FC2ブログ
Age distribution of thyroid cancer is an important topic to evaluate the possibility of radiation induced thyroid cancer in Fukushima because comparison of age patterns after exposure in Fukushima and Chernobyl is often used as a criterion of radiation induced thyroid cancer.
S. Suzuki et al. for the Fukushima Health Management Survey (FHMS) concluded that the high prevalence of childhood thyroid cancer detected in the first four years in Fukushima can be attributed to mass screening.1 One reason for this was a striking discrepancy in age distribution of cancer patients in Fukushima within 0-3 years following exposure versus similar data in Ukraine 4-7 years after exposure.2 Their circuitous comparison seems to be because they consider thyroid cancer patients detected during latency period in Chernobyl were not due to radiation. On this assumption, thyroid cancers detected in Fukushima in 0-3 years after exposure can never be radiation induced, as FHMS names the first thyroid examination “Preliminary Baseline Screening”.3 This idea is widely spread and adopted in IAEA 2013 report: thyroid cancers in Fukushima are unlikely to be radiation induced because no case was found in the age of 0–5 years at exposure. 4

They did not argue that thyroid cancers found in Fukushima are not radiation induced because cancers were found in latency (A in Figure), but they took a more circuitous way (B): Because the age pattern of thyroid cancers in Fukushima in 0-3 years after exposure is different from the one of radiation induced cancer of Ukraine in 4-7 years, thyroid cancers in Fukushima in 0-3 years are not radiation induced. The criterion B for radiation induced thyroid cancer seems to be a kind of trick (deception) because it is equivalent to a criterion that thyroid cancers diagnosed in 0-3 years are not due to exposure. FHMS had this conclusion from the beginning of thyroid examination.

Latency period of radiation induced thyroid cancer may distribute and depend on the extent of exposure and patient’s age. Thyroid cancer cases growing quickly in sensitive children of high dose may contribute cases in 0-3 years after exposure. The striking similarity between age patterns during 4 years after exposure in Ukraine and in Fukushima2 suggests similar character of thyroid cancer in both areas.

Those younger than five years at exposure were considered to have the highest risk for thyroid cancer in Ukraine.2 This is not correct because the average numbers of patients per age during 4-7 years for ages 0-4 and 5-18 at exposure were 14.2 and 23.1 cases, respectively. (FIG. 1) The former is 60 % of the latter. Age distributions of thyroid cancer patients after Chernobyl accident are different in three countries, and this shall be examined next. 448

記事を書く前に重要参考リンクを記録しておく。
参考リンク
「福島の甲状腺癌について」福島県立医大鈴木眞一氏国際会議での英語による説明
2016年9月開催「第5回福島国際専門家会議」 S. Suzuki'Correspondence information about the author S. Suzuki
Childhood and Adolescent Thyroid Cancer in Fukushima after the Fukushima Daiichpermalink.phpi Nuclear Power Plant Accident: 5 Years On S. Suzuki Clinical Oncology 2016
Childhood Thyroid Cancer in Belarus, Russia, and Ukraine after Chernobyl and at Present YURI E. DEMIDCHIK, VLADIMIR A. SAENKO, SHUNICHI YAMASHITA
Age Distribution of Childhood Thyroid Cancer Patients in Ukraine After Chernobyl and in Fukushima After the TEPCO-Fukushima Daiichi NPP Accident
Mykola D. Tronko,1 Vladimir A. Saenko, Victor M. Shpak,1 Tetiana I. Bogdanova,1 Shinichi Suzuki,3 and Shunichi Yamashita
山本太郎事務所編集】2017.4.14復興特別委員会「1082人の甲状腺がんについて」
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=601566686853048&id=100009991655041&pnref=story
全国で増える「甲状腺の悪性腫瘍」患者
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=601389110204139&id=100009991655041&pnref=story
福島・甲状腺がん196人〜「学校検診見直し」検討へ
投稿者: ourplanet
経過観察問題(3):福島県は、《県民健康調査の甲状腺検査で「経過観察」となった2523人の子どものうち「悪性ないし悪性疑い」が発見された症例数を明らかにする義務もなければ、症例数を把握する鈴木眞一教授らの研究プロジェクトとも関わりはない
子ども甲状腺がん基金の崎山比早子さんの講演
多発する小児甲状腺がん、20ミリシーベルト帰還の人権侵害
福島原発事故東電元幹部刑事訴訟第4回公判・崎山比早子講演
甲状腺がん、福島県外の子どもらに重症化傾向 
毎日新聞2018年3月1日
2018.03.11 Sun l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top
世界史の窓 日本の朝鮮植民地支配 より要約
1910年の韓国併合から1945年の日本敗戦までの35年間、日本は朝鮮半島を植民地支配した。

 1910年の韓国併合から、1945年の日本降伏まで、朝鮮半島は35年にわたって日本の植民地として支配された。
この間、日本は漢城を京城(現在のソウル)と改称して朝鮮総督府を置き、現役の陸軍大将を総督として植民地支配を行った。朝鮮総督府は、土地調査事業と称して土地所有権の確定作業を進め、広大な土地を国有地として没収し、日本人の官僚や企業家に払い下げた。このように日本の朝鮮半島支配は、重要な米穀などの食糧資源と労働力の供給地として位置づけてたところに重点があったのであり、日本資本主義の成長を支えるための植民地支配であった。
 その35年にわたる植民地支配は、1910年代の武断政治の段階と、1919年に勃発した三・一独立運動を期に、1920代に続いた文化政治の段階、そして1940年代の戦時下の軍政時代の凡そ三期に分けることができる。

武断政治
 朝鮮総督は天皇に親任される現役の陸海軍大臣が任命された。実態は憲兵隊司令官が憲兵を指揮して、治安維持のみならず、戸籍管理や農政まで取り扱うという憲兵政治であった。また、朝鮮人自治は認められず、言論・思想信条の自由・集会・結社の自由も認められていなかった。

三・一独立運動と文化政治への転換
 1919年に世界的な民族自決の気運の高まりをうけ、三・一独立運動が起こった。ソウルで独立宣言の発表へと盛り上がったが、日本の植民地当局は直ちに弾圧に動き、本国の原敬内閣は軍隊を派遣してこの独立運動を鎮圧した。日本政府はそれまでの武断政治を改め、文化政治といわれる路線に転換した。しかし実際は日本人警察官による監視、日本語教育の徹底など、朝鮮を日本国内と同じにするという政策であった。

植民地支配の強化
 1930年代には、満州および中国本土への日本軍の侵出拠点としてその統治は強化された。1940年代の戦争の時期になると、日本は朝鮮に対する皇民化政策を推進し、創氏改名や国内の労働力を補うための朝鮮人強制連行や慰安婦の徴発が行われた。1944年からは朝鮮においても徴兵制が施行された。

朝鮮人の強制連行
 1939年~45年までの間の朝鮮から日本本土に労働者の強制徴用を行った。この間、朝鮮から日本本土に強制徴用された労働者は推定72万に達している。また中国からも約4万人が主として華北から日本本土に移送された。「募集」や「官斡旋」で連れてこられたことになっているが、その実態は拉致と同じだったケースが多い。彼らは炭坑、鉱山、土木工事などで従事させられ、労働条件は劣悪であった。脱走や暴動も起こったが、、こうして朝鮮人6万余人、中国人7千人が死亡したと言われる。

朝鮮の解放
 第二次世界大戦中の1943年11月の米英中首脳のカイロ宣言では、「朝鮮は、適当な時期に独立すべきであること」とされていたが、1945年に入り、米ソの思惑で、朝鮮の独立の時期について先延ばしされ、1945年8月15日、日本の無条件降伏で、35年にわたる朝鮮植民地支配が終了した。朝鮮の人々は、この日を光復節として祝ったが、日本軍と入れ替わりに、南部にはアメリカ軍が、北部にはソ連軍が進駐。こうして、米ソがにらみ合う中、朝鮮の分断は次第に固定化され、1948年に南の大韓民国と北の朝鮮民主主義人民共和国という分断国家として独立することとなった。
2018.03.07 Wed l 歴史認識・外交 l コメント (0) トラックバック (0) l top