たな疑義への理研の対応を見る。
我々の一番の関心はSTAP細胞はあるのか、ないのか?
しかし理研の調査は、論文不正の調査で、STAPが存否には関係のない調査であった。極言すれば、小保方氏が公開実験でSTAP現象を証明できても、論文不正(改ざんと捏造)があって処分という結果であった。

理化学研究所は、NHKの取材に対し「所内からこの情報が寄せられているのは事実だが、正式な通報ではなくあくまで情報提供なので調査をする予定はない。また個別に公表すべきものではないと認識している。ネイチャーの論文は取り下げの勧告を行っているため、新たな疑義があっても調査は行う必要はないと考えている」

理研の調査結果と新たな疑点について、STAP細胞の存否にかかわる重要度に順位をつけた。
調査委員会の調査項目を①-⑥、新たな疑惑を新①、新②と記載
クリックすると大きくなります。

SRAPchousa1

2014.05.25 Sun l STAP l コメント (2) トラックバック (0) l top
Biologist defiant over stem-cell method
Japanese author of controversial papers denies wrongdoing and stands by results as testing of her protocol begins.
David Cyranoski
15 April 2014
NATURE NEWS

Some researchers are hopeful that Niwa’s study will clear up the controversy. “Hitoshi Niwa’s reputation is stellar,” says Hans Schöler of the Max Planck Institute for Molecular Biomedicine in Münster, Germany. He suggests that
Niwa should involve Obokata, “following her step by step and letting her make all the solutions with his reagents in his presence, to see if she forgot to mention a critical step”.
2014.05.14 Wed l STAP l コメント (0) トラックバック (0) l top
STAP元調査委3人の過去論文「不正なし」 という理研発表があった。
内容を読むと、なぜ小保方氏が捏造・改ざんの不正が明らかで、調査委の3委員が不正なしなのか全く理解できない。おそらく、天下の
『理研』が不正といえば不正、不正なしといえば不正なし
なのであろう。

 語られているのは一般社会には通用しない『理研語』、でも報道される「改ざん・捏造」「不正なし」の言葉のまま世間一般には流れていく。これでは
日本最高の研究機関?が泣く。人間の言葉で語ってほしい。

2014.5.13新聞電子版の報道などから、小保方氏、元理研調査委員長石井氏、元調査委員3氏の論文予備調査結果をまとめると(クリックすると大きくなります)
STAP理研調査委員の予備調査結果
なお、調査委員会委員長を辞任した石井氏については、別論文でも疑義が指摘されており予備調査が続く。
2014.05.14 Wed l STAP l コメント (0) トラックバック (0) l top
世紀の大発見かと思われたSTAP論文への理化学研究所の対応があまりにも不可解なので、公開質問状を出しました。

独立行政法人理化学研究所
理事長 野依良治 殿
研究論文の疑義に関する調査委員会 殿

平成 26年3月31日 STAP研究論文の疑義に関する調査報告書が出され、小保方氏に捏造・改ざんがあったと認定されました。この問題につきまして質問をいたします。
1.ネイチャー論文、報告書、小保方氏反論を読みますと6つの疑問点のうち、小保方氏に研究不正があったと判定された2項目につきまして
(1-2)Figure 1i 小保方氏 改ざんに当たる研究不正は29サンプルのデータに中から、5サンプルのデータを、標準 DNA サイズマーカーの対数値が合うように調整して配列したものであり、研究目的に合ったものであると思われます。
 従って改ざん判定は誤りではありませんか。

(1-5)Figure 2d, 2eにおいて画像の取り違えがあった点はすでに理研に報告、ネイチャーに対して訂正論文を提出されたものとの小保方氏の反論がありますが、これを捏造と判定され根拠は何でしょうか。

 STAP細胞研究論文にかかる調査報告を受けて、理事長は不服申し立てを行う権利の保障など、所定の手続きを経た上で、研究不正と確認された論文一篇について取下げの勧告をするといっておられます。(1-2)及び(1-5)の判定は広く説得力のあるものでなければなりませんが、その要件を満たしているとは到底思えません。

追記 理研調査委員会委員長の石井氏の論文において、遺伝子を調べる実験結果の画像の一部を入れ替えた改ざんが指摘され、石井氏が小保方氏と同じくオリジナルなデータがあり改ざんではないと言っておられます。原論文は見ていませんので正確にはわかりませんが、(1-2)の通りいずれも改ざんではないと思われます。
ただし調査委員会の判定基準からいうと、指摘されてから気が付いたことから、石井氏論文も改ざんあるいは捏造と判定されるのではないでしょうか。

このことは「STAP研究論文の疑義に関する調査報告書」が捏造ではないかという疑念を抱かせます。

2.小保方氏とバカンティ氏を除く理研関係の共著者から論文撤回との意向が出されています。もし論文が撤回された場合どうなるのか、以下の点をお尋ねします。

a.論文が撤回されても、全世界の人々が電子版によりこの論文を読むことができます。すでに検証実験が成功しなかったとの報告も出ているということです。しかし成功した人が、多分外国で、同じやり方で、STAPと違う命名で、他の雑誌に投稿し掲載された場合、第一発見者はその人のものになるのではないでしょうか。ノーベル賞が出されるとしたら、第一発見者、小保方氏はなくなるのではありませんか。撤回論文を参照して記載する方法がないのですから。

b.特許もすでに申請済みだと拝察しますが、捏造判定をした理研にその権利は残るのでしょうか。
 これからの再生医療が病気、怪我の治療を革命的に変えていく契機となるSTAP細胞の知的財産としての権利を、理研の調査の誤りで放棄するとしたら、日本国の経済的損失、国民が再生医療を普通に受けられる権利を失うことにもつながると考えられませんか。論文撤回を勧告し、かつ特許申請継続中であれば、小保方氏を犠牲にして不正判定をし、理研の特許による利益は確保するという不正行為になりませんか。

c.非専門家としてSTAPの可能性についての判断は持ちません。しかし世界トップのネイチャー誌の長期にわたる厳しい審査を通って掲載されたことから、今後世界の多くの研究者が実証、発展させるべき大きい発見であると考えるものです。「STAP現象があるということが現在最も有力な仮説だ」と笹井氏が記者会見で述べておられますが、その有力な仮説こそ発表して、STAP研究を世界で進めることが、最先端を行く使命を持つ理研のやるべきことと考えますがいかがでしょうか。

質問状の Pdf ファイル

2014.04.27 Sun l STAP l コメント (0) トラックバック (0) l top
STAP問題、理研調査委員長が辞任へ 自身の論文データに疑義
2014.4.25産経新聞 より転載

 新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文不正問題で理化学研究所の調査委員長を務める石井俊輔・理研上席研究員らが執筆した論文に対し、インターネット上で疑義が指摘されていることが24日、分かった。石井氏は同日、産経新聞の取材に対し委員長を辞任する意向を明らかにした。

「改竄ではないが…隙を作った」

 この論文は乳がんを抑制するタンパク質に関するもので、平成20年に理研などのチームが英学術誌に発表。石井氏が責任著者の一人になっている。遺伝子を調べる実験結果の画像の一部を入れ替えた改竄(かいざん)ではないかとの指摘が出ていた。

 石井氏は取材に対し「オリジナルのデータがあり、不正な改竄ではない」と否定。その上で「疑義を指摘された以上、その部分を突かれると理研や委員会に迷惑をかける。調査委員長がこのような隙を作ってはいけない。不本意だが本日、理研に委員長の職を辞したい旨を伝えた。慰留されても意志は固い」と述べた。石井氏によると学術誌側も不正でないことは認め、訂正を承諾しているという。

<STAP問題>調査委員長の論文に疑義「画像順入れ替え」
毎日新聞社 2014年4月25日 より転載
2014.04.25 Fri l STAP l コメント (0) トラックバック (1) l top
STAP細胞論文の理研調査報告書 検証Ⅲ
調査報告書の ③(1-3)Methods の核型解析に関する記載に関する部分で次の報告があった。

小保方氏は、本文及び Methods において、それぞれ、40 ヶ所と 1 ヶ所にわたり引用論文の出典を明らかにしており、引用されていない箇所は、本件調査対象の 1 ヶ所のみである。

引用を明らかにしない1ヶ所について検証Ⅱで以下を明らかにした。
③(1-3)Methods の核型解析に関する記載部分が他の論文からの盗用であるとの疑い。について、共著者若山氏が主に担当した実験の部分である。共著者若山氏は、自分の担当の核型解析の実験を行わず、論文の実験方法を自らか書くことはなく、小保方氏が正確にはわからない状態で下書きした実験法の論文原稿をチェックせず、論文の電子版が発行され、論文の疑義についての調査委員会に、論文の実験方法が一部間違っていることを申し出たことから、若山氏は論文の担当部分について、殆ど他人任せであったのではないかと疑われる。重大な研究不正ではないかとの疑問を提示した。

STAP論文について、小保方氏のコピペは一切ないことが明らかになっているので、論文に関する学会や世間の、無責任なコピペ議論は終息してもらいたい。

関連リンク
理研STAP細胞論文の疑義についての調査報告 検証Ⅰ
STAP細胞論文の理研調査報告書 検証Ⅱ 若山氏の責任重大
STAP論文の理研調査 検証Ⅲ コピペは若山氏実験担当部分のみ
STAP論文についての 理研への公開質問状
小保方・石井・山中氏を比較 研究不正の定義 
STAP報道について新聞に要望
東京医科歯科大「研究不正なし」 理研調査委員の論文
STAP問題は理研問題 不正判定こそ不正

理研調査報告書
理研、最終報告書の小保方氏提出の画像をこっそり削除 公式説明なき修正に疑問や不信感
小保方晴子さん会見後も残る謎 3分でわかる経緯まとめ The Huffington Post 2014年04月10日
STAP事件簿後日譚 論文の不備を誰がわかったのか?
2014.04.22 Tue l STAP l コメント (0) トラックバック (0) l top
「STAP細胞は小保方晴子氏が捏造した」と理研が認定したとの報道が日本中を駆け巡る。1月あまりの調査で不正と結論した理研
STAP細胞発見のニュースを捏造問題にしてしまった理研とマスコミ
果たして理研の調査には真実があるのか検証する。

STAP細胞:理研「小保方さんが捏造と判断」
毎日新聞2014年04月01日
小保方氏の捏造・改ざん認定 STAP細胞論文で理研
朝日新聞 2014年4月1日
以下の検証は 調査委員会 報告 2014年4月4日修正版 による。
調査されたのは6点、①-⑥のうち②と⑤で小保方氏の研究不正と判定されている。
(1)Obokata et al., Nature 505:641-647(2014) 論文(以下「論文1」という)
 ①(1-1)不正なし
 ②(1-2)小保方氏 改ざんに当たる研究不正
 ③(1-3)研究不正なし
 ④(1-4)研究不正なし
 ⑤(1-5)Figure 2d, 2eにおいて画像の取り違えがあった点。
   小保方氏 捏造に当たる研究不正があった
(2)Obokata et al., Nature 505:676-680(2014) 論文(以下「論文2」という)
 ⑥(2-1)研究不正なし

改ざんに当たる研究不正と判定された②を検証する。
(1-2)Figure 1iの電気泳動像においてレーン 3が挿入されているように見える点。
STAP1

Figure 1iの図は 2つのパルスフィールド電気泳動ゲルを撮影した2枚の写真に由来する。
合計29のサンプルの電気泳動が2つに分けて行われた。
サンプル1から14をゲル 1 、サンプル 15 から 29 をゲル 2
小保方氏は有用な情報として、ゲル1の左から1, 2, 4, 5番目のサンプルとゲル2 の1番目のサンプルを選び論文に表示した。
29のサンプルの電気泳動像は独立の画像である。それらを比較する際には、標準 DNA サイズマーカーの対数値が合っていることが必要。

ゲル1とゲル2な写真は独立に撮られ、拡大率と傾きが異なっていたので、泳動距離が良好な直線性を保っていることを目視で確認した上で、ゲル2の写真を2度回転、ゲル2の高さを80%に縮小して比較可能な写真にした。
ゲル1のサンプル1,2,4,5については同じ写真に撮られているので、調整の必要なし。
EScells,Fibroblasts,Lymphocytes,Sorted Oct4-GFP1,Sorted Oct4-GFP2の順に配列した。
本来独立の意味を持ち、29サンプルのデータに中から、5サンプルのデータを見やすく表示することは研究目的にあったものである。
「改ざんに当たる研究不正」と判断した理研の研究論文の疑義に関する調査委員会の調査は誤っている。この誤った理研の判断「不注意の誤り」なのか、「故意の捏造」なのか、多くの人たちの検証が必要。

2014.04.16 Wed l STAP l コメント (0) トラックバック (0) l top