日本の外交の孤立は、6カ国協議の中でも際立っている。なぜ↓を読んでください。

日本の首相のあまりに無神経な振る舞い、世界を怒らせる
【 731部隊の陰惨な記憶を呼び覚ます日本の首相 】

日本人が知らない『外交的孤立』: なぜ今、世界の外交舞台で、対日感情が悪化しているのか?
マックス・フィッシャー / ワシントンポスト 5月18日 より翻訳
安倍首相は欧米各国の記者たちとのインタビューにおいても、日本が近隣のアジア諸国を侵略・占領した事実について、『侵略』ではないという奇怪な認識を示しました。

常に論争の絶えない靖国神社を今年参拝した、自民党の要職にある議員3名は安倍首相からの供物を持参していました。靖国神社には、第二次世界大戦における戦争犯罪者も合祀されています。

安倍首相は以前、第二次世界大戦中に日本軍がアジア各地の女性に「従軍慰安婦」として、実質的に売春行為を強制され、性的奴隷として扱われていたという歴史認識に対し、異議を唱えたことがあります。
現在でもその考えを支持する政治家が、日本国内には複数存在します。
2013.07.12 Fri l 歴史認識・外交 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/212-bc9c4568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)