原発再稼動を進める安部政権、原発のエネルギーを絶対使いたくない私。
全住宅がゼロエネタイプになれば、家庭用のエネルギー消費がゼロになる計算!!
実現すればよいな~~!!
ゼロエネ住宅、大手が一斉販売 ミサワは全戸標準仕様
パナホームは85%
2015/9/20 2:00日本経済新聞 より転載
2015.09.22 Tue l 太陽光発電 l コメント (0) トラックバック (0) l top
安保法案は強行採決が行われたかどうかわからないという状況で、成立した。
ではこれからどうすればよいのか???
安保法「廃止へ追い込む」=学者の会が抗議声明
時事通信社 2015年9月20日 より転載

 さまざまな分野の学者らでつくる「安全保障関連法に反対する学者の会」が20日、都内で記者会見し、「政権の暴挙に抗議し、この違憲立法を廃止へ追い込む」とする声明を発表した。
2015.09.20 Sun l 憲法問題 l コメント (0) トラックバック (0) l top
<<甲状腺がんの多発は
     スクリーニングによる過剰診断ではない>>


手術した9割以上でリンパ節転移、甲状腺外浸潤、さらに肺への転移があった
命にかかわる非常に深刻な状況である


福島県甲状腺検査(2015.8.31発表)で甲状腺がん、がん疑いが計137人と多発しており、どこまで増加していくのか、地域的広がりも懸念される。2015.11.30発表では152人に増えた。
〜県立医大が手術症例を公表
2015.8.31に県立医大が甲状腺がんの手術症例を公表した。スクリーニング効果による過剰診断ではないかとの指摘に対して、手術症例を説明したものである。
手術の適応症例について 福島県立医大附属病院 甲状腺部長 鈴木眞一
結果から過剰診断の批判は当たらない。

-----------------------------------
☆全手術症例96例のうち、病後病理診断で
  甲状腺外浸潤(pEX1)  38例                38%
  リンパ節転移        72例               72%
  肺への遠隔転移      3例(2例かも)           3%
  リンパ節転移、甲状腺外浸潤、遠隔転移のないもの8例  8%

------------------------------------

山下俊一「小児甲状腺がんの約4割は発見された時点ですでに転移」
鈴木真一「5から10ミリでも転移している人もいる。リンパ節転移や肺転移などがほとんど」
甲状腺検査評価部会 

山下俊一教授は原発事故以前の2009年3月、日本臨床内科医会の特別講演で
大人と異なり、小児甲状腺がんの約4割は、
小さい段階でみつけてもすでに局所のリンパ節に転移がある

と指摘している。また
チェルノブイリ原発事故では、被害者たちの癌進行速度が異常に早い
ことも発表していた。

山下氏特別講演関連リンク
甲状腺がんに関する 2009年の山下俊一氏の発言
山下俊一の311前の講演内容
日本臨床内科医会会誌 第23巻第5号2009年3月目次 放射線の光と影
小児甲状腺がん関係リンク
福島甲状腺がんの今 2016.2.1
千葉県柏市甲状腺検査B・C判定以上17人でおよそ10%、福島の~10倍
リンパ節転移が多数・肺に転移も ②~福島県の甲状腺がん
福島小児甲状腺がん多発 本格調査は先行検査の3倍以上
関東地区でも福島~チェルノブイリ並みの甲状腺異常?
北茨城市に甲状腺がん3人 1000人に1人の割合
福島とチェルノブイリ小児甲状腺がん比較2 チェルノブイリを越える
関東子ども甲状腺検査 半数以上からしこりなど発見

2015.09.10 Thu l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (1) l top
安部首相→文科省の生産力重視・経済重視・人間軽視の教育改革に対して、経団連から異議がでた。
経団連、安易な文系見直し反対 国立大改革、文科省通知で声明
2015年9月10日 より転載
 文部科学省が国立大学に人文社会科学系学部の組織見直しを求める通知を出したことについて、経団連は9日、安易な見直しに反対する声明を出した。通知の背景に「即戦力を求める産業界の意向がある」との見方が広がっていることを懸念し、「産業界の求める人材像はその対極にある」と文系の必要性を訴えた。
2015.09.10 Thu l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top
県民健康調査「甲状腺検査(本格検査)」実施状況 が発表された。 2015.8.31
小児甲状腺がん及び疑いの子供達は、3か月前…前回の126人から11人増えて合計137人になった。

 本格検査の癌・癌疑いの率は 1万人当たり3.6人
これは2011~13年の先行検査の 1万人当たり3.7人と同程度 
チェルノブイリ原発事故後5-9年の最盛期に匹敵する甲状腺がん発生状況は、人口密集地域へのチェルノブイリ並みの放射能汚染があったのではないかと疑われる。事故後4年にして、放射性ヨウ素による本格的な甲状腺がんの多発が始まったのではないか。

福島の甲状腺がん急増→子供達の身にいったい何が起きた?より
甲状腺がんと考えられる136人の福島県の子供達を市町村別で比較、何人に1人が発病したか?を色分けした地図。
避難の対象とならなかった人口の多い福島市20人、郡山市26人を見ると、福島県全域が非常に汚染され、放射性ヨウ素による甲状腺がんが、事故後4年にしてチェルノブイリの最盛期を上回る勢いで増えつつあることをしめしている。

福島甲状腺がん地域別人数

本ブログ、小児甲状腺がん関係リンク その他、カテゴリ福島甲状腺がんをクリックしてください
本ブログ、小児甲状腺がん関係リンク
千葉県柏市甲状腺検査B・C判定以上17人でおよそ10%、福島の~10倍
リンパ節転移が多数・肺に転移も ②~福島県の甲状腺がん
福島小児甲状腺がん多発 本格調査結果
関東地区でも福島~チェルノブイリ並みの甲状腺異常?
北茨城市に甲状腺がん3人 1000人に1人の割合
福島とチェルノブイリ小児甲状腺がん比較2 チェルノブイリを越える
関東子ども甲状腺検査 半数以上からしこりなど発見

2015.09.03 Thu l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top
安保法案反対がデモ国会を埋め尽くした
都内の大学生らがつくる「SEALDs(シールズ)」
大学教授や研究者らの「学者の会」
子育て世代の「安保関連法案に反対するママの会」など
自発的に集まった人たち

これに対して菅官房長官は
「国民の生命と平和な暮らしを守るのは政府の責任だ」
果たして安倍政権は、国民の命を、平和な暮らしを守ろうとしているか?
NO である。
2015.09.02 Wed l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top