戦後70年、どんな戦争だったのか実はほとんど知らないような気がする。
(サザエさんをさがして)シベリア抑留 生還後も続いた苦難の歩み
2015年10月17日朝日新聞朝刊より--------
 1945年8月以降、日本の敗戦にともない、旧満州(中国東北部)などにいた関東軍将兵らが捕虜となり、ソ連各地に移送された。先日、その記録が世界記憶遺産に登録された「シベリア抑留」だ。厚生労働省によると、その数は約57万5千人。抑留者は林業や道路・鉄道の建設、炭鉱などの労働を強いられた。冬季の厳寒、食料不足や病気に苦しみ、死者は約5万5千人にのぼった。
サザエさん
---------
世界記憶遺産というと、『シベリア抑留』登録については、ロシアが反対批判、『南京大虐殺』については日本が批判、ユネスコへの拠出金を減らすとか政治問題になっている。このこととは別に

なぜ、日本軍が、中国から攻撃されたわけでもないのに、満州~中国全土に出兵し、そのうち57万人もがシベリア抑留されるほどの戦争をしていたのか。外国を自国の領土の如く占領して何をしていたのか。これももしかして自衛のためであったのか?という疑問が出てくる。
2015.10.19 Mon l 歴史認識・外交 l コメント (2) トラックバック (0) l top