福島第1原発 「国民性が事故拡大」 英各紙、国会事故調報告に苦言 yahoo news

産経新聞 7月8日(日)7時55分配信

 【ロンドン=内藤泰朗】東京電力福島第1原発事故の国会事故調査委員会が5日に最終報告書を提出したことについて、英各紙は日本文化に根ざした習慣や規則、権威に従順な日本人の国民性が事故を拡大させたとする点を強調し、「日本的な大惨事」に苦言を呈する報道が目立った。

 ガーディアン紙は「フクシマの惨事の中心にあった日本文化の特徴」と題した記事で報告書の前文を引用し、島国の慣習や権威に責任を問わない姿勢が事故原因の一端にあるとする報告書の内容を伝えた。6日にも「文化の名の下に隠れるフクシマ・リポート」と題した記事で、
「重大な報告書と文化を混同することは混乱したメッセージを世界に与える」
と批判した。

 一方、「非常に日本的な大惨事」との見出しで報じたタイムズ紙(6日付)も
「過ちは日本が国全体で起こしたものではなく、個人が責任を負い、彼らの不作為が罰せられるべきものだ。集団で責任を負う文化では問題を乗り越えることはできない」
とコメントした。

 「文化の名の下に隠れるフクシマ・リポート」を作成した国会事故調は、まさに指摘する日本文化から脱することが出来ず、自らは意識しないかもしれないが、事実を捏造して、原因究明に失敗した。
この作業は日本のためのみならず、世界が学ばなければならない教訓を引き出す使命があったのに。
 
2012.07.08 Sun l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/100-35cf319c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)