47NEWS【ジュネーブ共同】より転載
 全ての国連加盟国を対象に人権状況を審査する人権理事会の「普遍的審査」制度に基づく対日作業部会が31日、ジュネーブの国連欧州本部で開かれた。約80カ国が質問。

旧日本軍の従軍慰安婦問題については韓国、中国、北朝鮮が「日本は誠意ある対応を取っていない」などと批判した。
2012/11/01 01:35 【共同通信】

慰安婦、中朝韓が批判 国連人権理で対日審査 産経新聞2012/11/01 より転載
 慰安婦問題に関し、オランダが日本の教科書での記述がなくなったと指摘。韓国は「法的責任を認識し、被害者が納得する措置を取るべきだ」と強調した。

 日本側は補償問題などについて「解決済み」との見解を繰り返した。

日経2112/11/01より
 人権理の普遍的審査は既に全加盟国を対象にした1巡目が終わり、日本を対象にした作業部会は2008年に続き2回目。従軍慰安婦問題については前回も韓国・北朝鮮のほか、フランスとオランダが日本の対応を批判していた。
(共同)(東京新聞 2012年8月24日 12時56分)
転載終了

米国も従軍慰安婦ということは不幸にしてあったという認識
日本の主張は世界に受け入れられることがなく、人権を尊重しない国と見られ、歴史認識のない国という中国・北朝鮮・韓国の主張が支持されるのではないだろうか?





従軍慰安婦問題を認めた河野談話が誤りで、日本軍のやったことではないという議論がある。

以下kojitakenの日記 より
 安倍内閣2007年の答弁書は「政府が発見した資料には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」としている。
 ただ安倍氏は答弁書や、これに先立つ自身の発言をめぐり中韓両国や米国の批判を受け「誤解され伝わったのは遺憾だ」と釈明、河野談話を継承する立場を強調している。


47NEWS 続き
 今回の作業部会の前日30日には非政府組織(NGO)主催の会合が開かれ、東京電力福島第1原発事故で警戒区域となっている福島県双葉町の井戸川克隆町長が発言。31日の作業部会ではオーストリアが「福島の子供たちの人権に配慮するよう求めたい」と訴えた。

2012.11.02 Fri l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/124-faf3c675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)