FC2ブログ
米、自然エネ革命進行中 自然エネルギー財団・石田雅也氏に聞く
2018年11月6日朝日新聞夕刊 より転載
コスト減で太陽光25倍・風力倍増

 米国で風力発電と太陽光発電が大きくシェアを伸ばしている。公益財団法人・自然エネルギー財団(東京)で、同僚のロマン・ジスラー氏とともに米電力市場の動向を報告書にまとめた石田雅也氏に聞いた。

米エネルギー

 ■風力・太陽光、コスト低下で拡大

 ――米国ではどんな変化が起きているのですか。

 「米国のエネルギーといえば『シェールガス革命』が記憶に新しいのですが、
2010年ごろから始まった風力発電と太陽光発電の急拡大は、次の『革命』
と言っていいぐらいです。トランプ政権になって石炭火力や原子力発電に戻るのでは、という見方が日本にはありますが、実際にはそうはなっていません」

 ――報告書によると、風力発電設備(17年、累計)は8908万キロワットで10年から倍増、太陽光発電(同)は5104万キロワットで25倍になりました。なぜでしょう。

 「コストの低下です。風力発電機の1キロワットあたり価格は08年の約1600ドルから16年には800~1100ドルに下がりました。量産と大型化で発電量が増え、相対的にコストが下がったのです。
太陽光発電システムのコストも、中国製パネルの普及などで10年から17年にかけ4分の1以下になりました」


 ――政府のエネルギー基本計画は、30年の電源構成を原子力発電20~22%、石炭火力26%、自然エネルギー22~24%としています。

 「世界の流れから立ち遅れています。自然エネルギーの価格が高く、量も少ない状況が続くと、海外の企業は事業拠点を日本から移すおそれがあります。日本の産業界には、危機感を持って『自然エネルギーをもっと増やして』という声を上げてほしいと思います」
2018.11.06 Tue l 再生可能エネルギー l コメント (0) トラックバック (0) l top
九州電力が電力が余りすぎたという理由で、送電線を切り離して発電量を抑えた。
原発4基を再稼働して、再選可能エネルギーを切る、国民の命を無視して税金食いの原発で儲ける
電力会社は国民の敵、原発をベースロード電源として再稼働を進める安倍政権は国民の敵。

余る電力、再生エネ岐路 太陽光発電、九電が抑制 「主力」の原発を優先
2018年10月14日 朝日新聞

 再生可能エネルギーの主力の一つの太陽光発電が、九州では13日にあふれそうになった。大停電回避のために、発電事業者とつながる送電線を九州電力が一部切り離して発電量を抑えた。離島を除き国内初で、14日も行う予定。
原発4基の再稼働も背景にある。

出力の小さな一般家庭を除く、約2万4千件の事業者のうちの9759件を遠隔操作で送電網から切り離した。

九電太陽光停止

この図を見ると。太陽光発電量はずいぶん増えている。原発なくてもやっていけることは実証済みだけれど、風力、小型水力発電、バイオマス、地熱発電など、再生可能エネルギーで十分やっていけることが読み取れる。
直ちに原発を止めるべき。


 作業は午後4時までの間に行われた。午後0時半からの30分間に最も電力が余り、需要の851万キロワットに対し、1200万キロワット超の供給力があった。九電によると3分の1が原発という。九電は火力の出力を絞ったり、公的機関の調整で別の大手電力管内へ送電をしたりした。それでも電力が余り、この日は最大で43万キロワットを抑制した。
一方、原発4基は通常運転を続けた。 

「原発は動かすのに、再生エネを抑えるのは順序が逆だ」。約40カ所の太陽光発電所を運営する芝浦グループホールディングス(北九州市)の新地洋和社長は話す。「抑制回数が見通せず、事業計画が立てづらい」という事業者もいる。

 九電は2011年の東京電力福島第一原発事故後、再稼働を目指した全原発がこの夏までに運転を始めた。
国のルールでは原発の発電を優先する。出力調整が難しいことなどが理由。世耕弘成経済産業相は「原発はベースロード電源の一つ」と強調する。

福島原発事故の緊急事態宣言は出されたまま、増え続ける汚染水を海に捨てるという地球への犯罪を犯そうとする安倍政権。
採算が採れず多くの国が再生可能エネルギーへ方針転換しているのに、原発にしがみつくのは、莫大な税金のおこぼれがたっぷり自民党に行く利権構造から。
 by natureflow
2018.10.15 Mon l 再生可能エネルギー l コメント (0) トラックバック (0) l top
新電力が北電、関電で18%、東電15%‼️
料金が安いから新電力に‼️
節電も進んでいる、原発再稼働が入る余地なし‼️ クリックすると拡大されます。

北電新電力18%

2018.01.30 Tue l 再生可能エネルギー l コメント (0) トラックバック (0) l top
奈良県初の自治体新電力
「いこま市民パワー」が電力供給を開始 ~学校・庁舎など 53 の公共施設からスタート~ 2017.11.30
2017年 7 月に設立した地域エネルギー会社『いこま市民パワー株式会社』が、12 月 1 日から市内 53の公共施設に電力の供給を開始した。これらの施設の電気代の合計負担額はこれまで通り。
その他の公共施設や、市内の民間施設に対しては、早期の供給開始を目指す。また、一般家庭への電力供給については平成 31 年度をめどに開始する予定。

同社に参画し、市民の出資で太陽光発電に取り組む一般社団法人の4か所目となる市民共同発電所が完成し、5日に通電子化があった。ここで発電した電気は「いこま市民ぱわー」が買い取る。

いこま市民パワー
2017.12.1 朝日新聞
2017.12.07 Thu l 再生可能エネルギー l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本は史上最大の福島原発事故を起こし、いまだ収束できず、
放射性物質を日本列島に、太平洋に流出させ、地球を汚染し続ける。
安倍政権は原発に固執、再稼動と新規原発も計画する始末。

再生エネ利用「中国が最大」 BPグループチーフエコノミスト
2017/7/20 日本経済新聞
 英メジャー(国際石油資本)、BPのスペンサー・デール・グループチーフエコノミストは「中国は2016年に米国を抜いて世界最大の再生可能エネルギー消費国になった」と述べた。一方で中国の最大のエネルギー源である石炭は3年連続で減少した。中国は世界最大の1次エネルギー消費国。その消費構造の変化は世界のエネルギー取引にも影響しそうだ。

世界の再生可能エネルギー:本気を出した中国、風力に次いで太陽光でも飛躍 
以下転載
中国は再生可能エネルギー大国だ。世界一といってもよいだろう。特に、太陽電池や風力発電を語る際に欠かすことのできない国である。
 中国は世界最大の太陽電池製造拠点に成長した。
図1 太陽電池の導入量と生産量 2006年から2010年の世界市場における各地域(国)のシェア(%)を示した。年ごとに、左側の棒グラフが導入量、右側が生産量を示す。中国(台湾を含む)は薄紫色で示されており、2006年から生産量が急速に伸びていることが分かる。一方、導入量はわずかな伸びにすぎない。なお、グラフ中、黄色の部分は4地域以外を示す。
出典:European Photovoltaic Industry Association(EPIA)が2011年5月
"Global Market Outlook for Photovoltaics until 2015"

再生可能エネルギー中国


太陽電池セルの年間生産量は、2008年以降、国別世界シェア1位を維持している。世界トップ10の企業リストには、中国企業であるSuntech Power(1位)やJA Solar(2位)、Yingli Green Energy(4位)、Trina Solar(5位)などが顔を見せている。これらの企業はいずれも2010年に1GW以上の太陽電池セルを出荷している。2010年には中国の太陽電池生産能力が8GWを超え、全世界の生産能力の5割以上を占めるほどだ。
2017.07.24 Mon l 再生可能エネルギー l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本は史上最大の福島原発事故を起こし、いまだ収束できず、
地球を汚染し続ける。
安倍政権は原発に固執、再稼動と新規原発も計画する始末。
原発は過去のエネルギーを”東芝の破産状態”が示しているにも関わらず。
大日本帝国を取戻す 安倍政権は過去に向かっているようだ。

エネルギー市場の行方は 再生エネ 流れ止まらず
イベルドローラCEO イグナシオ・S・ガラン氏 2017/7/24付日本経済新聞

 エネルギーを巡る国際政治のせめぎ合いが激しくなっている。米国は温暖化の枠組み「パリ協定」を脱退する方針。中東では産油国のカタールやイランから目が離せない。世界のエネルギー市場はどこへ向かうのか。欧州、北米、南米などに展開する多国籍電力大手イベルドローラのイグナシオ・S・ガラン最高経営責任者(CEO)に聞いた。
脱原発の実現を
☆発電所の新設 石炭より明らかに再生エネ
☆原子力は過渡期のエネルギーだが”安い”は誤り
 スペインで7基の原発運営に関わる、放射性廃棄物の管理・処分にコストがかかる
 規制が厳しくなり、安全のための多額投資が必要
☆脱原発で高度専門技術が失われる
 原発従業員の訓練に膨大な資金が必要、問題は利益が出ないこと
☆段階的原発廃止をスペイン政府に提案、ゆっくり脱原発を実現させるべき
2017.07.24 Mon l 再生可能エネルギー l コメント (0) トラックバック (0) l top