安倍首相はアメリカ大好きらしいが、その米国向け政策はアメリカには歓迎されていないようだ。
憲法改正「地域に無益」 米軍当局者、異例の言及
東京新聞2013年10月2日 より転載

 在韓米軍当局者は1日、安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正に関し「地域にとって有益ではない」と疑問を呈した。韓国で記者団の質問に答えた。日本の憲法改正に向けた動きが韓国、中国との関係に悪影響を及ぼすとの懸念を示したもので、米軍側としては異例の言及。
 軍当局者は「この数カ月間、安倍氏の発言を全て読んだ」としたうえで、憲法9条改正の動きが地域の安定に逆効果になるかとの質問に「そう受け取られる恐れがあるのは明白だ」とも述べた。
 この発言を受け、米国防総省のリトル報道官は「米国は日米韓の協力拡大に期待している」とする談話を発表した。(共同)ーーーーーーー転載終了

米国は極東の安定を望み、何か事が起こっても関与する余裕が無くなっている。その情勢をよく理解して、近隣諸国との良好な関係を築くことが首相のなすべきこと。
2013.10.14 Mon l 歴史認識・外交 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/244-00a3fb16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)