原発を重要なエネルギーげんというエネルギー計画が閣議決定、安倍政権は原発再稼働を急いでいる。福島原発事故の教訓を生かし、将来世代の安全を守っていくためには、多くの勢力の連携協力が必要。小泉・細川氏脱原発で再タッグの朗報があった!!

小泉・細川氏、脱原発で再びタッグ 社団法人設立へ 福島知事選で支援検討
2014年4月15日朝日新聞 より転載----------
 小泉純一郎(72)、細川護熙(76)両元首相が、脱原発を目指す一般社団法人「自然エネルギー推進会議」を設立する。再生可能エネルギー普及の研究に加え、今秋の福島県知事選などで脱原発候補を支援することも検討している。▼4面=地方選で後押し

 小泉、細川両氏は「推進会議」の活動方針を、(1)原発ゼロ・再生可能エネルギーの普及促進(2)原発再稼働反対(3)原発輸出反対、とすることで一致。今後は、新潟県や青森県など原発関連施設がある地域を中心にタウンミーティングを開き、小泉、細川両氏も出席して脱原発への機運を高めたいという。また、「推進会議」の活動と並行し、秋の福島県知事選や来春の統一地方選などで脱原発候補の支援も検討する。

 一般社団法人は、登記だけで設立できる営利を目的としない法人。5月7日に東京都内で設立総会を開く。細川氏によると現時点で、発起人には小泉、細川両氏のほか哲学者の梅原猛氏や歌舞伎俳優の市川猿之助氏ら計13人が名を連ねる予定。賛同人には俳優の吉永小百合氏ら数十人が加わるという。細川氏が法人の代表理事を務め、総会には小泉氏も出席する。

 2月の東京都知事選では、細川氏が脱原発を掲げて立候補。小泉氏が全面支援したものの3番目の得票で落選しており、両氏の影響力低下を指摘する声もある。

脱原発、地方選で後押し 勢力結集が課題 小泉・細川氏、社団法人設立へ
2014年4月15日朝日新聞 より転載-------------
  「脱原発」を掲げながら惨敗した2月の都知事選から2カ月余り。小泉純一郎(72)、細川護熙(76)の元首相コンビが脱原発を掲げて社団法人を立ち上げる。安倍政権の原発推進路線に対抗し、各地の地方選で脱原発候補の支援も視野に入れるが、こうした勢力を結集できるかは難しい面もある。▼1面参照

 「原発に依存しない地域づくりを支援したい」。細川氏は14日、朝日新聞の取材に語った。

 安倍内閣は11日に閣議決定したエネルギー基本計画で、原発を「重要なベースロード電源」と位置づけた。原発回帰を強める政権の動きに対し、小泉、細川両元首相は都知事選後も数回会談して脱原発を求める世論は根強いと判断。これを後押しする動きが必要だという認識を共有した。

 「原発ゼロ」と「再稼働反対」で一致した元首相コンビが当面の節目とみるのが、今夏にも想定される九州電力川内原発(鹿児島県)の再稼働と、事故を起こした東京電力福島第一原発があり、11月に現職が任期満了を迎える福島県の知事選だ。

 川内原発は原子力規制委員会での審査が最も早く進み、安倍政権で最初に再稼働すると目される。一方で、避難計画の整備や火山灰対策など再稼働への課題は数多い。細川氏らは地元でタウンミーティングを開いたりし、世論に一石を投じる考えだ。

 また、福島県知事選では、自民党福島県連が独自候補を擁立する方針のため、両氏は「独自候補を立てるか、脱原発を公約する候補を支援したい」(細川氏周辺)としている。安倍政権が態度をあいまいにしている福島第二原発の廃炉問題も争点に据える考えだ。

 一方、都知事選では、共産、社民両党の推薦を受けた宇都宮健児氏と細川氏が脱原発票を二分し、脱原発を掲げる政治勢力を結集できなかった。両氏とも首相を退いてから時間が経ち、「もはや求心力はない」(自民党幹部)との指摘もある。脱原発の世論をどこまで喚起できるかが課題になる。
2014.04.15 Tue l 脱原発・エネルギー政策 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/296-30485692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)