日中改善へ一歩 舞台裏は 折衝は昨年6月から 福田康夫元首相
「日中改善へ一歩 舞台裏は 折衝は昨年6月から 福田康夫元首相」
対中関係の橋渡し役として日中首脳会談のお膳立てに奔走した福田元首相のインタビュー
より転載

 昨年11月に首脳会談が実現し、領土や歴史問題で冷え込んでいた日中関係にも少し、雪解けの兆しがみえてきた。そのきっかけになったのが、福田康夫元首相と習近平国家主席による昨夏の極秘会談だったといわれる。習氏とはどのようなやり取りを交わしたのか。そこに至る中国側との折衝はどうだったのか。福田氏が初めて、一連の内幕を語った。

2015.01.20 Tue l 歴史認識・外交 l コメント (0) トラックバック (0) l top
関東の子ども甲状腺を調査で半数以上の子供の甲状腺からシコリ等が発見

関東の子どもの甲状腺検査結果  2014.11.9NHK
NHK放送より転載 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141109/k1001305
茨城や千葉の保護者などで作る市民団体「関東子ども健康調査支援基金」が関東で子どもの甲状腺を調査してみたところ、半数以上の子供の甲状腺からシコリ等が発見された事が分かりました。
検査対象となったのは茨城、千葉、埼玉、神奈川、栃木の5県に住んでいる1818人の子供達です。去年10月から希望者を対象に検査を行い、1139人の子どもが「小さなしこりやのう胞と呼ばれる液体がたまった部分があるものの、特に心配はなく経過を観察」と診断されました。
「正常」と診断されたのは1818人の内、僅かに672人だけとなっています。また、7人の子供からは大きなシコリ等が発見され、詳細な検査を行う必要があると診断されました。

見てください
<甲状腺>関東のこども検査結果1818人中大きなしこり再検査が7人。正常な子供はたったの36%!
2015.01.04 Sun l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top
天皇陛下が年頭の感想を述べられている。
天皇陛下の新年の感想 全文
1月1日NHK NewsWeb
天皇陛下が年頭の感想 「歴史を学ぶことが大切」
2015年1月1日 朝日新聞

 本年は終戦から70年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。

 この機会に、
満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、
今後の日本のあり方を考えていくこと

が、今、極めて大切なことだと思っています。

大晦日の紅白で、サザンオールスターズが登場「ピースとハイライト」を歌った。
紅白歌合戦 サザンオールスターズ ピースとハイライト 東京VICTORY 2014年12月31日
そのページに以下のコメントを書いた。

紅白のサザンの「ピースとハイライト」がよかった!!
「教科書は現代史をやる前に時間切れ、そこが一番知りたいのに・・・」
その通り!!歴史は明治維新から敗戦、~戦後70年
次に縄文時代に戻れば良いといつも思っていた。
「国同士がいがみ合ったり、拳を振り上げるでのはなく、お互いに理解し合えばいい」
そんなメッセージが大晦日の全国のお茶の間に届けられたことはよかった。
こんな当たり前なことを歌ったら、政治的?政府への批判になる?とは
今の政府は、日本は狂っているのではないか?
「満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、
今後の日本のあり方を考えていくことが、
今、極めて大切なことだと思っています。」
という天皇陛下の言葉をかみしめよう。
2015.01.03 Sat l 戦争と平和 l コメント (0) トラックバック (0) l top