FC2ブログ
Fukushima: “An Ongoing Global Radiological Catastrophe”. “A Huge Coverup”.
Transcript of 8th anniversary interview with Dr. Helen Caldicott
より転載

福島第一原子力発電所の1・2・3号機メルトダウンーメルトスルーの8周年記念日
主流のメディア界ではほとんどコメントなしで過ごした。
継続的な放射能汚染にもかかわらず
今後の生涯にわたって人の健康が広がり続け、脅かされるにもかかわらず
他の話が国際的なニュースサイクルを支配している。
気候変動の問題は、深刻かもしれないが
明らかに存在している他のすべての環境上の危険を覆い隠しているようです。

この歴史的な出来事を正常化し、その規模を隠蔽するための努力の一環として、日本政府は
東京で1年のうちに行われる予定の「復興オリンピック」に充てるために、莫大な財政、広報および他のリソースへ投資した。
しかし、ヘレン・カルディコット氏は、福島に関連する危険性は消え去っておらず、懸念の原因となっていると警告してる。
福島
The eight year anniversary of the triple meltdowns at the Fukushima Daiichi nuclear facility passed mostly without comment in mainstream media circles. In spite of ongoing radiological contamination that will continue to spread and threaten human health for lifetimes to come, other stories dominate the international news cycle. The climate change conundrum, serious though it may be, seemingly crowds out all other clear and present environmental hazards.

As part of efforts to normalize this historic event and cover it up in its magnitude, the Japanese government has invested considerable financial, public relations and other resources into what they are billing the ‘Recovery Olympics‘ set to take place in a year’s time in Tokyo.
2019.04.12 Fri l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top