避難者帰還へ線量ごとに安全指針…政府が年内に 2013年3月11日04時14分 読売新聞

 政府は、東京電力福島第一原子力発電所事故による避難者の帰還に向け、放射線の年間積算線量に応じた安全指針をつくる。

 震災後、当時の民主党政権が年間積算線量を1ミリ・シーベルト以下に下げるとした長期的な除染目標が事実上の安全基準と受け取られ、帰還の障害となっているためだ。
国内外の有識者の意見を踏まえて原子力規制委員会が考え方をまとめ、政府が年内に取りまとめる。

 政府は2014年春にも、避難指示区域のうち年間積算線量が20ミリ・シーベルト以下の「避難指示解除準備区域」への帰還を認める方針だ。
避難指示が解除されれば住民は帰還できるが、「1ミリ・シーベルトでないと安全ではなく、帰れないという感覚が被災者に生じている」(政府関係者)のが現状だ。

 政府は長期的な目標として1ミリ・シーベルトの除染基準は維持する。一方で新たな指針は、年間積算線量が5ミリ・シーベルトや10ミリ・シーベルトなど、線量の段階ごとに、安心して生活するために必要な対応策を示す。

更に読売は言う。国際放射線防護委員会ICRPは
年間積算線量が100ミリシーベルトまでなら健康への明確な影響は検出できないとしている。
ICRPは原発推進のための機関だが、積算線量100ミリシーベルトであって、年間積算線量ではない。
年間100ミリシーベルトだと、5年間で500ミリシーベルト、10年で1000ミリシーベルト、とんでもない!!
読売は住民を汚染地域に戻したくて、こんな歪曲をするのでしょうか?
人間の命よりも原発大好きの読売さん、はやる気持ちでこんな記事を書く読売は人命を軽んじる犯罪者
原発推進のICRPもあっと驚くことでしょう。
2013.03.13 Wed l 福島放射能健康影響 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/174-283596ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)