馬渕澄夫「不易塾日記」へのコメントを投稿 
復興財源に増税は誤り の記事に対して

まぶち氏へのコメントに
”民主党総裁選、応援いたします。
今回の総裁選で馬淵氏が勝てなかったら、民主党はその存在すら国民から許されなくなると思って背水の陣で頑張ってください。”
があったので総裁選の有力?候補らしい。

民主党を支持し菅首相の震災・原発事故に対する対応を高く評価してきたものです。
馬淵氏の考えを知り、奈良県民として民主党に投票してもよいものか、多いに失望しました。

「百年に一度、あるいは千年に一度の地震や津波による都市の消失、社会資本の喪失は長い年限での償還を前提にすべきだ。」とのことですが
今日本列島活動期に入っていて、近未来にこれを上回る地震だってありうるし、それに備えなければならないのです。千年前に起こったから、これから千年後に起こるとは限りません。

国民は復興のための臨時増税に過半数が賛成しています。(日経8月1日)
皆大変だけれどより大きな困難にある人たちを助け、日本の復興を達成したいと思っているのです。
これだけの判断をもつ国民の高いモラルを評価せず、100年償還の国債???
などというたわごとを、政権にある民主党員が言う。あきれ果てます。

自民党の安倍元首相も、増税は景気を悪くするからいけないとか言っていたようですが。
それでなくても国債発行額は危機的状況にあるのではありませんか。
増税しないで、借金を将来の子どもに残し、東北震災・津波と原発事故からの復興ができる???
などというたわごとはやめてください。

原発事故は幸いにしてこの程度に収まったという見方が必要です。菅首相の機敏な対応、東電への強力なベント、海水注入の指示、東電社員の第一原発からの撤退をストップしたこと、これらがなければ、今頃東京は福島になっていたことでしょう。

そのことを評価せず、菅首相を辞めさせようとする民主党員が多いこと、いったい何を考えているんだ!!
怒りで一杯です。
2011.08.04 Thu l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/20-51a73c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)