FC2ブログ
最近ある人から先の大戦に対する意見はどうかと尋ねられた。

①私は、「日本の軍部のみが悪かった」とは思えません。
開戦前には、欧米列国がアジアの殆どを植民地としていました。
米国と日本は、残されたシナ大陸の支配を巡って戦争をしたのだと思います。
②ルーズベルトは「不戦」を公約として、大統領に当選しました。
彼は米国民を騙して、戦争に参入して、数十万人の米兵を死なせました。
③スターリンは日ソ中立条約を破って、満州や日本領土を不法占領しました。
ロシアは現在でも、戦争で入手した日本領土を返還しようとしません。
④私は、「東条首相も誤りを犯した」と思います。
⑤「ハル・ノート」は実質的に、米国の日本への戦争布告状でした。
日本は「ハル・ノート」を受け入れるべきだったのでしょうか?
⑥少なくとも、日本がナチスの初戦勝利に惑わされず、欧州の戦争には不介入の立場を取っていれば、「ハル・ノート」まで至る事態に追い込まれなかったかも知れません。


1.先の大戦というと、中国侵攻以前の大日本帝国による韓国併合(台湾も植民地であった)を考える必要がある。
日本の朝鮮半島植民地支配~解放・南北分断 にまとめた。

2.日本の中国全土への侵攻についての世界情勢 満州事変~日中戦争
1933年の日本の国際連盟脱退
国際連盟創立以来の常任理事国として重きを占めてきた日本は、1931年の満州事変で、中国によって国際連盟に提訴された。国際連盟からはリットン調査団が派遣され、その報告書は日本の軍事行動を正当と認めず、また満州国が傀儡国家であることを事実上認めるものであった。連盟総会は 33年2月 24日 42対1 (日本) ,棄権1 (タイ) で同報告書を採択した。これに対して、松岡洋右全権以下の日本代表団は総会から退場し,国際連盟を脱退した。以後日本の外交は国際社会から孤立し、ドイツ=イタリアとの枢軸結成へと直進していくことになった。
出典 ブリタニカ国際大百科事典 小学館 日本大百科全書

最近日本人が知らない太平洋戦争の大嘘 藤井厳喜氏
太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、日米戦争を起こさせた。
などハルノートのことが言われているが、何か胡散臭い感じがして、これを読んでも自分の太平洋戦争の評価は変わらない気がして、実はよくしらないので調べてみた。

3.1.ハル・ノート Hull Note
1941年 11月 26日アメリカ国務長官 C.ハルが日本の野村,来栖両大使に手交した提案。太平洋戦争開戦直前に行われた日米交渉でアメリカ側から提示されたもの。
すべての国家の領土保全と主権の不可侵を原則として,日本の一切の陸海空軍兵力を中国、インドシナから撤収すること,チョンチン (重慶) の国民政府以外の中国におけるいかなる政府,政権も支持しないこと,日本,アメリカ,イギリス,オランダ,中国,ソ連,タイの7ヵ国の多辺的不可侵条約の締結,実質的に日独伊三国同盟を廃棄することなどを要求している。日本政府はこれを対日最後通牒とみなし,同 12月1日の御前会議はこれを受諾しがたいという結論を下し,アメリカ,イギリス,オランダに対する開戦を決定した。
2018.02.24 Sat l 歴史認識・外交 l コメント (0) トラックバック (0) l top
FB投稿 東京電力福島原発刑事訴訟 厚生裁判
津波対策をしなかったことは大きい罪です。さらに全電源喪失という事態に対して、過酷事故対応が全くできず1-3号機のメルトダウン、メルトスルーに至らせたことは、原発事業者としての義務を果たす能力を欠いた会社であったことで、その責任は重大です。①悪いと知りながら1号機の海水注入のストップ命令を出したこと。②1号機のメルトダウン後も冷却されていた2・3号機のベント、海水注入を遅らせ放射能の大量放出をもたらしたこと。住民の命より原子炉を守るためであったと思われるが、経産相命令に反している。
海水注入を拒んでメルトダウンに導いた東電

この投稿に対して新本均氏からコメントをいただいた。
1.残念ですが司法の領域で、厳正な判決をもとめるは、期待できません。
なぜなら、原子力基本法が、安全対策にたいして、何もしなくてよいという基本理念があるからです。
日本国憲法違反の「原子力基本法」であるから
それと、かれらには、刑事罰が科せられない法律がありますから
 最高裁番所においては、これら原発にかんする行政を、吟味して
東電、政府には、なんら刑事罰を課さない判決は、固いものと類推します。
あきらめてください。裁判をしても、何の意味もありません。
2018.02.23 Fri l 原発事故原因・避難権利訴訟 l コメント (0) トラックバック (0) l top
福島原発事故のメルトダウン原子炉、1-3号機の中で2号機の調査が比較的進んでいる。今までの発表から現状を整理する。
① 2017.2月報道
①1.福島第一原発二号機が引き起こしかねない地球規模の大惨事の可能性
①2.530シーベルトの衝撃 福島2号機、見通せない廃炉 朝日新聞 2017年2月3日
①3.福島2号機 原子炉に穴 格納容器で最大線量  2017/2/2 日経
①4.福島原発2号機「1分弱で死亡」の毎時530シーベルト 毎日 2018/2/2
①5.2号機格納容器推定650シーベルト・過去最高 読売 2017/02/10
①6.福島2号機、格納容器内650シーベルト? 作業中断  日経 2017/2/10
①7.福島2号機650シーベルト観測 除去作業を中断 毎日新聞2017年2月9日

② 2017.7月報道
②1.東電 2号機 格納容器の放射線量を大幅訂正 7月28日 NHK
②2.<福島第1.2号機>内部の最大線量毎時80シーベルトと訂正  河北新報

③ 2018.2月報道
③1.福島2号機格納容器内で最大8シーベルトの強い放射線測定 2018.2.1 NHK
③2.炉心直下は毎時8シーベルト 福島第1原発2号機 2018.2.1 東京新聞

① 2017.2月報道
①1.福島第一原発二号機が引き起こしかねない地球規模の大惨事の可能性
太平洋と米国への影響や如何?
February 12, 2017Japanese, Translations (翻訳:神学博士 川上直哉)
京大・大学院教授 竹本修三
2016年7月28日、東京電力(TEPCO)は、ミュオン宇宙線の透過を利用して、福島第一原子力発電所第二号機原子炉の画像を公開した。圧力容器の下部に180トンから210トン相当の物質の影が映っていた。TEPCOの出した結論は以下のとおりである。「二号機の核燃料は、そのほとんどが、圧力容器の中に残されていると推定される。・・・・
・・・・・しかしこの推定は最近覆された。燃料は図のようにた、圧力容器から格納容器へメルトスルーしていることがロボットカメラによって撮影された。
F12号炉メルトスルー図

①2.530シーベルトの衝撃 福島2号機、見通せない廃炉
朝日新聞 2017年2月3日
 炉心溶融事故を起こした東京電力福島第一原発2号機は、原子炉圧力容器の外側でも毎時530シーベルトという高い放射線量だった。人が近づくと死に至る強さで、調査用ロボットを入れる予定だった場所は高熱で穴が開いていた。想像を超える高い放射線量とひどい損傷で、廃炉作業の困難さが改めて浮かび上がった。
 2号機の内部では1月30日、溶け落ちた核燃料の可能性がある黒い塊が撮影された。東電がこの画像を調べた結果、内部の様子が明らかになってきた。
 原子炉圧力容器の底部には制御棒の駆動装置などの機器やケーブルが見える。機器や足場には、燃料や部品などが溶けて混じり合ったとみられる黒っぽい物質がこびりつき、水がしたたり落ちていた。
 東電によると、毎時530シーベルトという放射線量は運転中の原子炉圧力容器内と同程度の放射線量にあたるという。これまでは事故後の2012年、2号機の格納容器内で毎時73シーベルトが観測されたのが最高だった。
 専門家が注目するのは、530シーベルトという値が、原子炉圧力容器を支える円筒状のコンクリートの外側で推定された点だ。溶け落ちた燃料が原子炉圧力容器の直下だけでなく、広範囲に広がっているのではないかと危惧する。
 米スリーマイル島原発事故の解析をした、社会技術システム安全研究所の田辺文也所長は「溶けた燃料が原子炉圧力容器から落ち、大量に外に出ている可能性がある」と話す。
 東電は廃炉にかかる期間を30~40年とし、溶け落ちた燃料の取り出しを21年に始めるとしてきた。燃料の取り出し方法もまだ決まっていない。田辺さんは「溶けた燃料がどこにどれだけ、どんな形であるかも分からない。ロボット調査も見直す必要がある。廃炉の作業はさらに時間がかかる」と話す。(香取啓介、佐々木英輔)
福一2号機530Sv

①3.福島2号機 原子炉に穴 格納容器で最大線量
2017/2/2 日経
 東京電力は2日、福島第1原子力発電所2号機内のカメラ調査で、原子炉の下に推定毎時530シーベルトの極めて高い放射線量の場所があることがわかったと発表した。また原子炉の下にある作業用足場の金属格子に1メートル四方の大きな穴が開いていることも明らかにした。原子炉内の核燃料が溶け、格納容器の中に落下したのはほぼ確実だ。原子炉直下の足場となる格子に1メートル四方の穴が開いていた(東京電力提供)
 東電は1月下旬、2号機の原子炉(圧力容器)の下にカメラを入れ、内部の様子を撮影した。画像には放射線の影響で乱れが生じており、そこから撮影場所の放射線量を見積もった。
 毎時530シーベルトの放射線は、人間が1分足らず浴びれば確実に死亡する高線量。これまで2号機で測定された最大の放射線量である毎時73シーベルトを大きく上回った。

①4.毎日
格納容器内の映像解析で推定 1メートル四方の大きい穴も
 東京電力は2日、福島第1原発2号機の格納容器内部で撮影した映像を解析した結果、グレーチング(金属製の格子状足場)に穴が2カ所見つかり、内部の放射線量は最大毎時530シーベルト(推定)だったと発表した。第1原発事故で観測された線量としては最大。

①5.読売
 東京電力は9日、福島第一原子力発電所2号機の原子炉格納容器内で、毎時650シーベルト(速報値)の高い放射線量が推定される場所が見つかったと発表した。
 カメラの映像のノイズから分析した。1月末の映像から推定した530シーベルトを上回り、過去最高の線量を更新した。東電は今後の調査方法を慎重に検討する。
 毎時650シーベルトは、人間が30秒ほどの被曝ひばくで死亡する恐れがある線量で、炉心溶融(メルトダウン)で原子炉圧力容器から落下した核燃料が関係していると考えられる。推定値には上下30%程度の誤差があるという。
 この日は溶融燃料の調査に向けた準備として、掃除用のロボットを格納容器内に投入した。しかし、累積で1000シーベルトの放射線被曝に耐えられる設計のカメラの映像が暗くなってきたことなどから、約2時間で作業を中止した。
2号機読売650

①6.日経
 東京電力は9日、福島第1原発2号機の格納容器内部に堆積物除去ロボットを投入したところ、強い放射線の影響で作業を中断したと発表した。作業途中でカメラが故障した。画像の解析から一部で空間線量が毎時650シーベルトと推定される場所があり、カメラが耐えきれなかったとみている。
 堆積物は厚さが最大で2センチメートルほど積もっている。溶け落ちた核燃料の広がりを調査するサソリ型ロボットの邪魔になるため、高圧の水で除去する計画だったが、一部を除去したところで作業を中断した。しかしサソリ型ロボットの調査を邪魔する大きな障害物はないという。東電は2月中としている投入時期について「今のところ、大きく変えない」と説明している。
 作業は午前5時ごろに始めたが、ロボットに取りつけたカメラの画像が暗くなり、予定よりも約3時間早い午前9時ごろに打ち切った。東電は「放射線の影響が大きい」と説明した。
 放射線による画像の乱れから線量を推定したところ、毎時650シーベルトの場所があった。2日のカメラ調査で推定した毎時530シーベルトを上回った。炉心から溶け落ちた核燃料によって高い線量になっている公算が大きい。カメラは累積で1000シーベルトまで耐えられる設計になっている。

①7.毎日新聞
 東京電力は9日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器の内部調査に向け、自走式の「掃除ロボット」による堆積(たいせき)物の除去作業を再開した。搭載したカメラ画像を分析した結果、格納容器内の空間線量は毎時650シーベルト(推定)だったと発表した。先月に観測した毎時530シーベルト(同)を上回り、過去最高を更新した。

2018.02.11 Sun l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top