鉢呂前経産相の「死の町」発言が話題になったとき、何気なくまずいのではないかと思った。
辞任にいたっても、やむをえないのではと思ったのだが・・・

 人っ子一人いないから原発周辺が死の町に見えたのは事実・・・その発言を地元の人がどう感じるかは、やはり傷つきそうに思う。特に早く帰りたいと待ち望んでいる方たちは。

 でも降り注いだ膨大な放射生物質から考えて、住民が帰って住むことが可能なのか。高度に汚染された場所には、絶対人が住めない場所がたくさんあるはず。それをはっきりさせて、帰れない領域を科学的に算定し、避難している人たちに知らせることこそが急務。
人が安全に暮らせない場所=死の町をつくり、国民の、次世代の健康をまもることこそが大事だと思う。

9月30日朝日朝刊、池上彰の新聞ななめ読みから
 鉢呂発言を受けたマスコミがすべきなのは
「人が住めるようになるのはいつか、もし住める展望がないなら、それを住民に告げるべきではないか」 との問いを政治家や行政に投げかけるべきではないか。

 この通りだと思う。今誰も、永遠に住めない場所が、住まない方がよい場所があること、それがどの程度以上汚染された場所かということを言っていない。

 すべての町を除染(=放射性物質の移動=同量の汚染)することはできない。強制避難地区を国が買い上げ、除染した放射性物質を原発周辺に安全に閉じ込める、立ち入り禁止の「死の町」をつくる以外に、国民の健康を守る方法はない。
 放射性物質を十分監視しながら、自然エネルギー拠点を作ることもできるかもしれない。

 一番重要なことを誰も言わない、いえない状況は、今後の放射能によるがん患者の増大、次世代の悲惨につながろことを危惧する。
2011.09.30 Fri l 政治 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
あの「死の町」発言を聞いて、私は何故問題になるのか解りませんでした。
誰が見ても、「死の町」そのものでしたから。
「死の町にしたのは誰?」
と被災者の皆さんが、原発を推進した政治家たちや東電に怒る声を聞きたかったのですが、それを聞く前に、大臣が更迭されました。
マスコミが「言葉狩り」を楽しんでいるとしか思えません。
そんなことばかりしていては、国が滅びます。
仰るように、一番重要なことを誰もいえないのでしょうか。
2011.09.30 Fri l domani. URL l 編集
言葉狩りで本質を隠すマスコミ
domaniさま、その通りだと思います。
朝日朝刊に野田さんのことを、「歌を忘れたカナリアは哀れ、役人言葉をよどみなく吟ずる姿はつらい」と言っていましたが、言葉尻を捕まえて騒ぎ立て、辞任に追い込むマスコミに大いに責任があるのにと思います。
国民が賢い判断をするためには、どうすればいいのでしょうか?マスコミ抜きには考えられないし・・
2011.10.01 Sat l natureflow. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/35-7ad2a144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)