Cs134、Cs137を恐れる必要なないのか??
K40による自然放射能程度であれば・・・

放射線は、DNAなどを直接傷つけたり、水分子から活性酸素を作って間接的に傷つけたりする。この積み重ねががんや臓器不全につながる。セシウム137の危険性を論じる時に、よく引き合いに出されるのが放射性カリウムK40。

我々の体のなかには、体重の 0.2 % 程のカリウムがあり、神経刺激の伝達、筋肉の収縮、酵素反応の調節など生命維持に必須の働きをしている。体内のカリウムの量はほぼ一定。
自然界のカリウムのうちの約1万分の1が放射性のカリウムK40なので、健康な人であれば誰でも、ほぼ一定量のカリウムK40(体重 1 kg あたり約 67 ベクレル)による内部被ばくしていることになる。これは、生命がこの地球の誕生して以来ずっと続いてきた。

生命がこの地球に誕生して以来ずっと続く K40による被ばくは人体影響があり、%は分からないが、がん死の要因になっているだろう。

★K40による自然放射能程度であれば・・・Cs134、Cs137を恐れる必要なない
というのは間違いである。
詳しくは以下に
この自然に含まれるカリウム40が人体に悪影響を及ぼさないと断言はできない。がんや他の病気の引き金になって、人を死に至らしめている可能性はある。ただ、人類が地球に登場してから、K40の体内の濃度はほぼ保たれ、人類全体としては、カリウム40の悪影響に対して抵抗力と繁殖力が勝ってきたから、人口減少せず、私たちは、今、こうして生きていられるのだろう。

放射性セシウムと放射性カリウムの人体影響については、以下の詳しい解説を見てほしい。
[A]【前篇】放射性セシウムと放射性カリウムの人体影響は同じレベル(内部被ばく)

[A]では以下の結論を出している。
 ●1 K40による被ばくは人体影響がないレベルである。これは認められている事実と言って良い。(生命がこの地球の誕生して以来ずっと続いていることなのだから)
 ●2 K40の事を気にしない(知らない)で、それより遥かに少ないCs137,Cs134を怖がる事は間違っている。

果たしてそうか? 検証する。
 ●1 生命がこの地球の誕生して以来ずっと続いていることであっても、K40による被ばくは人体影響がないレベルであるとは言えない。カリウム40の悪影響に対して抵抗力と繁殖力が勝ってきたから人類は生き延びた。
もしK40の半減期が13億年ではなく1億年だったとしたら、放射能は13倍になり今の人類は存在しなかっただろう。

K40による内部被曝は、生命がこの地球の誕生して以来ずっと続いてきた。
K40などからの自然放射能で、DNAが傷つき改変することで生命が進化し、人類が誕生したといえる。
カリウムなしに人は生命維持ができない。
K40による内部被曝は、人を死に至らしめるほど大きくなかった。
だから、K40の内部被曝にもかかわらず、人類がいる。

☆日本人の死因の3分の1はがん
☆日本では予防可能なリスク要因では喫煙(23%)、感染性要因(22%)
☆日本人のがん死の半分以上は原因不明
☆紫外線や放射線曝露などの要因のによる%は調べられていない
(日本における信頼性の高いデータが無いので)

生命維持に必須のカリウムに含まれるK40による内部被曝ががんを起こすのではないか?
絶えざる内部被曝を起こすK40が、がん死の要因である可能性はある。

こう考えると、
●『生命が誕生して以来ずっと続いているK40による被ばくは人体影響がないレベルである』
  とはいえない。
●放射性K40は人体影響があり、がん死の要因である可能性が大きい。

2014.03.15 Sat l 放射性セシウムとK40の影響比較 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/285-05ed4e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)