原発事故の深刻さ認めず再稼働に突き進む自民党
植草一秀の『知られざる真実』2013年6月22日より抜粋転載
↑を読んでください。

自民党の高市早苗政調会長が6月17日の講演で原発の再稼働について、
「東京電力福島第一原発事故で死者が出ている状況ではない」と発言、
高市氏は18日に、発言そのものを撤回した。

東京新聞の本年3月11日報道記事の見出しは、
「原発関連死789人 避難長期化、ストレス 福島県内本紙集計」
である。原発関連死が福島県内だけで789人に達していることがすでに報道されている。

「福島第一原発事故を受けた県の県民健康管理調査検討委員会の報告によると
18歳以下で甲甲状腺がんの診断が確定した人が9人になり、
「がんの疑い」が15人になった。

「現時点で、放射線の影響とは思えない」との見解には根拠がない。
福島県在住の子どもたちに、甲状腺異常、甲状腺がんの発症が増えているという「事実」が重要。
2013.06.25 Tue l 福島放射能健康影響 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/203-dbc8934b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)