原発事故で除染は進まず、汚染水を止められないにも関わらず、原発再稼動を急ぎ、原発輸出・新設に前のめりの安倍自民。底なしの国税を使う莫大な原発利権にたっぷり浸る自民党は、国民の安全と将来世代への責任を省みない。

菅元首相、新エネ案を批判 「原発拡大計画だ」

 民主党の菅直人元首相が26日、衆院予算委員会の分科会で、首相を退任してから初めて国会で質問に立った。東京電力の原発事故で陣頭指揮をとった菅氏は、エネルギー基本計画案にかみつき「原発拡大計画だ」などと非難した。

 菅氏は「自治体が安全に避難できないから原発は動かさないでくれと言った場合、再稼働しないのか」と追及。茂木氏が答弁を避けると、「答えないことで責任を持たないということがはっきりした」とやり返した。菅氏が質問に立ったのは本人の希望という。

 終了後、菅氏は、細川護熙、小泉純一郎の両元首相がタッグを組んだ都知事選に触れ「原発事故当時、東京中から一人残らず逃げなければならないギリギリの状況だった。それが共有されれば、都知事選の結果も異なる結果だっただろう。これまでに負けず発信していく」と語った。

しかし原発利権に乗っ取られている安倍自民は、福島事故が一歩間違えたら首都壊滅に至るということを理解できない脳天気なのだろう。
2014.02.28 Fri l 脱原発・エネルギー政策 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/277-2747d6cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)