FC2ブログ
子規と漱石、吟行の道 松山市 杖にすがって「最後の帰省」
より転載 2018.6.9 朝日新聞
子規は帰路、広島、大阪に立ち寄り、29日、奈良で史上最も有名な一句をものす。
《柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺》 の子規、 この句はどんな風に詠まれたのか・・・

 杖をついて、ではない。杖にすがるようにして、若い男がゆっくりと愛媛・道後温泉駅に降り立った。動きが緩慢なのは、結核で体が衰えているためだ。

 ヘルメットをかぶり、ネルの着流し。痩せた腰に巻いた白縮緬(ちりめん)の兵児帯(へこおび)が今にもずり落ちそうだ。仲間の男が連れ添い、二人で宿屋がひしめく通りを抜け、道後温泉本館に入る。前年に建て替わったばかりの三層楼の望楼で一句。

《柿の木にとりまかれたる温泉哉(いでゆかな)》

 男は松山城下に生まれた正岡子規。新聞「日本」の記者で、俳句革新の先導者として俳壇で知られる存在になっていた。連れは夏目漱石。この春から愛媛県尋常中学校(松山中学校)の英語教師を務めていた。二人の満年齢はともに、明治の年数と同じだ。
2018.06.11 Mon l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top