福島県の子どもの甲状腺検査で3人が甲状腺癌、7人に疑いがあると発表され
チェルノブイリをはるかに上回る小児甲状腺癌に発病が危惧される。

第10回「県民健康管理調査」検討委員会から「甲状腺検査」の実施状況及び検査結果が発表されている。(平成25年2月13日開催)

H23年38114人、H24年94975人、計133089人が検査された。
表から(A2)5.0㎜以下の結節や20.0㎜以下の嚢胞を認めたものの人数が%が多く
35.3%から43.6%に増加している。
甲状腺2412412
クリックすると大きくなります

H23H24年度の年齢区分、性別、年度による判定割合を見ると
1.(A2)5.0㎜以下の結節や20.0㎜以下の嚢胞を認めたものがすべての年齢で増加
2.(B判定)5.1㎜以上の結節や20.1㎜以上の嚢胞を認めたものすべての年齢で増加
3.(C判定)甲状腺の状態等から直ちに二次検査を要するものがH24年に1人
3.(C判定)は16~18歳、18歳以上にも甲状腺癌の危険が大きいのではないか。
   健康検査を広い年齢層に広げる必要がある。

甲状腺2421
クリックすると大きくなります

福島で残念ながら、甲状腺異常が着実に増えている。
2013.02.25 Mon l 福島甲状腺がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/170-948da67d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)