原発は採算が採れない税金食いなのに、原発再稼動へ突き進む安倍政権
崩れた原発低コスト神話 電力自由化後も原発支援
その理由は原発利権だ!!

原発利権ペンタゴン

完全図解!これが原発事故の背景にある「原発利権」だ! より転載
分かりやすい!!
2014.09.30 Tue l 原発再稼動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
年間20ミリシーベルト以下になると、避難指示の解除され、
「1年を目安」に慰謝料が打ちきられるという原発事故避難者
政府の方針はあまりにも人間無視、記事のみ転載し、後で考察する。
原発事故避難者への慰謝料、打ち切り時期再検討へ
2014年9月23日朝日新聞朝刊

 東京電力が福島第一原発事故の避難者約8万人に支払っている1人月10万円の慰謝料について、国の審査会が、いったん決めた打ち切り時期の再検討に入る。昨年12月の指針では、避難指示の解除から「1年を目安」と決めていた。最も早い地域の打ち切り時期が半年後に迫り、避難生活の現状を改めて調べたうえで、見直すかどうか判断する。

 損害賠償制度を決める文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会は、昨年12月に打ち切り時期を決めた指針で「実際の(避難)状況を勘案して柔軟に判断していくことが適当」とも記した。慰謝料の目的には「故郷に長らく戻れなかったり、家族が離ればなれに暮らしたりして受ける精神的な苦痛」と「避難生活による経済的な負担を補うこと」も含まれている。早期解除が見込まれる地域の現地視察を踏まえ、年度内にも時期を見極める。
2014.09.24 Wed l 福島放射能健康影響 l コメント (0) トラックバック (0) l top
集団的自衛権、戦争できる国へ突き進む安部政権、絵空事の国を守るが進行中。
美輪明宏氏の言葉が身にしみて的確、ここに転載させていただく。

(人生の贈りもの)歌手・俳優・演出家、美輪明宏:3 長崎原爆、夢でうなされた
2014年9月18日朝日デジタルより

――1945年8月9日、長崎は青空だったんですね
 こんないい天気なのに雷? 原爆でした。

 ――ご家族はご無事でしたか
 爆心地に近い母方の家にいた叔母や叔父は亡くなりました。父はその方面に集金にいくはずでしたが、さぼって釣りにいっていて助かって。1週間後に終戦になって、母方の家をみにいったんです。そのあたりは焼け野原で、遺体を掘り出している人がいました。泣き泣き帰りました。

 ずいぶんたって、東京へ出てからも悪性貧血を何度も起こして倒れました。あのとき放射能で汚染されていたのに、当時は放射能という言葉さえだれも知らなかったんです。

 ――「ふるさとの空の下に」といった反戦歌をコンサートで歌われます。すごみがあります
 体験がありますからね。
安倍首相も内閣の人たちも戦争体験のない人ばかり。

戦争を簡単に考えていませんか。
そんな簡単なもんじゃありませんよ。
2014.09.24 Wed l 戦争と平和 l コメント (0) トラックバック (0) l top
87年の生涯をまとめた「昭和天皇実録」が、24年5カ月の編集作業を経て公開されたがまだ読んでいない。代わりに実録の見どころについて、磯田道史・静岡文化芸術大学教授(43)が読み解いた記事を転載する。
なぜ日本は戦争に突き進んだのか、天皇はどのように行動したのかを知るために。

「昭和天皇実録」軍部は陛下を「脅しているも同じ」 専門家が読み解いた
2014年9月18日週刊朝日 より転載・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

① 重要な国策を決定するときに、怒る天皇の描写もだいぶ出てきます。顕著な例が、33(昭和8)年の中国・熱河(ねっか)作戦のくだりです。日本が国際連盟を脱退せざるを得なくなる直前に、関東軍が中国と旧満州の境に兵を進めます。

 なんとか中止したいと考える昭和天皇は「統帥最高命令によって作戦発動を中止することが可能か否か」と作戦の中止を奈良武次侍従武官長に打診します。天皇は40分間ほど粘るものの、奈良は「それは閑院宮・陸軍参謀総長がいらしてからに」と帰ってしまう。

 しかし昭和天皇はあきらめず、午後10時すぎに、「さっき聞いたことについてはどうだ」と側近に書かせた手紙を奈良に送りました。奈良は、参内せずに手紙を寄越します。その内容が恐ろしい。

「天皇のご命令をもって作戦を中止しようとすれば、紛擾(ふんじょう)を惹起(じゃっき)し、政変の原因になるかもしれず」というものでした。

 前年に5・15事件で犬養毅首相が殺されています。奈良の返答は、熱河作戦を天皇が止めれば、首相が殺されるか、御所に機関銃をもった将校がなだれ込んできますよと、脅しているも同じです。

 結局、昭和天皇は万里の長城を越えないことを条件に、統帥最高命令の発動を見送ります。昭和天皇は自分が何を言っても、統帥最高命令は発動できないと悟った瞬間です。悔しかっただろうと思います。

 私は、何があの戦争につながったのかという視点で実録を読みました。将棋の用語を使えば、敗北につながる「敗着」の一手を打ったのはこの瞬間でした。昭和20年の敗戦につながった原点でした。
転載中断・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天皇が
「統帥最高命令によって作戦発動を中止することは否」
天皇主権において、天皇の意思は尊重されず、支配者、軍が実権を握れば
「天皇陛下のための戦争」をストップすることは、天皇にもできなかった。
ということを示している。
2014.09.18 Thu l 戦争と平和 l コメント (0) トラックバック (0) l top
夢のような話、実現すればよい、パナソニックがんばって!!
光合成、植物超す効率で燃料生成 パナソニックが実証実験へ
2014/9/15 1:22日本経済新聞 より転載・・・・・・・
 パナソニックは太陽光と二酸化炭素(CO2)、水を使ってメタンやエタノールといった燃料をつくり出す次世代技術「人工光合成」で、世界最高の変換効率を実現する電子材料を開発した。メタンなどの生産量が従来の5倍に高まったという。CO2を発電や輸送の燃料に活用する実証実験を2020年までに始め、この分野のビジネスで先行したい考えだ。

 光合成は植物が太陽光で水を分解して水素イオンなどを取り出し、CO2を別のエネルギー物質に変える自然現象だが、変換効率は太陽光エネルギーの0.2%程度。パナソニックの新技術では0.3%と、世界で初めて植物を超えた。
新開発の電子材料は改良を重ねれば、実用化のメドとなる1%の変換効率を達成できる可能性がある。
2014.09.17 Wed l CO2地球温暖化 l コメント (0) トラックバック (0) l top