小沢一郎「国民の生活が第一」代表の強制起訴による控訴審でも無罪となった。
小沢氏、国民生活・・どとらも好きではない。しかし
もともとこの事件は検察による捏造ではないかと疑ってきたので、当然の判決と思う。

小沢氏が民主党代表時、民主が政権をとろうとする直前、検察が権力を利用して政治の流れを変えようとした事から始まった。マスコミも誇大報道、国民も小沢嫌いをあおられた結果のように思う。

そもそも政治資金規正法は、政治家が団体・個人から政治資金をもらった際、その団体・個人に便宜をはかり、有利な政策を支持することを規制することにあったはず。

ところが現状では、検察・権力側がある政治家を攻撃し力を殺ぎたいと思ったら、徹底的に調べればいつでもどこかに違反事件を見つけられる。擁護したい勢力は守られる。

厚生労働省の現職女性局長・村木厚子氏を逮捕・起訴した「村木裁判」で、村木氏の共謀を裏付ける関係者の供述調書が検察官の強引な誘導によって作成されたものであり、主任検事が証拠改竄で逮捕!されたことと共通する検察の体質を示している。

”犯人はいつでもでっち上げられる”という検察は恐ろしい!!

そういえば16万人が避難生活を余儀なくされている原発事故で、東電に警察・検察がはいったということは聞かないな~~


小沢代表無罪 検察の“闇”を調べよ 東京新聞社説2012/11/13
は問題点を的確に指摘している。
2012.11.13 Tue l 政治 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
あの村木さんの件では、検察の恐ろしさを目の当たりにしました。
ご多分にもれず、小沢さんの政治指導にはついてゆけませんし、ビジュアル的(笑)にも大嫌いですが、この問題は全く別物です。
検察の闇は奥に深くて、国民は太刀打ちできません。

解散ですね。
民主党は、一度も結束しないまま分解の憂き目にあいますね。
石原氏の支離滅裂さも嘆かわしいですが、それに吸い寄せられたい輩たちには、政治家としての誇りが皆無なのが悲しいです。
2012.11.16 Fri l domani. URL l 編集
コメントありがとう
domaniさま、コメントありがとうございます。
おっしゃり通り大賛成です。
このやり難い世の中
野田さんが右傾していても
再稼働を認めたとしても
国民の意見を聴いて
原発ゼロを
長期に目指すというのはたいしたものです。

一人より二人、三人と
良い政党というのではなくマシな政党
ましな政治家を選ぶように
政権党にプレッシャーをかけられるように
何かできないでしょうか?
2012.11.17 Sat l natureflow. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/127-cb15d669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)