FC2ブログ
原爆被爆者疫学調査とチェルノブイリ~福島 で原爆の被爆による健康被害について調べた。
広島に投下された新型爆弾が原子爆弾であることを断定した原本が発見されたという記事を見たので、記録しておく。

荒勝京大元教授:広島原爆、断定の原本…遺品から発見
毎日新聞 2015年06月26日 より転載
 1945年8月、広島に原爆が投下された直後に現地で調査した京都帝国大学(現京都大)教授の荒勝文策氏(故人)が、「新型爆弾」が原爆だと初めて科学的に断定した分析資料の原本が、遺族が保管していた遺品から見つかったことが分かった。荒勝氏らが現地調査し、科学的に原爆だと突き止めたことは知られていたが、データの原本が明らかになったのは初めて。核開発史に詳しい政池明・京大名誉教授(80)=素粒子物理学=は「原爆開発に関与した当時の日本の科学者が、どのように原爆と特定したかが分かる貴重な資料だ」と評価している。
 資料は現在、荒勝氏の家族から政池氏の手を経て、京大総合博物館に保存されており、学習院大大学院生の久保田明子さんが内容を分析しているとのことである。
2015.07.16 Thu l 原爆症・低線量被曝検証 l コメント (0) トラックバック (0) l top