我が家の太陽光発電(2)

前々から関心はあったが、原発事故で思い切って太陽光発電を導入することにした。

屋根のパネル工事をしてもらって、5月から我が家の太陽光発電が始まった。
果たして電気が自給自足できるか?
1.楽しいこと
 台所のリモコンに消費量、発電量、売電・買電量が時々刻々表示される。
 発電量が消費量を上回る時、青ランプが点灯するので気持ちがよい。
 晴れの日は青ランプで、雨にはオレンジ(買電)に

 発電 2.12KW 消費 0.23KW で 1.89KW 売電中
 発電 0.26KW 消費 0.19KW で 0.07KW 売電中

曇りの日は節電すれば、太陽光発電内(青)でやっていける。
 
2.節電できる
昼間太陽光発電以下でやっていこうとこまめに電気を消すようになる。
あえて夜電気を使って起きているより、早朝は明るいので、早寝早起きするようになった!!

3.まだ10日あまりで電気が自給自足できるのかどうかわからない。
一日、日ごと、月別のデータが見られるので
梅雨は駄目だろうな、夏は沢山発電してくれるだろう・・をみていきたい。

4・原子力発電安全神話が崩壊し、原発事故以来今後のエネルギーをどうしていくのかが大きい課題になっている。太陽光発電が全家庭・全事業所で行われたとしても天候によって変動するエネルギーでどの程度助けになるのかわからない。
でも真夏、電気の使用量がピークになる時、太陽光発電量もピークになるはずだから、平均すれば家庭用電気を太陽光発電でまかなえるのだから、大きい助けになるはずである。

 蓄電機能の向上や、電気をやり取りしやすい送電システムなど・・・・
 真剣に取り組んでよい成果が得られるように切に望む。

ピンチをチャンスに!!

2011.05.15 Sun l 太陽光発電 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/12-dfcc06a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
太陽光発電システムを設置するとこんなにいいことが! ・温室効果ガスを出す火力発電、事故のダメージが大きい原子力発電を減らし、エコな生活ができる。 ・電力会社の電気の使