福島とチェルノブイリの小児甲状腺がん比較
「福島の子どもの甲状腺がんの発生割合はチェルノブイリ並みあるいは以上となる予兆と見える」と書いたことについて、トーナス氏から以下のコメントをもらった。

予兆と見えない論拠として、主にふたつ。
① 甲状腺がん発生の年齢構成が対照群の中で若年側に偏らず、むしろ高年側に偏っている。
② 線量との相関関係が見られない。
放射線に起因して甲状腺がんが発生したのであれば、放射線感度が高い若年側に偏るはずですし、線量の高いところで発症頻度が高くなるはずです。しかし、結果はそうなっておりません。

①について、チェルノブイリの小児甲状腺がんの年齢構成がUNSCEAR 資料にあった。
チェルノブイリ甲状腺がん年齢構成
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/8f528f1ba931ac9319790c56307fa17a
UNSCEAR 2000 report - Vol. II: Effects
http://www.unscear.org/unscear/en/publications/2000_2.html
Annex J: Exposures and effects of the Chernobyl accident (115 pages)
pp.498-499 より

事故後1-3年では、5~9歳、10~14歳に偏っており、激増する5年目から若年側に偏る。
従って、福島で見つかっている甲状腺がんが、年齢構成の点から事故由来ではないと主張する根拠にはならないと考える。その他の論争点は、福島とチェルノブイリの小児甲状腺がん比較 のコメント欄を見てください。

原発事故による放射能汚染と健康影響について
2013.10.25 原発ゼロを目指す会学習会講演資料
に新しい情報を加えて掲載しました。
2013.11.24 Sun l 福島甲状腺がん l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

このグラフからいえることは、
① 3年目までは、がんは増加していない。
② 4年目から増え始め、若年齢ほど多い。

ということだと思います。
福島の場合、発症者の平均年齢は、16.8歳ですね(11月13日・朝日新聞)

それと、チェルノブイリについては、いろいろなことが言われていますが、ぜひとも以下の報告をお読みになってください。
http://blogos.com/article/23718/

これは、自由報道協会が2年以上も前に開催したアルチュニャン博士の会見です。

自由報道協会といえば、岩上安身、上杉隆、おしどりマコなど、あなたもよくご存じの方たちです。
同博士に、「日本政府の対応が悪い」とか「避難基準が緩い」とか、そういう自分たちの主張していることをなんとか言わせようと誘導していることが
よく分かるはずです。
でも、博士は、そういう空気は読まずに、虚心坦懐に自分の考えを日本人に向けて発信しているように思えます。
いくらなんでも、ロシアのアルチュニャン博士を
「御用学者」と呼ぶわけにはいきませんよね。

自由報道協会にとっては、この会見は「黒歴史」なんでしょうね。その後は無視を決め込んでいます。
バズビーやパンダジェフスキーの名前は嫌と言うほど目にしますが、この人の名前がまったくといっていいほど知られていないのは、不思議としかいえません。

こういう、福島の人たちにとっての安心材料は、反原発さんの中では、拡散されていないようですね。

チェルノブイリの生きた教訓だと思うのですけどね。
2013.11.26 Tue l トーナス. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/256-fb120394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)