衆院選がきょう公示された ”政治に魔法の杖はない”から考える
毎日新聞社説2012年12月04日より
以下抜粋転載
 衆院選がきょう公示される。戦後初の本格的な政権交代への熱気をはらんでいた3年前とは違って、いま日本を覆っているのは既成政党への失望感と、政治そのものへの幻滅である。だが、政治不信が政治に対するシニシズム(冷笑主義)につながってはならない。少しでも世の中を良くし、社会を一歩ずつでも前に進めていく政治をこの国に根づかせるためにはいったい何が必要なのか。それをじっくり考える機会にこの選挙をしたいものである。

◇未来を変える一歩に
 まず確認しておきたい。この選挙は昨年の東日本大震災以降初の衆院選だということである。
震災後の政治は復興に向け必死に努力している被災地と被災者、故郷に帰れずにいる人たちに、希望を与えるものであったか。その審判を仰ぐべき衆院選であるとの自覚を、どの政党も候補者も持ってもらいたい。

 私たちがこの3年間で学んだのは、政権さえ代われば社会は良くなるというのは幻想で、そんな魔法の杖(つえ)はないという事実だ。確かに、政党乱立の衆院選の背景には政権交代への幻滅がある。だがその幻滅が、権力のありかを変えればすべてが良くなるという新たな幻想にすり替わるだけでは、また同じことの繰り返しである。

 マックス・ウェーバーの言うところの、政治「によって」生きるのではなく政治「のために」生きる政治家が誰なのか、それを見極めることがこの選挙では重い意味を持つだろう。

2012.12.04 Tue l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/133-907ecda8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)