原爆症・低線量被曝検証、チェルノブイリ放射線障害、福島甲状腺がんなどのカテゴリの記事をもとに、”原爆被爆者疫学調査とチェルノブイリ~福島” の題で、現時点の問題点をまとめたものです。
要旨
福島原発事故から4年が経った。政府は福島原発事故で年間20ミリシーベルト以下の地域に住民を帰還させようとしている。原子力規制委員会は、「100 ミリシーベルト以下では健康リスクの明らかな増加を証明することは難しいと国際的に認識されている」として、帰還を後押しする。外部被曝のみで、5年間で最大100ミリシーベルトになる。妊婦、子どもを含めた家族が、放射線作業従事者に現在認められている年間の最大被曝線量(20mSv)の中で暮らすことを強要して、帰還した人々の健康は守られるのか。チェルノブイリ原発事故での年間5ミリシーベルト以上 居住禁止区域を思い起こす必要がある。
厚労省の原爆放射線について を見る。
図1. 放影研原爆被爆者調査のの被爆者・非被爆者の定義、福島の帰還基準年間20ミリシーベルト、100ミリシーベルト安全説の100ミリシーベルト相当の被爆距離を示した。
広島放射線量2
100 mSvより低い線量では、がん死亡リスクの増加が統計学的に検出されないとする100ミリシーベルトは広島原爆爆心地から1.9kmでの被爆線量に相当、年間20ミリシーベルト帰還基準は爆心地より2.4kmで被爆に相当する。爆心地から3.5km以内(被曝線量≒1ミリシーベルト)で厚労省はがん等を被爆による「原爆症」であると積極的に認定をしている。100ミリシーベルト、年間20ミリシーベルトが安全であろうか?

放射線影響研究所は、広島・長崎の原爆被爆者を60 年以上にわたり調査し、その研究成果は国際放射線防護委員会(ICRP)、UNSCEAR、IAEAなど国際機関の放射線リスク評価や放射線防護基準に関する勧告の主な科学的根拠とされてきた。100ミリシーベルト安全説、20ミリシーベルト福島帰還基準、年間1ミリシーベルト一般公衆被曝限度、原子力作業者の線量限度 100 mSv / 5年 なども然り。放影研被爆者調査を検証する。
1.100ミリシーベルト安全説=「がんリスクは100mSv 以上では放射線の被曝線量に比例するがそれ以下での関係は不明」は原論文の結果と反する ⇒ 100ミリシーベルト以下でも線量に比例し、過剰リスクあり。
2.若いほど発ガンリスクが大きく、10歳で被爆は50歳被爆の約~6倍のがんリスクがある。
3.研究では、被ばく線量は投下時の初期被曝のみで、残留放射線は小さいとして無視している。放射線でがんリスクが増加したかを比較した一般人とは、2.5~10kmで被爆した被爆者であった(図被爆者・非被爆者で示す)。このことで被爆によるがんリスクは大幅に減少し、低線量被爆の影響は見えにくくなった可能性がある。
4.チェルノブイリ原発事故で、小児甲状腺がんが被曝の影響であると認められた経緯をふりかえり、福島での甲状腺がん多発の状況をチェルノブイリと比較する。

以下にPDFファイルがあります。
原爆被爆者疫学調査とチェルノブイリ~福島要旨
原爆被爆者疫学調査とチェルノブイリ~福島要旨+本論  
2015.06.30 Tue l 原爆症・低線量被曝検証 l コメント (0) トラックバック (0) l top
戦後70年、原爆投下から70年たって、
「放射性降下物由来の核物質ウランによる内部被ばくが半世紀以上続いていたことが裏付けられた」
原爆被爆者疫学調査においては、内部被爆の影響は小さいとして考慮されていない。
黒い雨体験の女性は爆心地から4.1kmで被爆、被ばく線量は1ミリシーベルト以下で、有意でない線量=非被爆者とみなされている。
広島原爆:「黒い雨」体験者の肺にウラン残存
毎日新聞 2015年06月08日 より転載

 ◇広島大と長崎大チーム 「内部被ばく半世紀」裏付け
 広島大と長崎大の研究グループは7日、広島原爆の「黒い雨」を体験した女性の肺組織にウランが残存し、現在も放射線を放出していることを示す痕跡を初めて撮影したと明らかにした。女性は原爆投下時29歳で、80代で肺など3臓器に多重がんを発症し、94歳で死亡した。解析したのは1998年に切除し保存されていた肺組織で、グループは「放射性降下物由来の核物質による内部被ばくが半世紀以上続いていたことが裏付けられた」としている。
2015.06.08 Mon l 原爆症・低線量被曝検証 l コメント (0) トラックバック (0) l top