STAP 未公表の新たな疑義 5月21日 NHKWEB
STAP細胞は存在するのか、しないのか?
STAP細胞の論文について、新たな問題がNHKの取材で明らかになった。
理化学研究所内の検証チームが複数の画像やグラフに疑義があるとする調査内容の文書をまとめたものの、研究所ではこうした調査について一切、公表していなかった。

今回報道の新たな疑惑は、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの検証チームがまとめていたもの
新①★STAP細胞の最も大きな特徴の1つとされる「胎盤」になる能力の証拠として、「ES細胞」と「STAP細胞」、それぞれから作り出したマウスを比較してSTAP細胞のマウスだけ胎盤が光っていることが強調されている、論文2Figure1のaとbが、実際にはどちらも同じ種類の細胞から作り出されたマウスのものだったことが分かったという。

これはSTAP細胞の存在についての決定的誤りではないだろうか。
この実験は若山氏によってなされている。関連リンク(1)で「若山氏はSTAP細胞を使いマウスを作製し撮影した。一つの胎児に対し向きを変えたりひっくり返したりして何枚も撮影。複数の胎児で計数百枚撮ったという。」2種の細胞から作り出したマウスの写真が若山氏によって撮影され、STAP細胞からのマウスの胎盤が光ったのであれば、若山氏は論文の誤りに当然気づくはずであるが、気づかないまま論文が出ていまだ訂正がない。

新②★STAP細胞の万能性を示すため「4倍体キメラマウス」というマウスの写真が2箇所使われているが、別の場所では異なる系統のマウスを使った別の実験結果の写真として使われてる。(論文1 Figure7dと論文2の Figure1a)
これもSTAP細胞の万能性の存否のかかわる重大な過誤であると思われる。

今まで出された疑義と新たな疑義への理研の対応を見る。
我々の一番の関心はSTAP細胞はあるのか、ないのか?
しかし理研の調査は、論文不正の調査で、STAPが存否には関係のない調査であった。極言すれば、小保方氏が公開実験でSTAP現象を証明できても、論文不正(改ざんと捏造)があって処分という結果であった。

理化学研究所は、NHKの取材に対し「所内からこの情報が寄せられているのは事実だが、正式な通報ではなくあくまで情報提供なので調査をする予定はない。また個別に公表すべきものではないと認識している。ネイチャーの論文は取り下げの勧告を行っているため、新たな疑義があっても調査は行う必要はないと考えている」

理研の調査結果と新たな疑点について、STAP細胞の存否にかかわる重要度に順位をつけた。
調査委員会の調査項目を①-⑥、新たな疑惑を新①、新②と記載
クリックすると大きくなります。

SRAPchousa1

2014.05.25 Sun l STAP l コメント (2) トラックバック (0) l top
所長命令に違反、原発撤退 福島第一、所員の9割 政府事故調の「吉田調書」入手
所長命令に違反、原発撤退 福島第一、所員の9割 政府事故調の「吉田調書」入手
が報道された。
原子力規制委員会は、
原発所員がみな撤退してしまったら安全を確保できるのか、
原発規制基準を考え直す必要がある。


2014年5月20日朝日新聞 より転載

 東京電力福島第一原発所長で事故対応の責任者だった吉田昌郎(まさお)氏(2013年死去)が、政府事故調査・検証委員会の調べに答えた「聴取結果書」(吉田調書)を朝日新聞は入手した。それによると、東日本大震災4日後の11年3月15日朝、第一原発にいた所員の9割にあたる約650人が吉田氏の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発へ撤退していた。その後、放射線量は急上昇しており、事故対応が不十分になった可能性がある。東電はこの命令違反による現場離脱を3年以上伏せてきた。
2014.05.23 Fri l 原発事故原因・避難権利訴訟 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Biologist defiant over stem-cell method
Japanese author of controversial papers denies wrongdoing and stands by results as testing of her protocol begins.
David Cyranoski
15 April 2014
NATURE NEWS

Some researchers are hopeful that Niwa’s study will clear up the controversy. “Hitoshi Niwa’s reputation is stellar,” says Hans Schöler of the Max Planck Institute for Molecular Biomedicine in Münster, Germany. He suggests that
Niwa should involve Obokata, “following her step by step and letting her make all the solutions with his reagents in his presence, to see if she forgot to mention a critical step”.
2014.05.14 Wed l STAP l コメント (0) トラックバック (0) l top
STAP元調査委3人の過去論文「不正なし」 という理研発表があった。
内容を読むと、なぜ小保方氏が捏造・改ざんの不正が明らかで、調査委の3委員が不正なしなのか全く理解できない。おそらく、天下の
『理研』が不正といえば不正、不正なしといえば不正なし
なのであろう。

 語られているのは一般社会には通用しない『理研語』、でも報道される「改ざん・捏造」「不正なし」の言葉のまま世間一般には流れていく。これでは
日本最高の研究機関?が泣く。人間の言葉で語ってほしい。

2014.5.13新聞電子版の報道などから、小保方氏、元理研調査委員長石井氏、元調査委員3氏の論文予備調査結果をまとめると(クリックすると大きくなります)
STAP理研調査委員の予備調査結果
なお、調査委員会委員長を辞任した石井氏については、別論文でも疑義が指摘されており予備調査が続く。
2014.05.14 Wed l STAP l コメント (0) トラックバック (0) l top