自民党にも、まともなことを言う人がいるということで、進次郎氏「原発事故から学んでいるか」 政権の再稼働方針に疑問
2014年8月5日朝日新聞朝刊
を転載する。

 小泉進次郎復興政務官は4日、福島県会津若松市で講演し、安倍政権が進める原発の再稼働について
「2回、事故を起こしたらおしまいだ。はたしてもう一度、同じような事故を起こさないと自信を持って言えるか」
と疑義を呈した。

 小泉氏は講演後、記者団に、政権が原発問題に
「もっともっと強い危機感と、日本の最重要課題という認識で取り組む必要がある」

と述べ、具体例として福島第一原発の汚染水問題などを挙げた。小泉氏は

「事故で、多くの方が人生を変えざるを得ない様々な決断を強いられ、犠牲を強いられた。それだけの重みと危機感を持って、2011年後の時代を本当に進んでいるのか」
とも語った。

そのとおりである。

 安倍政権は再稼働を審査する原子力規制委員会の基準を「世界最高水準」とし、基準に「合格」した原発の再稼働を認める方針だ。小泉氏は、こうした政権の進め方について、「本当にあの事故から学んでいるかと思うことがいっぱいある」と指摘した。

2014.08.05 Tue l 原発再稼動 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/341-696b3302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)