除染して福島復興 ⇒ 日本列島総汚染 ⇒ 一億総被曝政策
進行中である。

除染はできない、放射性物質を移動できるだけ 
なぜなら、放射性物質はなくならないから(半減期で減るのみ)
これは高校理科の第一歩
そのことを理解しない政治家・東大教授・学会・有識者・・・が除染を主導し
行先のない除染土のフレコンバッグを仮置き場にあまりに多く積み上げた。
今度は除染廃棄物をばらまいて
日本列島を際限なく汚染しようとしている。

仮置き場

★環境省は、3月30日、東京電力福島第1原発事故後の除染で出た汚染土に関し、
8000ベクレル/kg以下の汚染土を、全国の公共事業で利用できる針を決定
★環境省は4月28日、福島原発事故で発生した指定廃棄物に関し、放射性セシウム濃度が
8000ベクレル/kg 以下で指定を解除し一般ごみと同様の処分を認める
新ルールを決定

放射性物質については、封じ込め、拡散させないことが鉄則
原発事故前は、IAEAの基準に基づき、放射性セシウム濃度が
100ベクレル/kg を越える場合は、特別な管理下に封じ込めてきた。
(クリアランス制度)
日本に暮らす人々は、以前の80倍の放射性物質が散在する中で暮らすことになる?!

★原子力発電所の事業所内から出た廃棄物は、100ベクレルを超えれば、低レベル放射性廃棄物処分場で厳格に管理
★一般社会では、8000ベクレルまで、一般ごみで空気中に拡散し、公共工事に使われる。
★ミニ原発事故汚染が日本各地で起こるということ!!

図で見てみよう 1.除染して福島復興から、復興はできずに、日本列島汚染に進んだ
一億総被曝

2.福島原発事故とチェルノブイリの避難・移住・除染比較
クリックすると大きくなります。
一億総被ばくFC比較

どちらがいいかは一目瞭然
除染(費用2016年度までだけで3兆円以上の試算、NHK)で大手ゼネコンが儲け
作業する人たちを被曝させた。
住宅地域だけ除染しても放射能汚染は下がらず、
賠償金の打ち切りと、住宅提供の打ち切りで
20ミリシーベルトの高汚染地域に
妊婦、子どもたち、若い家族まで帰還を強制する。

チェルノブイリでは、5ミリ以上居住禁止、1ミリ以上移住権利
因果関係をとわず1ミリ以上の被災住民の健康支援を行った。
事故後30年の今も、その子どもたちまで・・・
被ばく住民のデータベースをつくり、国際社会に被ばく被害を訴えた。

日本では、公衆の被ばく限度の20倍の放射能汚染の中で暮らすことを強制され
国際法上の人権は損なわれている。
憲法25条:健康で文化的な生活の権利はおろか、生存権すらも守られていない。

日本が放射性廃棄物最終処分場になる-仏ヴェオリア放射性廃棄物処理-
も見てください。
2016.06.12 Sun l 放射能・除染 l コメント (0) トラックバック (0) l top
福島原発事故発生当初から、米・仏は使用済み燃料プール、3・4号機の経過を憂慮していた。燃料が冷却不能で核爆発により放出される放射性物質が莫大で、米本土にも大きい影響を及ぼしかねないからである。実際

A. 福島原発3号機は核爆発して、チェルノブイリを越える地球規模の放射能汚染へ
以下、福島3号機爆発は、使用済燃料プールでの核爆発 より転載

【福島3号核爆発の証拠】
福島3号核爆発を、ただの水素爆発だったことにするよう、東電がテレビ会議で口裏を合わせている場面⇒ http://goo.gl/Jw9uue
 2011年3月14日午前11時01分の福島3号爆発は、設計ミスによる原子炉格納容器外の核爆発であり、使用済燃料プールでの核爆発です。
「福島3号核爆発の論拠集および証拠集」は、⇒ https://goo.gl/3pfXBF
(1)【映像証拠】仏独共同の国営放送局ARTE 「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」 Part3/4⇒ http://www.dailymotion.com/video/x41nwqg
(2)【映像証拠】福島3号核爆発の新証拠、セシウムホットボール⇒ http://goo.gl/SHIrpw
 空中水蒸気が温度低下で凝縮し、表面張力で真球の水滴となり、虹ができると同様、核燃料が核爆発でガス化、プラズマ化して、爆発後は、断熱膨張で内部温度が下がり凝縮し、表面張力で真球のセシウムホットボールができたと考えるのが自然です。
(3)【映像証拠】福島3号核爆発の証拠集⇒ http://goo.gl/MlHXL1
-------転載終了

B. 福島原発事故の一週間後にまとめられたアメリカ政府の報告書が機密解除された  2015/12/11
: 4号機では使用済み核燃料の 100 %が大気中に放出された。2011/3/18 と報告
燃料プールが冷却できなくなったら、沸騰し、炎上し、爆発する=核爆発することは常識であった!!
心配すべきは、原子炉より多くの放射性物質を含む使用済み燃料プールだった。


Declassified U.S. Government Report Prepared a Week After Fukushima Accident: “100% of The Total Spent Fuel Was Released to the Atmosphere from Unit 4 Global Research 2015/12/11 より
Now, a declassified report written by the U.S. Nuclear Regulatory Commission on March 18, 2011 – one week after the tidal wave hit Fukushima – states:
 The source term provided to NARAC was: (1) 25% of the total fuel in unit 2 released to the atmosphere, (2) 50% of the total spent fuel from unit 3 was released to the atmosphere, and (3) 100% of the total spent fuel was released to the atmosphere from unit 4.
 機密解除された、NRC[米・原子力規制委員会]によって 2011/ 3/18 -津波が福島を襲った1週間後-に書かれた報告書の内容は … NARAC* に提供されたソース項目によれば
(1)2号機では全燃料の25%が大気中に放出された。
(2)3号機では使用済み燃料の50%が大気中に放出された。
(3)4号機では使用済み燃料の 100 %が大気中に放出された。


2016.06.06 Mon l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top