棄民の策 拒めば自主避難 帰還を強要 より

避難指示区域の解除に伴い、
生活苦に陥る被災者らが増えている。

月々の精神的賠償が解除後、1年で打ち切られ、
なを、避難生活を続ける人々は自主避難者扱いにされる。

帰還を押しつけ、後は自己責任と言う
「棄民化」政策が進んでいる。

石原環境相「最後は金目でしょ」 中間貯蔵施設巡り発言
2014年6月16日
 石原伸晃環境相は16日、東京電力福島第一原発事故の除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設をめぐり、首相官邸で記者団に対し「最後は金目(かねめ)でしょ」と語った。

 政府は候補地の福島県大熊、双葉両町の住民説明会を15日に終えたばかり。石原氏は16日午後、官邸で菅義偉官房長官に、今後の事業日程などを報告した。面会後に石原氏は「説明会が終わったから今後の日程について話をした。最後は金目でしょ。(菅氏は)こちらが提示した(住民への補償の)金額については特に何も言っていなかった」と記者団に語った。

 中間貯蔵施設建設では、地元への交付金額や地権者に対する補償額が焦点になっている。石原氏の発言は、政府が地元との交渉を金で解決する意図だと取られかねない。


2014.06.21 Sat l 福島放射能健康影響 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/324-63aed342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)