問題児童・生徒を分離へ 特別教室で指導 大阪市教委
2014年6月11日 より転載

 大阪市教育委員会は10日、一定レベルを超える悪質な問題行動を繰り返す児童・生徒を在籍する市立学校から引き離し、1カ所に集めて専門的に指導する「特別教室」を新たに設ける方針を明らかにした。文部科学省によると、こうした対応は珍しいという。

 大阪市教委によると、特別教室は学校とは別の場所に設け、問題行動に対する豊富な経験や、心理学など専門的知識がある教職員らを配置する。

 対象となる行為は、校内暴力、非行などを想定。具体的には、市教委が昨年9月に策定した問題行動の5段階の分類のうち、「レベル4」(激しい暴力など)と「レベル5」(極めて激しい暴力など)に該当する場合で、出席停止の措置をとったうえで特別教室に入れて指導する。「レベル3」(暴力など)以下でも、教師らの指導に従わない態度が続けば特別教室での指導に切り替えることもある。
転載了-------

大阪維新の会は大阪府・大阪市で教育改革を進めてきたはずである。
学力テスト結果の学校ごと公表して競わせる・・・学校ごと、学級、クラスの個々人
君が代斉唱のチェック、民間人校長の登用・・・・・

ところが
 学校現場での暴力行為は2012年度、1千人あたり全国平均で4・1件あった。
この中で、大阪府は9・5件で都道府県中最多だった。
教師を学力テストで評価し、子どもを競わせ、協力し合う学級作りの余裕を失わせた。
これが橋下教育改革の目に見える成果である。

愛国心は、クラスの皆が大切にされていると実感できてこそ育まれる。
選別と排除では子どもたちの心が荒んでいくばかり。
大阪市民よ、大阪府民よ、目を覚まして!!
転載続き------
 期間については、行為の悪質さや周囲への影響の大きさを考慮して定める。ルールの大切さを教え、他者を思いやる態度を育てることに重点を置き、一人一人の状況に対応するとして、「個別指導教室(仮称)」と名付ける。

 学校教育法は、問題行動を繰り返し、周囲の教育を妨げる場合、出席停止の措置を認める。市教委は、明確なルールと基準を子どもたちに公平に適用し、保護者らの理解を得たい考えだ。

 大森不二雄・教育委員長(首都大学東京教授)は10日、「問題を起こす子どもには個別のしっかりしたケアが必要。静かに授業を受けたいという子どもの権利も保障しなければならない」と述べた。橋下徹市長は「(問題行動によって)まじめにやろうとする生徒らが馬鹿を見ることはあってはならない」と語り、予算化して推進する方針を明確にした。

 学校現場での暴力行為は2012年度、1千人あたり全国平均で4・1件あった。この中で、大阪府は9・5件で都道府県中最多だった。(阪本輝昭)

 ■基準の明確化を

 太田肇・同志社大教授(組織論)の話 子どもたちが安全に教育を受ける権利を守るという観点から、問題行動を起こす児童や生徒の引き離しはやむを得ない部分がある。強く対応できない教師の足元を見る子どももいる。ただ、特別教室の対象が際限なく広がらないよう、基準を明確にし、在籍校に戻る道筋もきちんと示す必要がある。公正な運用を徹底しなければならない。

 ■学校で指導、基本

 内田慶市・関西大教授(元・大阪府吹田市教育委員長)の話 荒れる子どもにはその理由と背景がある。感情や思いを教師や親にうまく伝えられないもどかしさが、問題行動に表れる場合もある。そこを解きほぐすのが教育ではないか。「学校から放り出された」と不満が募れば、その後の指導も困難になる。学校での指導があくまで基本であり、教員OBの活用なども考えるべきだ。

 ■大阪市教委がまとめた問題行動のレベルと対応案

 ◇レベル1

【問題行動の例】無断欠席や遅刻、(教師への)反抗的言動、服装・頭髪違反など

【学校と教委の対応案】担任教師が中心に指導

 ◇レベル2

【問題行動の例】暴言、賭け事、授業妨害、器物破損行為(いずれも軽微)など

【学校と教委の対応案】担任教師に加え、管理職や生活指導担当の教員も指導

 ◇レベル3

【問題行動の例】暴力、暴言、脅迫、強要行為、無免許運転、喫煙、著しい授業妨害など

【学校と教委の対応案】学校と家庭両方での指導を強化。必要に応じて警察や市の子ども相談窓口と連携

 ◇レベル4

【問題行動の例】激しい暴力、恐喝行為、危険物の所持、窃盗行為、レベル3の指導に従わないなど

【学校と教委の対応案】警察や市の子ども相談窓口と連携。出席停止の措置を取り、短期間、「特別教室」へ

 ◇レベル5

【問題行動の例】極めて激しい暴力、凶器の所持、強盗行為、レベル4の指導に従わないなど

【学校と教委の対応案】警察や市の子ども相談窓口に対応を委ねる。出席停止の措置を取り、中・長期間、「特別教室」へ

2014.06.12 Thu l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/322-d3451441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)