福島原発事故で原爆168個分のセシウム137が放出された。
 以前2011.4.12の福島原発事故、チェルノブイリ並みの最悪「レベル7」で、
福島第1原発事故ですでに広島原爆の40倍の放射性物質が放出されたことになる
と自分で試算していた。その放出された放射性物質のデータが公表された。

 新聞紙上で報告されていたが、日が経つとたどれなくなってしまう。またしてウォール・ストリート・ジャーナル日本版からとらせてもらった。
福島第1原発から放出された放射性セシウム137は広島型原爆168個分。
8月23日の衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会に、政府(細野豪志原発担当相)が提出した数字である。

資料によると、福島第1原発1~3号機から放出されたセシウム137は1万5000テラベクレル(テラは1兆)。広島型原爆は89テラベクレルだったということなので、福島原発は広島原爆168個分ということになる。

 ヨウ素131では福島が16万テラベクレルで原爆が6万3000テラベクレルで2.5倍。ストロンチウム90でいうと、福島が140テラベクレル、原爆が58テラベクレル で、2.4倍だそうだ。ヨウ素131は半減期が約8日と短いが、セシウム137は約30年、ストロンチウム90は約29年で影響が長く残る。

 政府は、この数字が独り歩きすることを懸念して、資料の中で「原子爆弾は高濃縮ウランを一瞬のうちに核分裂連鎖反応させて、爆風、熱線、中性子線を放出して、大量の殺傷、破壊に至らしめるもの」だと定義。一方、福島第1原発は、「原子炉の運転により核燃料が制御された形で核分裂し、その過程で生成した放射性物質の一部が事故の結果、環境中に放出され周辺に拡散した。放出された放射性物質が核分裂を起こしているのではない」として、「放射性物質の放出量で単純に比較することは合理的ではない」と前置きをした上で数字を明らかにした。

だが、168個分である。確かに爆発によって巨大なキノコ雲が高度1万メートルにも吹き上った原爆と、爆発といっても原子炉設備を覆っていた建屋を壊した福島の事故とでは、破壊の度合いという点では比較にならないかもしれない。しかし汚染が広がらず原発周辺にとどまっているとしたら、あのあたりの汚染がどれだけひどいかということではないのだろうか。

また、児玉教授は、これまでの研究結果によると、原発と原爆では、一定期間後の放射能の残存量に大きな違いがあり、1年後に、原爆は1000分の1に減少するが、原発は10分の1にしかならないと述べていた。
以上WSJの記事から

 広島原爆の168倍の放射性物質に汚染された日本列島。原爆の爆風、熱線、中性子線で一瞬にして大量の殺傷、破壊に至 った原爆とは異なる。でもその後の放射能による人体への影響が168倍にということ・・・徐々に現れる今後の成り行きが恐ろしい。チェルノブイリが思われる。

 土壌の放射能汚染に関する初めての包括的調査結果が発表されている。高濃度汚染地域の人たちの健康に大きな影響を及ぼすのではないかと懸念される。
2011.08.30 Tue l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top
菅首相退陣へー最後に挙げた成果 
 菅首相が退陣条件に掲げていた再生可能エネルギー固定価格買い取り法案が参院本会議で可決、成立した。これで退陣の3条件が成立し約束どおり辞め た。ご苦労様でした。

ウォールストリートジャーナルの 「菅首相退陣へ─最後に挙げた成果」が面白い。以下再録

 菅直人首相は26日、民主党代表からの辞任を表明。首相としての波乱に満ちた日々にピリオドを打ち、5年間で6人目となる次の首相にその座を明け渡すことになった。
 菅氏が首相に就任したのは昨年の6月。市民活動出身の菅氏が、政治を裏側で進める日本の慣習を打ち砕くのではと、大きな期待が持たれた。以下続きを読むへ

 しかし、反対者をやり過ごし、望むものを手に入れるまで菅氏は居座り、驚くべき結果を出した。菅首相は、政府が資金を確保するうえで不可欠となる公債発行特例法を成立させた。

 さらに注目されるのは、日本の10の電力会社が独占し、厳しく規制されている電力業界を開放する画期的な法律を成立させたことだ。 福島第1原発の事故の後、国民が原発を恐れているのを感じ取り、菅首相は再生エネルギー特別措置法を押し進めた。風力や太陽光による電力など、外部からの電力を電力会社が買い取ることを義務づけたものだ。

 日本はこうした展開において出遅れており、大型原発プロジェクトに依存度を高める傾向があった。財政難の地方自治体も、原発に付随する大型の補助金を望んでいた。

 菅首相が「退陣の条件」のリストにこれを掲げなければ、こうした法案が成立する見込みはほとんどなかった。
世論調査では「原子力発電を段階的に減らし、将来は、やめることに賛成・反対」に対して7割以上が賛成するようになっているが、この法案が成立しなければ、絵に描いた餅

 これを推し進める政治家は菅さんしかいなかった・・・そのことが日本では理解されていない。
これは、正確な情報を知らせることなく、政治家の評価ができず、世論調査と称して国民をあおるマスコミの責任であると思う。


2011.08.28 Sun l 脱原発・エネルギー政策 l コメント (0) トラックバック (0) l top
馬渕澄夫「不易塾日記」へのコメントを投稿 
復興財源に増税は誤り の記事に対して

まぶち氏へのコメントに
”民主党総裁選、応援いたします。
今回の総裁選で馬淵氏が勝てなかったら、民主党はその存在すら国民から許されなくなると思って背水の陣で頑張ってください。”
があったので総裁選の有力?候補らしい。

民主党を支持し菅首相の震災・原発事故に対する対応を高く評価してきたものです。
馬淵氏の考えを知り、奈良県民として民主党に投票してもよいものか、多いに失望しました。

「百年に一度、あるいは千年に一度の地震や津波による都市の消失、社会資本の喪失は長い年限での償還を前提にすべきだ。」とのことですが
今日本列島活動期に入っていて、近未来にこれを上回る地震だってありうるし、それに備えなければならないのです。千年前に起こったから、これから千年後に起こるとは限りません。

国民は復興のための臨時増税に過半数が賛成しています。(日経8月1日)
皆大変だけれどより大きな困難にある人たちを助け、日本の復興を達成したいと思っているのです。
これだけの判断をもつ国民の高いモラルを評価せず、100年償還の国債???
などというたわごとを、政権にある民主党員が言う。あきれ果てます。

自民党の安倍元首相も、増税は景気を悪くするからいけないとか言っていたようですが。
それでなくても国債発行額は危機的状況にあるのではありませんか。
増税しないで、借金を将来の子どもに残し、東北震災・津波と原発事故からの復興ができる???
などというたわごとはやめてください。

原発事故は幸いにしてこの程度に収まったという見方が必要です。菅首相の機敏な対応、東電への強力なベント、海水注入の指示、東電社員の第一原発からの撤退をストップしたこと、これらがなければ、今頃東京は福島になっていたことでしょう。

そのことを評価せず、菅首相を辞めさせようとする民主党員が多いこと、いったい何を考えているんだ!!
怒りで一杯です。
2011.08.04 Thu l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ツイッターで政治を変えることができるんだろうか?
試みで「再生可能エネルギー促進法案の成立を求める」意見を政治家にだした。
選挙に一票を行使するだけでは、日本の政治はよくならない。
政策に意見を反映させなければ・・・・!! 

国際環境NGOグリーンピースのページに賛同してツイッターで意見を出した

菅首相へ
再生可能エネルギー法案を今国会で成立させてください。環境省に原子力安全庁を作る案を推し進めてください

自民党谷垣総裁へ
日本のような地震国では2度と原発事故を起こせば壊滅的打撃を受けるでしょう。再生可能エネルギー法案を今国会で成立させてください。脱原発への第1歩を力強く!!

自民党へ
日本のような地震国では2度と原発事故を起こせば壊滅的打撃を受けるでしょう。再生可能エネルギー法案を今国会で成立させてください。脱原発への第1歩を力強く!!

海江田経産大臣へ
再生可能エネルギー法案を成立させて、次世代のために安全な社会を作る第1歩を踏み出してください。日本のような地震国では2度と原発事故を起こせば壊滅的打撃を受けるでしょう。

与謝野大臣へ
日本のような地震国では2度と原発事故を起こせば壊滅的打撃を受けるでしょう。再生可能エネルギー法案を今国会で成立させてください。脱原発への第1歩を進めてください。
与謝野大臣を選んだわけではないが、サンプルにあって意見を出しやすかったので・・・

他の人へもと思ってみていたら「馬淵澄夫氏」がわが奈良県の議員なので意見を出した
次回へ続く
2011.08.03 Wed l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top