原発汚染水、基準以下なら排出容認 原子力規制委員長
2013年07月25日朝日朝刊より転載

原子力規制委員会の田中俊一委員長は24日、東京電力福島第一原発の敷地にたまり続ける放射能汚染水について、浄化して国の基準を下回れば海に排出することはやむを得ないとの考えを示した。田中委員長が海への放出を認める発言をしたのは初めて。

 田中委員長は記者会見で「福島第一は水だらけになってきている。きちんと処理して基準以下になった汚染水を海に排出することは避けられない」と述べた。

現在の浄化装置はセシウムなどの除去はできるが、トリチウムは除去できない。現在、政府と東電の廃炉の検討チームがトリチウムを除去する方法について検討している。
注)トリチウム=三重水素
  半減期は12年。自然界で生成されるとともに、核分裂の過程でも生成される。
福島第1原発のトリチウム濃度が急上昇
The Wall Street Journal

以下 by natureflow
------------------------------------------------------------------------------------
原発事故の福島第一からは、高濃度汚染水が海に漏れ出しており、
敷地内が汚染水で水だらけだから海に捨てる。
海水で薄めれば「基準以下」は容易。そのまま流せと言っているのと同じ。
放出する放射性物質、各原子種の絶対量が重要。

水で冷却しないと再臨界で福島は吹っ飛び、日本列島壊滅
メルトスルー、駄々漏れの原子炉は、これからずっと放射性物質を放出し続ける。
一部は大気中の、他は海に~~~
海は世界を汚染する。

これは東電の問題ではなく、日本政府の、国家の問題。
近隣諸国、世界にどう説明し謝罪するのか。
事故を収束できないで、世界を汚染する国が
再稼動を進めたり、原発を輸出することは許されない。

-------------------------------------------------------------------------------------
以下転載
 地元漁協などは原子炉建屋から出た汚染水は浄化処理した後でも海へ放出することに反対している。これに対し、田中委員長は、説明して理解を得る重要性を強調。規制委として海洋に排出した場合の環境への影響などを長期にわたって調べる考えを示した。

 福島第一原発の原子炉建屋には毎日推定400トンの地下水が流れ込み、溶け落ちた核燃料を冷やすために注入した水と混ざって高濃度の放射能汚染水としてたまり続けている。
2013.07.25 Thu l 放射能・除染 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/221-2763e6ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)