原子力および放射線防護に関する国際機関の概要を調べた。

ICRP勧告と基準値の考え方 より
放射線防護の国際的枠組み

ウィキペディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/ より
UNSCEAとは?
原子放射線の影響に関する国連科学委員会(英: United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation)は、放射線被曝の程度と影響を評価・報告するために国連によって設置された委員会である。
1950年代初頭の冷戦下、核実験の放射性降下物などによる被曝の懸念から核爆発の即時停止を求める提案をかわす意図もあって、第10回国際連合総会にて電離放射線の程度と影響の情報の収集と評価するための委員会を設置する提案が承認されて設置された。事務局はウィーンにある。報告書「Sources and Effects of Ionizing Radiation」は、国際放射線防護委員会(ICRP)の基礎資料としても用いられている。

ICRPとは?
国際放射線防護委員会(英: International Commission on Radiological Protection)は、専門家の立場から放射線防護に関する勧告を行う民間の国際学術組織であり、イギリスのNPOとして公認。助成金の拠出機関は、IAEAなどの原子力機関、世界保健機構、国際放射線防護学会など。放射線リスク欧州委員会はIAEA、ICRP、UNSCEAR間で人員が重複している事を指摘している。

IAEAとは?
国際原子力機関(こくさいげんしりょくきかん、英: International Atomic Energy Agency)は、国連傘下の自治機関であり、原子力の平和利用を促進し、軍事転用されないための保障措置の実施をする国際機関である。本部はウィーンにある。
2013.01.17 Thu l チェルノブイリ放射線障害 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/155-9db9105c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)