福島原発事故では第一原発がメルトダウンを起こし大きな被害を思したが
第二原発は無事収束したものと注目してこなかった。
相当に危機的状況であったことを振り返るため、リンクしておく。

除熱機能を喪失、ギリギリの復旧作業 福島第2原発で何が起きたか(上)
2013/5/3 日経

 東京電力・福島第2原子力発電所(福島県楢葉町、富岡町)は2年前の東日本大震災で激しい揺れと大津波に見舞われた。福島第1原発との最大の違いは発電所の外から受電する外部電源が1系統だけ残ったことにある。全電源喪失に至らず、中央制御室でプラントの状況がほぼ把握できた。それでも原子炉の熱を逃がす場所がなくなり、「原子炉内のガスを放出するベント(排気)まであと2時間」に追い詰められた。増田尚宏所長らに「あのとき」の状況を聞いた。

すし詰めの免震棟、異様な雰囲気 福島第2原発で何が起きたか(下)
■熱交換器建屋の扉破りなだれこむ海水
東日本大震災で発生した津波の第2波が襲う前(上)と、約1分半後に津波にのみ込まれた後の東電福島第2原発敷地内。15メートル津波でほぼ全域浸水(2011年3月11日午後3時半ごろ、東京電力提供)=共同
 福島第2には出力110万キロワットの沸騰水型軽水炉(BWR)が4基ある。2011年3月11日は4基とも定格運転中だった。午後2時46分の地震発生直後、大きな揺れを検知し全号機で原子炉は自動停止(スクラム)した。増田所長は津波が来ることを予想し所員を見張りに出した。その1人が撮った写真がある。

 福島第2は南から北へ向けて1~4号機が並ぶ。最も南にある1号機の南側の道路を海水が駆け上がってきた。海水は1号機の裏手(内陸側)にある廃棄物処理建屋や免震重要棟を襲い、裏手から回り込んで2~4号機にも到達した。

 想定していた津波の高さ5.2メートル(建設時は3.7メートル)に対し、襲来した津波の高さ(浸水高)は7メートルとされている。1号機南側道路など一部では海抜15.9メートルまで津波が遡上した。

 1号機原子炉建屋は、地下に置いた非常用ディーゼル発電機の給気口が地上階の壁面に開いていたため、ここから浸水し、起動したばかりのディーゼル発電機が3台とも水をかぶり止まった。非常用の電源盤も被水した。「今から考えれば、給気口をなぜ地上階につくったのか。もっと上階にあってもよかった」と増田所長は話す。

 また岸壁沿いには各号機に2つずつ海水熱交換器建屋(全8棟)という設備があったが、3号機の南側建屋を除き、扉を破って海水がなだれ込んだ。

 海水熱交換器建屋は、原子炉が緊急停止した際に熱を海に逃がす働きを担う。福島第1にはない設備だ。第1はポンプでくみ上げた海水をそのまま原子炉建屋に送り、炉心から戻った冷却水(淡水)を熱交換器を介して海水で冷やす。熱を受け取って温まった海水は海に流す。

2013.07.14 Sun l 原発事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/215-dfcf9b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)