日本は史上最大の福島原発事故を起こし、いまだ収束できず、
放射性物質を日本列島に、太平洋に流出させ、地球を汚染し続ける。
安倍政権は原発に固執、再稼動と新規原発も計画する始末。

再生エネ利用「中国が最大」 BPグループチーフエコノミスト
2017/7/20 日本経済新聞
 英メジャー(国際石油資本)、BPのスペンサー・デール・グループチーフエコノミストは「中国は2016年に米国を抜いて世界最大の再生可能エネルギー消費国になった」と述べた。一方で中国の最大のエネルギー源である石炭は3年連続で減少した。中国は世界最大の1次エネルギー消費国。その消費構造の変化は世界のエネルギー取引にも影響しそうだ。

世界の再生可能エネルギー:本気を出した中国、風力に次いで太陽光でも飛躍 
以下転載
中国は再生可能エネルギー大国だ。世界一といってもよいだろう。特に、太陽電池や風力発電を語る際に欠かすことのできない国である。
 中国は世界最大の太陽電池製造拠点に成長した。
図1 太陽電池の導入量と生産量 2006年から2010年の世界市場における各地域(国)のシェア(%)を示した。年ごとに、左側の棒グラフが導入量、右側が生産量を示す。中国(台湾を含む)は薄紫色で示されており、2006年から生産量が急速に伸びていることが分かる。一方、導入量はわずかな伸びにすぎない。なお、グラフ中、黄色の部分は4地域以外を示す。
出典:European Photovoltaic Industry Association(EPIA)が2011年5月
"Global Market Outlook for Photovoltaics until 2015"

再生可能エネルギー中国


太陽電池セルの年間生産量は、2008年以降、国別世界シェア1位を維持している。世界トップ10の企業リストには、中国企業であるSuntech Power(1位)やJA Solar(2位)、Yingli Green Energy(4位)、Trina Solar(5位)などが顔を見せている。これらの企業はいずれも2010年に1GW以上の太陽電池セルを出荷している。2010年には中国の太陽電池生産能力が8GWを超え、全世界の生産能力の5割以上を占めるほどだ。
2017.07.24 Mon l 再生可能エネルギー l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本は史上最大の福島原発事故を起こし、いまだ収束できず、
地球を汚染し続ける。
安倍政権は原発に固執、再稼動と新規原発も計画する始末。
原発は過去のエネルギーを”東芝の破産状態”が示しているにも関わらず。
大日本帝国を取戻す 安倍政権は過去に向かっているようだ。

エネルギー市場の行方は 再生エネ 流れ止まらず
イベルドローラCEO イグナシオ・S・ガラン氏 2017/7/24付日本経済新聞

 エネルギーを巡る国際政治のせめぎ合いが激しくなっている。米国は温暖化の枠組み「パリ協定」を脱退する方針。中東では産油国のカタールやイランから目が離せない。世界のエネルギー市場はどこへ向かうのか。欧州、北米、南米などに展開する多国籍電力大手イベルドローラのイグナシオ・S・ガラン最高経営責任者(CEO)に聞いた。
脱原発の実現を
☆発電所の新設 石炭より明らかに再生エネ
☆原子力は過渡期のエネルギーだが”安い”は誤り
 スペインで7基の原発運営に関わる、放射性廃棄物の管理・処分にコストがかかる
 規制が厳しくなり、安全のための多額投資が必要
☆脱原発で高度専門技術が失われる
 原発従業員の訓練に膨大な資金が必要、問題は利益が出ないこと
☆段階的原発廃止をスペイン政府に提案、ゆっくり脱原発を実現させるべき
2017.07.24 Mon l 再生可能エネルギー l コメント (0) トラックバック (0) l top