以下未完成です。
科学界ではもっとも権威のある専門誌と見なされている「Science(サイエンス)」は、最近掲載した一般記事
”Mystery cancers are cropping up in children in aftermath of Fukushima”
(事故後の福島の小児甲状腺ガンの発生率、謎の上昇)というタイトルの記事を掲載した。結論は
Ⅰ.原発事故による放射線被ばく関連の病気は発生していない。
甲状腺スクリーニング検査が皮肉な混乱を起こしているだけである。


福島第一原子力発電所のメルトダウンは、広範な人的被害を引き起こした。
避難、感情的なトラウマと早死、避難による仕事や学校教育の破壊。

しかしこれまでのところ、放射線被ばく関連の病気は一般市民の間に発生しておらず、癌または他の病気の劇的な増加を予測する専門家はほとんどいない。
Ⅱ.福島原発発事故で放出された放射能はチェルノブイリの10分の1、風は多くは海方向に吹き、避難は迅速であった。
にもかかわらず、病気の一波が原発事故に結び付けられてしまった
~善意で行われたスクリーニングプログラムの皮肉な結果である~

・・・この一般記事の結論はⅠ.であり、Ⅱ.も甲状腺がんの多発は被曝の影響とは考えにくい理由としてよく挙げられる。福島県健康調査検討委員会で言い古されてきたことを気軽にピックアップしただけのものである。
実情も知らず、原爆投下は正当であったと気軽に論評する類に聴こえるが、誤りを正しておきたい。
原爆投下1カ月後広島を訪れたトーマス・ファレル准将、原爆開発計画のNO2責任者は会見を開いて
”広島の廃墟に残留放射能はない。広島長崎では死ぬべきものは既に全員が死亡し、残留放射能に苦しんでいるもには皆無である。以来黒い雨や死の灰による残留放射能による健康被害を否定、その核の傘の元日本政府も同じ方針をとってきた。:violet bynatueflow


Mystery cancers are cropping up in children in aftermath of Fukushima
By Dennis Normile 2016.3.4
The March 2011 meltdowns at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant caused extensive human suffering—evacuations, emotional trauma and premature deaths, disrupted jobs and schooling. What they have not caused, so far, is radiation-related illness among the general public, and few specialists expect dramatic increases in cancers or other ailments. The reactors spewed just a tenth of the radiation emitted by the Chernobyl disaster, winds blew much of that out to sea, and evacuations were swift. Yet one wave of illness has been linked to the disaster—the ironic result of a well-intentioned screening program.

震災数ヶ月後、福島県は、放射線関連がんの兆候を見るため、子供や十代の若者たち数十万人の甲状腺を検査を設定します。
スクリーニング検査は前例のないことだったので、誰も何が起こるか知らなかった。
先行検査で、子供たち、のほぼ半分に甲状腺異常が見つかり、うち100人以上が甲状腺癌と診断されるに及び、嵐が巻き起こった。

2016.09.18 Sun l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top
下流老人とは
「生活保護基準相当で暮らす高齢者、またはその恐れがある高齢者」

と定義する。現在600万~700万人と推測し、近い将来は高齢者の9割がそうなると警告する。「今のままの社会だと『下流化』はだれにでも起こりうる。

(フロントランナー)NPO法人ほっとプラス代表理事・藤田孝典さん 「下流老人」社会に警告
2016年9月17日 朝日新聞朝刊 より転載
2016.09.18 Sun l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top
後学のために、関連リンクのみ記載
9/11 Truth Activists and Researchers Prepare for the 15th Anniversary
September 1, 2016
As the 15th anniversary of the 9/11 attacks approaches, the 9/11 Truth movement is preparing to host protests and conferences around the United States.

It’s Official: European Scientific Journal Concludes 9/11 Was A Controlled Demolition
ByTrue ActivistPosted on September 11, 2016
Read More: http://www.trueactivist.com/its-official-european-scientific-journal-concludes-911-was-a-controlled-demolition/

国会で911陰謀説が議論される 1/3
2008.1.10 参院外交防衛委員会 出典:ベンジャミン・フルフォードだそうです。
2016.09.12 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本への警告 from Hitomi Hayashi FBのTLより
日本を離れ長く米国ボルチモアで暮らしておられるHitomi Hayashiさんの、日本を思う気持ち、現状の問題への強い危機感は、日本に暮らす私たちを超えているように感じます。現実と合わないと感じられるかもしれませんが、彼女の危惧と警告をまとめました。

1.日本の水源地は外国資本に買われている。美しい日本の水は完売に!!
  中国、イギリス、ニュージーランド・・・
  危ない!日本の水源地が外国資本に買われている!
 (加えて規制緩和で、水道事業の民営化を進める自治体、東京・大阪等多数)
 日本の水道をすべて多国籍企業に売り渡す自民党
 貧しい人は水を飲めなくなる時代が近づいている!!
2016.09.09 Fri l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top
原発とCO2地球温暖化説を考える 
FB私たちは原発で作った電気を買いませんより

C1: 地球温暖化はCO₂の影響以上に、原発が出す温排水の海への放出が海水温の上昇となり、海流の流れを変え、いろいろな自然災害を引き起こす大きな原因になっていると言われています。地球の2/3を占める海水温の上昇が、海の生態系も変えてしまい、食料事情まで影響を与えているのです。今地球には、30度以上の熱い海水が増えているようです。

C2: その通りですね。CO2温暖化説は全然信じないものですが、CO2削減合意は有限の化石燃料は節約すべきなので歓迎でもあります。しかし、CO2削減、だから原発という大嘘に騙されないように!!

C3: 地球温暖化二酸化炭素悪者説は、チェルノブイリ事故後の原発生き残りの為、頭の良い人が考えた冤罪だと思います。仮に
二酸化炭素が温室のガラスやビニールだとしても、
原発は温室の中の消せないヒーターです。


他の発電システムと違い、電力需要の増減に関わらず、一度臨界に達したら、停めるのは定期点検と燃料棒交換、そして事故の時だけです。しかも、そこに核燃料のある限り、冷やし続けなければ危険であるというのが、福一事故の教訓です。

日本列島は今や原発だらけで、地球温水器と化しています。
2016.09.06 Tue l CO2地球温暖化 l コメント (0) トラックバック (0) l top
安倍ナチ化をどうストップできるのか? 日本の今にかかる暗雲!!!

こんな投稿があった。 S.N.氏 9月4日
ヒトラーは思い通りに軍備増強と全体主義を進めるために「全権委任法」を制定した。
安倍は戦争法を可決させるために内閣だけで憲法解釈を変え、法制局とNHKに傀儡を送り立憲主義を踏みにじった。そして今度は憲法を改正し、緊急事態条項、秘密保護法、国民保護法、盗聴法、共謀罪強化で、国民を弾圧する独裁政治を始めた。こいつらを野ぱなしにして、ただなにもせず指をくわえていて良いのでしょうか?愚痴だけ言っても、なにも始まらない。


ヒトラー

コメント
C1: 国民が自民党に大勝利を与え続ける以上は、21世紀の、まさしくネオナチ誕生ということです。草の根保守にとってファシズム、極右は媚薬以上の麻薬なのです。その麻薬中毒を足元を見ての安倍のやりたい放題、・・・・・容易ならざる道が日本に立ちふさがっています。
C2: 誰がリーダーで出てくるでしょう? C3: リーダー不在の状況です‼
C4: 1%の富裕層安倍派と99%の庶民天皇派・・・

natureflow: 国を守ると大げさに言う人は、国民を国家の手段にして、国を外国に売り飛ばします。今起こっていることです。原発のために、福島棄民、自国民を緩やかなホロコーストに送り込む政策を進める安倍政権、これを支持する有権者。

C5: しかしながら、遅すぎた感もあり、戻せなくなっているのも事実かと。その証拠に今の政権のやることを誰も止められていない。
natureflow: 一億玉砕まで行きますか?野田さんが解散総選挙にしたとき、こんな日が来ると思いましたが、そのペースが急速です。マスコミ攻撃が成功して、報道の自由世界72位、体制翼賛政治になってしまったことが決定的です。

C6:  ナチが出現した当時はドイツ国内でも極少数派だった。ドイツだけでは無いが経済状態が悪かったのをユダヤの性にしてドイツ国民の感情を煽り台頭して行った。いつも戦争を起こす時は誰かをターゲットに自分の行為を正当化して国民を煽り洗脳して創り上げて行くプロセスが見える。国民をあらゆる手を使って洗脳する為に報道を制限するのは常套手段。いつも弱者や外国人が先ず犠牲にされ、そして国民全体へと広がって行く。あの当時と今では世界の状況は少し違うが、我々人類はまだ互いの違いを乗り越えられず、殺し合いで問題解決して居る状況は変わっていない。これだけ情報が氾濫していても、我々人類のコンシャスそのものが次の次元に上がらなければスーパーコンピュータも無意味⁉️テクノロジー1+1=2の世界はほっといても発達するが民度を上げる事は創造性豊かな教育しか無い。今の物優先が支配する価値観が蔓延する社会では、資本主義であレ共産主義であれ同じ事。戦後を生きてきた僕にとってそのテクノロジーの発展は眼を見張るものがあるが、創る側の人間のコンシャスはあまり変化したとは思えない。宗教さえ対して役に立っていないどころか喧嘩の種である。平和を愛する我々が、なぜ隣人を愛し助け合い平和に生きると言うこんなシンプルな事が出来ないのか、全て欲から解放されていない餓鬼である幼い我々の成せる業⁉️

natureflow: 科学の進歩が人を幸せにするか?が科学者であった私のテーマです。答はNo!!の様です。 残念ながら。科学の成果が人々の幸せのために使われるには、科学の進歩を上回る人間の叡智の社会的進歩が必要です。でも、人間の英知は、思想は、進化しない。社会に不満がある時、より単純で、弱者をターゲットにし、愛国心を煽る扇動に同調する人々が増えていく。人間は核をコントロールして、人々の幸せに使うことはできず、核エネルギーを得たことで人類の破局に向かうという事が、福島で起こっていること。チェルノブイリ事故へのチェルノブイリ法という対応には、被曝住民を放射能被害から如何に守るかというヒューマニズムを見ることができた。ウクライナ政府報告「未来の安全のために」に人類の希望を見ることができた。福島では、原発マフィアと化した安倍政権が、自国民を緩やかに死に導くホロコースト政策を実行する。福島に限らず、放射能毒を日本列島に拡散させながら。大多数の国民は知ろうとせず、知らんぷり。安倍ナチスのターゲットは福島から、日本国民一億総被曝に向かう。

C7: 日本のナチスを止めよう! C8: 完全に気が狂った安倍晋三。一日も早く隔離せねば!!!
C9: 
安倍ナチ
2016.09.06 Tue l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top
明白な甲状腺がん異常多発と健康障害の進行
─障害の調査と避難の保障を─

全国の小児科医は科学的立場に立って
子どもたちを放射線被ばくから守ろう

と呼びかけている

他方現地福島県小児科医会は、甲状腺がん検査規模縮小含め見直しを要望 しており、県下の子どもたちの健康を守るという気持ちがあるのか?に疑問符がつく。

子どもたちを放射線障害から守る全国小児科医の集い・実行委員会 討議資料より
 2011年3月11日の東日本大震災と福島原発事故から約5年が過ぎました。福島原発事故は、いまだに莫大な放射性汚染物質をまき散らしており、終息への見通しは全く立っていません。そして、未だに10数万人の人びとが避難されており、家、仕事、家族友人など故郷を離れた生活を余儀なくされています。

 福島事故で生じた放射能汚染は、東北から関東地方にかけて広範な地域に及んでおり、今後長期にわたり様々な健康障害が生じることが考えられます。国内では「原発事故による明らかに健康被害を示唆する事例はない」として甲状腺がんの多発を否定される専門家がおられますが、最近の国際環境疫学会の議論と日本政府への書簡は、原発事故による甲状腺がんの多発が明白な科学的事実として世界的に認識されたことを示しました。さらに、様々な健康障害の進行が認められています。
目次
1.はじめに ……………………………………………………………………………………… 1
2.甲状腺がん異常多発─国際環境疫学会の日本政府への書簡─……………… 3
  資料1 岡山大学チームによるEPIDEMIOLOGY 誌掲載の原著論文
  資料2 日本外国特派員協会での津田教授が記者会見 発表論文解説文書
  資料3 国際環境疫学会(ISEE)書簡
       ① ISEE会長から、日本政府丸川珠代環境大臣他に宛てた書簡
        (同 和訳)
       ② ISEE会長から、津田教授に宛てた手紙(同 和訳)
3.福島で顕在化している障害─死亡率(自然死産と乳児死亡)の増加─ ……… 15
4.低線量被ばくの危険性は証明されている…………………………………………… 18
5.原発事故処理労働者の白内障初期病変激増 ……………………………………… 22

2016.09.03 Sat l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top
福島県では、小児科医会が、甲状腺検査規模縮小・見直しを要望した。
規模縮小含め見直し要望 甲状腺がん検査で福島県小児科医会

検査をすればするほど、甲状腺ガン発見が増えてくる。このままでは因果関係を否定できなくなる。怖くなって、甲状腺がんはなかったことに、勝手にガンになってもらいましょう、と逃げ出す福島県の小児科医会はひとでなしの殺人者です。

 一方、患者らでつくる「311甲状腺がん家族の会」は23日、がんの早期発見と治療ができる環境整備が重要だとして、検査規模を縮小しないよう求める要望書を県に提出している。

福島県は福島県民を、未来ある子どもたちを守る気は全くありません。形だけの復興で、住民の一部を帰還させても、子どもたちの健康が損なわれたら、街の未来はありません。避難の権利をみとめ、健康に生きる権利をみとめ、人間性の回復こそが復興です。たとえ故郷を離れることが長くなろうとも。

規模縮小含め見直し要望 甲状腺がん検査で福島県小児科医会
2016年08月26日 より転載
 福島県小児科医会の太神(おおが)和広会長は25日、県に対し、原発事故発生時の18歳以下の県民を対象とした甲状腺がん検査について、検査規模の縮小も含めた見直しを求める要望書を提出した。

2016.09.02 Fri l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top
FBより
原爆ヒバクシャ、原発事故ヒバクシャ、
再稼動が進めば、原発事故ヒバクシャになる可能性のある
我々国民の連帯こそ重要と思います。


泉田新潟県知事

泉田祐彦新潟県知事の主張は、その通りです。原爆被爆者の対する被爆線量は、被害を少なく見せて、残留放射能を認めないという不正に満ちたものです。でも厚生労働省の公式見解に従うと、0.5ミリシーベルト以上の被ばくが推定される地域で被爆者健康手帳が認められ、広島3.5km以内の被爆で病気になった場合、原爆症の積極認定がされています。その基準に対して、原発事故緊急事態宣言下の20ミリシーベルトを帰還基準とすることは、人道に反しています。1ミリ以上の被ばくを受けた事故被曝者は、チェルノブイリ法に倣って、原発事故被曝者手帳を受けられるようにすべきと考えます。そのためには世論を作ることが一番重要。以下の表をクリックして、考えてください。
原爆被爆者福島比較

被爆者手帳に関してはこの泉田知事の発言はまちがっているということを指摘してずっと拡散を防ぐためにがんばっている広島出身の方がいます。ご一読いただけませんか?
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/3a96bb94aac60c5ad3467f3dbe5eb115
https://renree.blogspot.jp/
 というコメントをいただいた。

2016.09.01 Thu l 原爆症・低線量被曝検証 l コメント (0) トラックバック (0) l top