福島の子どもに甲状腺癌が3人見つかり、すでに手術も完了との報道があった。
事故後2年を待たず子どもに甲状腺癌が発生していることは重大事。
原発事故放射能被害について報道しないNHKと読売新聞は論外
福島県の甲状腺がん3人、 疑い7人を報道しないNHKと読売新聞
 

読者に伝えるべき情報の内容から順位をつけると
1位 福島子ども調査:甲状腺がん、新たに2人 毎日新聞 2013.2.13より
情報を正確に伝えたうえで、県民健康管理調査の検討委員会の発表の意味を解説し
否定的見解を参考として加えている点がよい。
 福島県が行っている子どもの甲状腺検査で、新たに2人が甲状腺がんと診断されたことが昨年9月に判明した1人と合わせ計3人になった。他に7人に甲状腺がんの疑いがあり、追加検査を行う。
同検討委は原発事故の影響について否定的見解を示したが、
「断定も否定もできない」と話す専門家もいる。

 甲状腺がんと判明した3人は手術を終え、
7人は細胞検査により約8割の確率で甲状腺がんの可能性があるという。
7人の確定診断は今後の手術後などになるため、最大10人に増える可能性がある。


2位 福島の18歳以下の甲状腺がん、計3人 2013.2.13産経ニュース
情報は正確、新聞社の意見・コメントなし

最下位甲状腺がん3人、7人疑い 朝日新聞2013.2.14
 福島県は13日、東京電力福島第一原発事故の発生当時に18歳以下だった3人が甲状腺がんと診断され、7人に疑いがあると発表した。
チェルノブイリ事故では、被曝から最低4~5年後に甲状腺がんが発生しており、県は「総合的に判断して被曝の影響は考えにくい」と説明している。

完全に県民健康管理調査の検討委員会の受け売りであるにもかかわらず、
被曝から最低4~5年後に甲状腺がんが発生しており、
と朝日新聞の見解であるかごとき表現で、福島県の発表を支持しているのは
報道機関として失格だろう。

2013.02.20 Wed l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/166-94ebf68e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)