自然エネルギー促進法案の成立を求める 民主党国会議員へのメール

3・11以来、大震災・原発事故の大きな危機の中で、一致して復興に取り組むべき政治のあまりの惨状、一市民として何かせねばという思いで、国会議員にネットで意見を送ることにした。

民主党の国会議員各位
自然エネルギー促進法案を全力で成立させてください。原発事故以後の国際公約です。 自然エネルギーを増やしていくためには、自然エネルギーを応援する仕組みがどうしても必要です。
安価であるといわれていた原子力は、今回の事故の補償を東電が今までの利益を吐き出しても 到底払いきれなく、結局国民の税金と電力料金の値上げで、不十分な補償に充てることになるでしょう。

次世代のために、悲惨な原発事故の教訓を生かさねばなりません。 直ちに原発を止める、あるいは安全性を高めて継続しつつ徐々に脱原発を進める、いずれにしてもエネルギー源に多くの選択肢を用意していく必要があります。

以下は”管首相の原発対応での功績”についての私見です。 菅首相の原発事故の初期対応について与野党から批判され、世論調査でも不満が多いですが、 経過を報道でたどって冷静に見ると、管首相の対応があって、日本国土と国民がより深刻な 放射能被害から守られたと考えます。
理由は以下の4点です。
 
1.事故初期において事故の及びうる規模と悲惨を理解していたこと  
2.原子炉爆発を避けるためのベント指示を東電に早い時期に出したこと  
3.原子炉への海水注入の指示を出したこと  
4.東電の放射能危険による社員撤退にストップをかけたこと

2.は本来、原子炉を運転し知悉する東電が自発的にすべきこと、 それを首相指示が出てもなお実施を遅らせた東電が、今日の深刻な事態を 招いたと考えられ、その責任は計り知れない。

3.に関しては、谷垣自民党総裁が国会で50分間追及して話題になった海水注入中断問題。 これは東電トップ周辺がが安倍元首相にリークしたメールマガジンの情報に基づく質問であった。
① 国民に公開しない情報を東電が野党側にリークして首相を辞めさせようとしたこと
② 悪いと分かりながら注入中断指示を原発現場に出したこと
③ 注入を継続した所長を処分したこと
全部東電の犯罪です。
これをほとんど報道しないマスコミも同罪。(NHKニュース、アエラに記事あり)

4.について報道では、菅首相は、撤退するなら東電の存続は認めないと激怒した。官邸はこの日、 東電本店に統合対策本部を設置している。 その後東電社員は原発を逃げ出すことなく、命がけで収束に向けて働いてくださっている。
原発事故がどのような経過をたどったかを自分で冷静に確かめもせず、原発対応が悪いといって党利党略、 党内の自分の利益だけで不信任決議の賛成しようとした議員を信用することはできません。 事故後早速原発は必要と言ったり、地下原発の会に入ったりする安倍元首相、谷垣自民党総裁が首相だったら、いまごろ東京が福島になっていたかもしれません。

民主党員は3.11において適切な対応をして、国民をより深刻な被害から守った菅首相に誇りを持って働いてください。

一市民 より
2011.06.28 Tue l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top
菅首相は日本を救った 不信任決議案が否決されて考える

池澤夏樹氏の痛快な反原発論(2011.5.10)朝日新聞で
「3月11日の深夜の時点で、なぜベントは実行されなかったのか? あそこで格納容器の減圧が行われて冷却水が入っていれば水素爆発はなかった。菅首相の指示をなぜ東電は無視したのか? 」と指摘している。

 3月12日午前1:30政府が東京電力にベントを指示。午前3時ベントをすることを発表。
 電源を失い手動ベントができなかった。周辺住民の避難状況。 
 午前6時50分 ベントの命令
 午前9:04 菅首相は原発現地に乗り込み、ベントの約束をしない武藤副社長では埒が明かず吉田所長に約束させて帰った。
 午後2:30 ベント実施
 午後3:36 1号機水素爆発 ベントの遅れで大量の放射性物質をまき散らした。

 3月14日午前11:01 3号機水素爆発 自衛隊員被爆
 午後2時過ぎ 2号機ベントできず 核燃料が露出まであと1時間の危機
 所長は作業員に「皆さんがここから出るのは止めません」とまで言い切った。
 結局この日、東京電力の社員ら70人を残して、200人以上が原発を去った。

3月12日 2号機海水注入も命令からずいぶんたって実施されている。 東電は会社の利益を守る組織、首相はは国民の安全を守る義務を果たしている。

海水注入がいったん停止されたことを自民党総裁が50分間国会で質問していたが、これは菅首相をやめさせたい東電トップ周辺が安倍元首相にリークした情報に基づくゆすりであった。
かつこの情報は誤りであった。
国民に公開しない情報を恣意的にリークしたこと、海水注入をとめることがよくないにもかかわらず主張せずに政府に従い?生半可な指示を現場に出したこと、注入を継続した所長を処分しようとしたこと、全部犯罪だと思う。 このことをはっきり国民に知らせないマスコミも同罪。

3月14日に、東電の清水正孝社長は、「現場から撤退したい」と政府に5回も電話で伝えている。 これに対し、菅直人首相は翌15日早朝、東電本店に乗り込んで「撤退は許されない。60歳以上の人間は現場に行って、自分たちでやる覚悟を持て」とまくし立てた。一部報道では、菅首相は、撤退するなら東電の存続は認めないと激怒した。官邸はこの日、東電本店に統合対策本部を設置している。

その後東電社員は原発を逃げ出すことなく、命がけで収束に向けて働いてくださっている。 福島第1には広島原発4000発分の放射性物質があり、菅首相の厳しい対応がなければ、今頃は東京も人の入れない場所になっていたかもしれない
2011.06.15 Wed l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top
我が家の太陽光発電(3) 1ヶ月
5月から太陽光発電を開始してから1月あまりたった。
先回(2)では、まだ10日あまりで電気が自給自足できるのかどうかわからなかったが、
1ヶ月の結果を台所のリモコンから見ると

1.発電量、消費量の5月の結果をのグラフから
曇りや雨の日は発電が消費を下回り、天気には発電が消費を上回る。(緑棒>〇)
関西電力からの通知によると 使用電気量(関電から買った電気)  210kwh
              太陽光発電量(関電に売った電気量) 267kwh
となり発電量が消費電力をわずかに上回った。
天気に恵まれ、エアコンを使わない季節だから、あるいは節電の効果??

b1.jpg


2.電気料金
使用電気料金は 6024円 発電を売った料金は12816円  差し引き6792円の収入

昨年の同月は 電気料金4585円 ガス料金6033円 合計10618円 と比較すると
5月は17410円 のプラスとなった。

設備投資(太陽光発電、深夜電力のエコ給湯、IH調理台でオール電化にした)を15年ローンで払うとするとこの差額程度を払っていくことになる。

3.節電の日本列島
原発事故の影響は、国のエネルギー政策を飛び越して、原発を設置する地元自治体が原発の 運転を認めないようになり、実質脱原発に進む勢い!!

東京電力だけでなく、わが関西電力も、日本全体も大幅な電力不足となり、15%節電が要請されている。

4.太陽光発電を契機に
 使用電気量がそのまま表示されるので我が家は節電モード
 明るい早朝に起きて夜は早めに寝る早寝早起きモード

ピンチをチャンスに!!

2011.06.12 Sun l 太陽光発電 l コメント (0) トラックバック (0) l top
巨大津波がやってくる 人災第2弾

菅内閣不信任案が今日提出され可決?否決?されそうである。
地震・津波が天災、福島原発事故が第1の人災、そして国民を省みない政党、政治家の起こした第2の人災がひたひたと、巨大津波のように押し寄せてくる。

今は大震災の非常事態で菅内閣を助けていれば、自民党は黙っていても次の総選挙で政権に復帰できるにもかかわらず、多くの被災者、原発事故避難者をほっておいて、政争に明け暮れる。あれほど攻撃していた小沢元代表の造反を当て込んで不信任案を提出とは!!!?

谷垣自民総裁いわく「菅首相がやめたら、党派を超えて団結できるのはいくらでもできる」
80名あまりの小沢グループと組んで政府を作る???
野党さえ勤まらぬ無能「自民党」・・・公明党も似たり寄ったり!!

国民はこの大震災、原発事故の中で、被災したひとたち、震災地域が復興するように増税をしてでも支援しようと思っているのに!!
この日本の惨状はもしかして一番大きい災害かも知れない。

この動きに加担し主導している首相経験者たち、森、安倍、鳩山各氏、恥ずかしいな~~
日本を応援・支援してくれる外国の人たちに恥ずかしい。情けない。

こんな政治家たちの歳費を支払っているのかと思うと、税金を納めたくない。
まるで働かない道楽息子にお小遣いを渡しているみたいだ!!


2011.06.02 Thu l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top