原発事故の低容量放射線被爆による健康被害については、日本原子力学会公認の山下氏等の100ミリシーベルト以下はOK、健康被害はないから
ウクライナ犠牲150万か チェルノブイリ原発事故
 【モスクワ24日共同】23日のタス通信によると、1986年に旧ソ連ウクライナ共和国で起きたチェルノブイリ原発事故の被害者でつくるウクライナの「チェルノブイリ身体障害者同盟」は、事故に関連する同国内の死者が150万人以上に上ったとの調査結果をまとめた。事故発生から19周年となる今月26日を前に公表した。  調査によると、事故で被ばくした人はウクライナ国内で約350万人で、うち120万人が子供だという。  ロシア政府によると、同事故による隣国ロシアでの被ばく者は145万人に上っている。
2005/04/24 12:49 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200504/CN2005042401003588.html
という報道まで実にさまざま・・・
学者の見解もいろいろで、放射能の真実は簡単にはない、いずれもある意味で正しく、全面的には正しくない、何が正しいかは自分で元のデータにさかのぼり、冷静に判断せねばと思う。

100ミリシーベルトの根拠となるのは原爆被爆者の疫学調査ということが言われるので、そもそもレフェレンスとされる原爆の被害とはどうだったのかを調べなければという気になって

ウィキペディアより
広島市への原子爆弾投下では、第二次世界大戦(太平洋戦争)末期の1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分 に、アメリカ軍が日本の広島市に対して投下した原子爆弾(以下『原爆』と記す)。
これは実戦で使われた世界最初の核兵器である。この一発の兵器により当時の広島市の人口35万人(推定)のうち約14万人が死亡したとされる。

原爆による死亡者 : 爆心地から500メートル以内での被爆者では、即死および即日死の死亡率が約90パーセントを越え、500メートルから1キロメートル以内での被爆者では、即死および即日死の死亡率が約60から70パーセントに及んだ。さらに生き残った者も7日目までに約半数が死亡、次の7日間でさらに25パーセントが死亡していった。

11月までの集計では、
爆心地から500メートル以内での被爆者は98から99パーセントが死亡し、
500メートルから1キロメートル以内での被爆者では、約90パーセントが死亡した。

1945年(昭和20年)の8月から12月の間の被爆死亡者は、9万人ないし12万人と推定されている。

2012.01.17 Tue l 原爆症・低線量被曝検証 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大阪市「原発」市民投票実現に必要な署名数42,673筆を突破!!
のニュースがあった。

大阪市での署名が5万筆を突破し、住民投票のための直接請求、本請求実現が
確実になりました。1月16日までに署名簿が選挙管理委員会に提出され、
厳正な審査を受けた後、本請求が実施され、3月11日以前に橋下市長から
意見書を添えて付議する見通しです。

市民グループ《みんなで決めよう「原発」国民投票》の呼びかけ

「原発」をどうするのか。この極めて重大な案件は、行政府や立法府が勝手に決めることではなく、主権者である私たち一人ひとりの国民が決定権を握るべきではないでしょうか。すでに任意のグループが「ネット投票」を行なっていますが、そういうものではなく、国会が認めた公式の「原発」国民投票を実現することは決して夢物語ではありません。多数の主権者が望み、求めれば、実施されるのは当然の道理です。それを果たすために私たちは、市民グループ《みんなで決めよう「原発」国民投票》を結成しました。

原発をどうするかという重要なことについて、主権者である国民が決めるべきという考えを現実化する試みが、このように実を結びつつある。市民の意見を直接政治に反映させることは今とても大事だと思う。
原発推進、原発容認の方も!反原発、脱原発の方も! という呼びかけも気に入った。
谷川俊太郎さんのいうように、 国民投票なんて新鮮でワクワクしてくる。
あっ、大阪市民ではなかったから投票はできない。応援するだけ!!
2012.01.11 Wed l 脱原発・エネルギー政策 l コメント (0) トラックバック (0) l top