凍土壁で汚染水をストップする計画は、凍土すだれにしかならず、完全失敗に終わった。2013年から、政府の責任として345億円を使ってやった挙句!! 
結果、原発から出てくる汚染水が、太平洋に無制限に、永遠に、垂れ流され、地球規模の放射能汚染が進む。
原発の港湾内0.3km に完全にブロックされているとプレゼンした安倍首相の責任。
民主党政権馬淵首相補佐官の対応、的確で、2011年時点でこの通りやっていたら、汚染水を太平洋に無制限たれ流しという人類に対する犯罪にならなかったかもしれない。最近安倍政権の下でこのような議論は全くされない。隠ぺいとごまかしと嘘ばかり。
このドラマ以前の経過をじっくり見てください。東電の都合で粘土式壁は葬り去られた。1000億は高すぎるとケチったため。

福島原発凍土壁ラプソディー3 文字起こし
2016/08/21 に公開
東電福島原発 汚染水対策完全破綻 原子力規制委員会 2013/4月~2016/7月

2013.3月 地下貯水槽汚染水漏れ問題になっていた
原子力規制委員会が遮水壁の検討を始めた途端、経産省が汚染水処理対策委員会なるものをでっち上げ、
規制委を蚊帳の外に蹴りだしたにはなぜか?
専門家が凍土壁を選ぶことは絶対ないからだ。
馬淵元原発事故担当首相補佐官 三井建設出身
 3・11以後凍土壁は却下されていた
2016.08.22 Mon l 福島原発汚染水 l コメント (0) トラックバック (0) l top