福島の復興は進まず、原発再稼動への議論も当たり前のごとく聞き流してしまう風潮
福島を風化させてはならないと思う時、このブログにであったので紹介

「中下大樹さん」というお坊さんが福島で生きる人々の声を聞き、ブログで紹介しているもの
http://ameblo.jp/inochi-forum/entry-11371009393.html
福島で必死に生きる人々の生の声を、了承を得た方のみですが、ツィッターで呟いています。
福島県民200万人の中のごくわずかに過ぎませんが・・・
https://twitter.com/nakashitadaiki

以下上記ブログより一部転載させていただく
-------------------------------------------------------------------------------
福島市の仮設・80代の女性「除染なんて、私達が若いころ(戦時中)、強制的に竹やりを持たされて鬼畜米兵と言わされていたのと本質的には同じ。小手先だけの対応で、何の意味もないことは皆、分かっている。でもそれを声に出すと、非難される。同調圧力だよ」
-------------------------------------------------------------------------------
福島の仮設・20代女性「子どもがいるので被ばくについて勉強したいと思い、県内の講演会等に行くようにしている。しかし偉い先生の講演会は、「放射線量はほとんどゼロ」「内部被ばくなどない」「福島は大丈夫」ばかり。正確な情報が、手に入らない。それを声に出すと、さらに非難される」
-------------------------------------------------------------------------------
南相馬市50代女性「私は最近、放射能より、人間の方が怖いと思う時がたくさんあります。ここ福島では、放射能の話をするだけで、圧力がかかる雰囲気が一部に蔓延しています。命がけで、放射能の問題を意図的に考えないようにしている人がいっぱいいる。一種の思考停止状態。それは自分を守るため?
-------------------------------------------------------------------------------

2013.02.03 Sun l 放射能・除染 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/157-17650ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)