入口紀男氏にFBを通じて教えていただいたことを転載させていただく。
この資料から今後考えを進めたい。
福島第一原発では、2011年3月11日の事故(電源喪失)までに共用プールという建屋に使用済み燃6,377体を水中に沈めて10万年間冷却中でした。 
 それとは別に1号機建屋の3階プールに使用済み燃料392体、2号機建屋の3階プールに使用済み燃料615体、3号機建屋の3階プールに使用済み燃料566体、4号機建屋の3階プールには使用済み燃料1331体と未使用燃料204体が水中にそれぞれ沈められていました。
 また、1号機は400体が使用中、2号機は548体が使用中、3号機も548体が使用中でしたが、電源喪失によって炉心貫通(メルトスルー)し、1号機の使用中燃料は77トンのデブリに、2号機の使用中燃料は102トンのデブリに、3号機の使用中燃料も102トンのデブリになりました。
 以上のうち4号機建屋の3階プールの1,535体は2014年12月22日までに共用プールと6号機建屋の3階プールに移送されました。
 さて、広島原爆はウラン235の0.8キログラムが広島上空で爆発して広島の街を壊滅させました。
 未使用核燃料はウラン235の濃度が4パーセントです(3~5パーセント)。なので、1トンの未使用核燃料には40キログラムのウラン235が含まれていますから、これが使用済みになると、広島原爆の50倍の放射性物質になりますね。
 原子炉では、使用済みになった核燃料は順に未使用核燃料と入れ替えて運転しますので、311の事故で溶け落ちたデブリは半分が未使用核燃のまま溶け落ちたものであるとすると、デブリは1トンあたり広島原爆の25倍の放射性物質にすでになっており、これから再臨界事故が起きると核分裂反応で広島原爆の25倍の放射性物質を新たに生み出す能力があります。
 環境に放出されたのは1号機から広島原爆7発分、2号機から広島原爆153発分、3号機から広島原爆8発分の合計168発分でした(日本政府が2011年8月26日にIAEAに報告した値)。イギリスの科学雑誌「ネイチャー」には広島原爆の384発分であったと記載されています。
 以上で、核燃料1体とはウラン235で何キログラムになるか、福島の敷地内に広島原爆の何発分の放射性物質が存在しているか、環境に出たのはその何パーセントであったかなどが計算できるでしょう。
 日本には広島原爆100万発分の放射性物質をもつ使用済み核燃料があります。そのうち30万発分は六ヶ所村にあります。商用原発を含めて、すべて、ちょっとした工作活動(テロ)や空爆、ミサイルによる攻撃に対して全くの無防備です。
2017.08.05 Sat l 使用済み核燃料 l コメント (0) トラックバック (0) l top
フィンランドの放射性廃棄物最終処分場「オンカロ」

【6月16日 AFP】フィンランドで、高レベル放射性廃棄物を半永久的に地中に埋める最終処分場の建設が進められている。

 世界で最も費用がかかり、使用期間も最長のこの処分場は、フィンランド西岸のオルキルオト(Olkiluoto)島に建設される。複数のトンネルで構成するこの施設の名前は「オンカロ(Onkalo)」。フィンランド語で、洞窟という意味だ。

 初期の原発が建設された1950年代から、各国は長年にわたって放射性廃棄物の処理に取り組んできた。ほとんどの国は廃棄物を地上の一時的な保管施設に貯蔵しているが、オンカロは永久に廃棄物を埋める、初の最終処分場だ。

 フィンランドは2020年から、5500トンの廃棄物を地下420メートル超に埋める方針だ。

 オルキルオトには、既に2基の原発がある。最終処分場の費用は、2120年代までに最大35億ユーロ(約4200億円)かかる見通しとなっている。

 昨年、オンカロ建設の承認を得たポシバ(Posiva)社のイスモ・アールトネン(Ismo Aaltonen)氏は、「この計画には、あらゆる新たなノウハウが求められた」と説明した。

 現時点で完成しているのは、曲がりくねった全長5キロのトンネルと、作業員の移動や換気などに使われる3つの立て坑。最終的には、全長42キロになる計画だ。

 内部は低温に保たれ、岩盤は極度に乾燥している。廃棄物を水分による腐食から保護するために、重要な条件だ。

■「安全性の問題」

 鉄の鋳造物で囲った使用済み核燃料棒を、分厚い銅の容器の中に封印した上で、トンネルに運び込む。この容器を、周囲の岩盤の揺れや、浸水を防ぐ働きをするベントナイト(bentonite)と呼ばれる粘土で覆う。最終的には、さらに多量のベントナイトや粘土の塊を使い、トンネルを埋める。

 この手法は、同様の計画が進んでいるスウェーデンで考案された。ポシバは、安全な技術だと主張するが、環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)などの原発反対派は、放射能漏れの可能性に懸念を示している。
2017.07.19 Wed l 使用済み核燃料 l コメント (0) トラックバック (0) l top
核ごみ処分場 候補白紙、玄海は不適 政府調査
毎日新聞2017年7月15日

高レベル放射性廃棄物
 原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムなどを取り出した後に残る廃棄物。日本ではガラスと混ぜて固めた「ガラス固化体」にして地中施設に埋める。放射能が安全なレベルに下がるまでに約10万年かかる。世界で最終処分場が決まっているのはフィンランドとスウェーデンのみ。
世界で最も費用がかかり、使用期間も最長のこのオンカロ処分場は、フィンランド西岸のオルキルオト(Olkiluoto)島に建設される。複数のトンネルで構成するこの施設の名前は「オンカロ(Onkalo)」。フィンランド語で、洞窟という意味だ。放射性物質を環境絶対出さないという方針で、地下420mに保管する。

ところが日本政府は・・・・・・・・転載はじめ
 原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定で、地質学的な適否を推定するために政府が策定中の「科学的特性マップ」の概要が明らかになった。国土の7割以上が適地とされた一方、町長が処分場受け入れに前向きな姿勢を示した佐賀県玄海町は、地下に石炭が豊富で将来採掘の可能性が否定できないため「好ましくない」とされた。東京湾沿岸から千葉県中央部一帯も天然ガス田があるため適地から外れた。

経済価値のあるものが埋蔵されているから不適
何も埋葬されていない場所は、放射性廃棄物処分場に適する という判断!!

環境に放射性物質が漏れ出さない安定した地盤という観点はない!!
日本は早晩、世界の放射性廃棄物最終処分場になる。
何しろ史上最大の福島原発事故で、世界標準100ベクレル/kgの80倍、
8000ベクレル/kgの放射能汚染物質を再利用したり、一般ごみ出してたりできる
世界一の放射能汚染大国なのだから。
 by natureflow

 玄海町の岸本英雄町長は昨年4月の毎日新聞の取材に、同町が適地とされた場合は「町民説明会を開き、国と協議したい」と受け入れに前向きな姿勢を示した。しかし、町のほぼ全域が石炭埋蔵地とされ、適地から外れた。
高レベル放射性廃棄物処分場

2017.07.19 Wed l 使用済み核燃料 l コメント (0) トラックバック (0) l top
核ゴミは日本へ送れ
- 日本が放射性廃棄物最終処分場になる -


仏ヴェオリア、日本で低レベル放射性廃棄物処理
日本経済新聞 2016/4/16
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM15H7E_V10C16A4MM8000/
転載開始
【パリ=竹内康雄】水処理世界最大手、仏ヴェオリアのアントワーヌ・フレロ最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞記者と会い、放射線量が低いごみの処理事業を日本で始める計画を明らかにした。多くの原子力発電所が廃炉になるため需要は旺盛だと判断した。
------転載終了

なぜ日本で?
★環境省は、3月30日、東京電力福島第1原発事故後の除染で出た汚染土に関し、
8000ベクレル/kg以下の汚染土を、全国の公共事業で利用できる針を決定

★環境省は4月28日、福島原発事故で発生した指定廃棄物に関し、放射性セシウム濃度が
8000ベクレル/kg 以下で指定を解除し一般ごみと同様の処分を認める 新ルールを決定

放射性物質については、封じ込め、拡散させないことが原則
原発事故前は、IAEAの基準に基づき、放射性セシウム濃度が
100ベクレル/kg を越える場合は、特別な管理下に封じ込めてきた。
日本に暮らす人々は、原発事故後は、以前の80倍の放射性物質による汚染の中にいる。

日本では8000ベクレル/kg 以下の放射性廃棄物を、公共事業で再利用できる。
一般ごみとして捨てられる。
日本に運ぶだけで、処理しなくても、放射性廃棄物が再利用できる。
そんな国は福島原発事故を起こした日本だけ。

核ゴミは全部日本へ送れ - 日本が放射性廃棄物最終処分場になる-
他国から見ると 8000ベクレル/kg 以下の放射性廃棄物の処理費用=タダ同然!
はるばるヨーロッパから船で運んで捨てても安過ぎるわけです。

日本は、福島原発事故の汚染を全国に拡散するだけではなく
世界の原発廃炉の放射性廃棄物の、最終処分場になるのでしょうか?

仏日本で低レベル廃棄物処理
--------以下転載
・フレロ最高経営責任者 曰く
 ヴェオリアによると、廃棄物処理も含めた世界の廃炉市場は2030年までに2000億ドル(約22兆円)規模になるという。フレロ氏は市場の過半を占める
日米英仏の4カ国を重要市場
 とし、低レベル放射性廃棄物の処理を中心に20年までに4億ドルの売上高をめざす意向を示した。

先進国では古い原発が寿命を迎え、多くの閉鎖・廃炉が見込まれる。
原発の解体では使用済み核燃料から出る「高レベル放射性廃棄物」に加え、
コンクリートや関連機器などの放射能レベルの低いこみも出る。廃炉で出てくる
低レベル放射性廃棄物は重量で全体の9割を超える。
仏ヴェオリアはこのごみ処理を 日本で始める
 ----- 転載終了

日米英仏の4カ国を重要市場として、
低レベル放射性廃棄物の処理(=再利用)を日本で始める

ということは
福島原発事故ですでに全国レベルで汚染された極東の日本が
世界の放射性廃棄物の最終処分場になる危機にあるということ

最強のアメリカも当然参入し、TPPで日本は拒否できない事態に~~
大事なことを報道しない報道の自由世界72位の日本
原発事故を5年経っても収束できず、永遠に汚染水を太平洋に流し続ける
原発破たん国家日本は、原発再稼働にひた走る。

でも世界は日本を冷静に見ており、汚染列島日本の利用法、
世界で行き場のない放射性廃棄物の最終処分場を、日本に見出したとは!!
ビジネスは既に始まっている。

福島除染土拡散で進む ”一億総被曝政策” も見てください
2016.05.04 Wed l 使用済み核燃料 l コメント (0) トラックバック (0) l top

福井県は原発設置県としての合意の条件として、中間貯蔵施設を県外にと求めたという。原発事故が起これば、被害は滋賀県・京都府はもとより、琵琶湖汚染によって近畿の飲み水が飲めなくなる。近畿地方全体が深刻な影響を受けるにもかかわらず、地元合意を得ないで再稼動に進められるのは、鹿児島県の川内原発で実施済み。福井県は勝手に再稼動合意して、他府県への起こりうる被害に知らん振り。事故の場合は、福井県は加害県になりうることを考えてほしい。
 こうなれば、中間貯蔵施設決定後に再稼動すべき。どの府県もお断りだと思うけれど。。。
by natureflow


中間貯蔵施設「福井県外で」 関電、5年後めどに決定
2015年11月21日 より転載
--------
 関西電力は20日、福井県内で運転する原発の使用済み核燃料の中間貯蔵施設について、2020年ごろに福井県外で建設場所を決めるとの計画を発表した。30年ごろの操業をめざす。西川一誠知事から原発再稼働の際の条件として求められていたが、具体的な場所のめどはないという。

 関電は福井県の高浜原発3、4号機の再稼働をめざしている。西川知事は地元同意の条件として、中間貯蔵施設を福井県外につくる時期や道筋の目標を示すよう、関電に求めていた。
2015.12.01 Tue l 使用済み核燃料 l コメント (0) トラックバック (0) l top
使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出しまた燃料とする再処理計画について
中止をという意見がいくつか・・・ 記録しておく

首相に再処理計画中止要請 パグウォッシュ会議参加の有志
2015年11月7日 朝日新聞朝刊
 核兵器と戦争の廃絶を目指す科学者らによるパグウォッシュ会議に参加した有志31人が6日、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場の運転計画の中止を求める安倍晋三首相宛ての文書を政府に提出した。核兵器に転用可能なプルトニウムを日本が約48トン保有する現状を「核不拡散の努力にとって障害となる」と指摘した。

「再処理計画断念を」 シンポで米専門家が訴え
2015年11月7日 朝日新聞夕刊
 原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出す「核燃料サイクル政策」について、安全保障と経済性の視点から考えるシンポジウム「原発と核」が6日夜、東京都内で開かれた。米ホワイトハウスなどで核政策に携わってきた専門家4人が、青森県六ケ所村で日本原燃が建設中の使用済み核燃料再処理工場を稼働させないよう訴えた。

 米国の核兵器開発に関わったローレンス・リバモア国立研究所のブルース・グッドウィン氏は「あらゆるプルトニウムは核爆発装置に直接使える」と述べた。

 米シンクタンク「核不拡散政策教育センター」代表で、元国防総省不拡散政策担当のヘンリー・ソコルスキー氏は、国内に10・8トンのプルトニウムを保有している日本について言及。
再処理工場稼働によって毎年最大8トン(長崎型原爆1千発分以上)を新たに生産していけば、「中国や韓国など近隣諸国が懸念を深め、東アジアの安全保障を悪化させる」
と指摘した。
2015.11.08 Sun l 使用済み核燃料 l コメント (0) トラックバック (0) l top
六ケ所稼働、米が懸念 「消費予定なくプルトニウム増加」 高官が昨春
2014年4月13日 より転載
 原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す青森県六ケ所村の再処理工場の稼働について、米国が「懸念」を日本に伝えてきている。原発が動いていない現状では核兵器に転用できるプルトニウムが増えるばかりで、オバマ政権が力を入れる核不拡散に逆行するからだ。

 10月の完成を目指す六ケ所再処理工場は、年800トンの使用済み核燃料を再処理し、8トンのプルトニウムを取り出す能力がある。これを原発で燃料として消費する予定だが、現在、そのめどが立っていない。これとは別に、日本がすでに保有しているプルトニウムは44トンあり、数千発の核兵器に相当する。

同じ計算で行くと年間千発の原爆に相当するプルトニウムを作り続けることになる。
北朝鮮に文句を言う資格がない!!
by natureflow
 
2014.04.13 Sun l 使用済み核燃料 l コメント (0) トラックバック (0) l top
原発のごみ、使用済み核燃料を保管する処分場がないことは前からわかっている。日本列島は世界の地震が集中する地震列島、その中の54基の原発があって、使用済み核燃料はたまり続けている。原発事故収束せず、多くの人たちが放射能汚染からの避難生活をしている中で、再稼動するという政府の方針。今後どんどんため続けていったいどうするつもり?原発という麻薬に蝕まれ尽くした日本列島、どんな禁断症状をも覚悟して脱原発に取り組む必要がある。

原発ごみ、行き場なし 使用済み核燃料、満杯状態
朝日新聞 2013年11月18日より転載

 処分場が決まっていないのは「廃炉のごみ」だけではない。国内では、原発で使い終えた核燃料から生まれる「核のごみ」を埋める最終処分場もない。原発の出口を整えないまま、安倍政権は「原発の活用」をうたい、原子力規制委員会が認めた原発を再び動かそうとしている。

  「原発ゼロ」を訴える小泉純一郎元首相は12日の記者会見で、こう持論を語った。「(原発を)再稼働させると言っても、(核のごみの)最終処分場が見つからない」

関連リンク
使用済み核燃料満杯の日本列島
2013.12.03 Tue l 使用済み核燃料 l コメント (0) トラックバック (0) l top