原発ゼロの方針、小泉元首相「今こそ」 政府に求める
朝日新聞2013年10月02日朝刊より転載

 小泉純一郎元首相が1日に名古屋市で講演し、「今こそ原発をゼロにする方針を政府・自民党が出せば、世界に例のない循環型社会へ結束できる」と語った。シンクタンクなどが主催した約1時間の講演で、最近力を入れる脱原発の訴えに終始した。「経済界では大方が原発ゼロは無責任だと言うが、核のゴミの処分場のあてもないのに原発を進める方がよほど無責任だ」と強調。「原発ほどコストのかかるものはないと多くの国民が理解している」と続けた。
 「捨て場所もないような原発を経済成長に必要だからとつくるより、同じ金を自然エネルギーに使って循環型社会をつくる方が建設的じゃないか」と語った。

大賛成『今こそ』!!

 「捨て場所もないような原発を経済成長に必要だからとつくるより、同じ金を自然エネルギーに使って循環型社会をつくる方が建設的じゃないか」と語った。約1時間の講演の概要は次の通り。
    ◇
 経済界では大方が原発ゼロは無責任だと言うが、核のゴミの処分場のあてもないのに原発を進める方がよほど無責任だ。
 首相の時代には原子力はクリーンでコストの安いエネルギーという専門家の話を信じたが、東日本大震災が起きて、原子力を人類が制御できるか大きな疑問を抱いた。
 (8月に視察したフィンランドでは)設備が10万年もつかこれから厳しい審査がある。それでもフィンランドにある原発4基のうち2基分の廃棄物しか処理できない。現地の人は、10万年後の人類に(廃棄物を)取り出してはいけないと言って分かってもらえるかまで心配している。
 原発から出るエネルギーは本当に安いのか。事故が起きれば人体や農作物、地域へのリスクは計り知れず、原発ほどコストのかかるものはないと多くの国民は理解している。
 捨て場所もないような原発を経済成長に必要だからといってつくるよりも同じ金を自然エネルギーに使って循環型社会をつくる方が建設的じゃないか。
 原発の必要論者は『将来はゼロにする方がいいが、今はダメだ』と言う。しかし、早く方針を出した方が企業も国民も原発ゼロに向かって準備もできる、努力もできる、研究もできる。
 今こそ原発をゼロにするという方針を政府・自民党が出せば一気に雰囲気は盛り上がる。そうすると、官民共同で世界に例のない、原発に依存しない、自然を資源にした循環型社会をつくる夢に向かって、この国は結束できる。

関連記事
原発容認、異議あり 自民党内から 「再稼働慎重に」提言/若手も勉強会
朝日朝刊2013年10月05日より抜粋転載
 原子力発電所の再稼働に積極的な安倍政権に、足元の自民党から異論が出始めた。安倍晋三首相に真っ向から再考を迫るベテラン議員に加え、東京電力福島第一原発事故後の国政選挙で当選した1年生議員も声を上げ始めた。ただ、党内の大勢はいまも原発容認。異論を唱える議員らへの風当たりは強い。
 「原発事故の原因究明と、事故を収束させることが喫緊の課題です」。自民党の村上誠一郎衆院議員は4日、官邸に安倍首相を訪ね、約20分にわたり訴えた。
 村上氏は、党の福島原発事故究明に関する小委員長として提言を手渡した。再稼働に慎重な対応を求め、放射能汚染水漏れでも「凍土壁はコストがかかりすぎる」と注文をつけた。
 安倍政権の原発政策への疑問は、自民党内の若い世代にも芽生えつつある。
 千葉9区選出で当選1回の秋本真利衆院議員(38)は3月、国の核燃料サイクルを見直そうと「エネルギー政策勉強会」を立ち上げた。原発事故を受け、「放射性廃棄物は処分に10万年もかかる」と危機感を持ったからだ。
 党内の1回生に声をかけ、ほぼ毎月講師を呼んで約10人が議論する。子育て世代で、「脱原発」の世論にも敏感だ。2日には、6人で日本原燃が青森県六ケ所村に建設する再処理工場を視察。比例東海ブロック選出の勝俣孝明衆院議員(37)も「国策としての原発推進の判断に加われなかった。将来の世代に責任を持ちたい。有権者にも支持されている」と語る。
 党内は冷ややかで、政策を変えるほどの存在感は示せていない。秋本氏は国会で核燃料サイクルに疑義を唱える質問をしようとしたが、先輩議員から「将来を考えた方がいい」と忠告されたという。それでも、汚染水問題や小泉純一郎元首相の「脱原発宣言」で原発政策に焦点が当たる。「原発政策を見直す絶好の機会」とひるむ様子はない。
ー---------------転載終了

小泉純一郎の「原発ゼロ」 今首相になってほしい人

小泉元首相「原発進める方が無責任」 名古屋で講演写真付き記事(10/1)
原発ゼロ「小泉元首相の発言に勇気」 みんな・渡辺氏(10/1)
POLITICS/小泉元首相「首相が決めれば脱原発進む」 みんな渡辺氏に即時ゼロを訴え(9/30)
小泉元首相「首相決めれば脱原発進む」 渡辺代表に吐露写真付き記事(9/29)
小泉元首相「首相が決めれば脱原発進む」 みんな渡辺氏に即時ゼロを訴え写真付き記事(9/29)

菅vs.安倍、首相側は争う姿勢 原発事故メルマガ訴訟
2013.10.02 Wed l 脱原発・エネルギー政策 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
3.11の直ぐ後で、小泉新次郎議員が「これは原発を推し進めてきたわが党にも大きな責任がある」と述べたのを聞いて、この人は真っ当なのかもしれない、と感じました。
小泉元総理の今回の発言はまさしく正論。
小学生でもこれくらいの理屈は考えられる筈です。
これまで、大きな声で誰も言わなかったのが不思議でさえあります。
これが、言いっぱなしで終わらないことを、切に切に願います。
2013.10.04 Fri l domani. URL l 編集
No title
domaniさま、コメントありがとうございます。
小泉さんがあんな発言をするのは裏がある
自民党は別に迷惑に思っていないという
議論もありますが
当たり前の意見をバリアーを作らずに評価して
実行への道をつけたい、つけてほしいです。
2013.10.09 Wed l natureflow. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/242-6728565e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)