再生エネ政策、仕切り直し 家庭負担1000円の試算
高値買い取り裏目 事業者急増、4電力が受け入れ制限
2014/10/1 日経
の報道があった。

以下転載 ---------
 太陽光や風力発電など再生可能エネルギーの普及政策が、仕切り直しを迫られている。2012年に太陽光などの電力を電力会社が高値で買い取る制度を始めたが、再生エネの事業者が急増して受け入れきれないためだ。わずか2年で行き詰まり、4電力が30日に新規の買い取り契約を当面停止すると表明した。再生エネを増やすには送電インフラなどの投資が必要で、電力を使う家庭や企業のコスト負担も増す。
---------------
ところで再生可能エネルギーはどれだけの発電できるのか?
 特に太陽光は設備を導入しやすく、企業などが大規模発電所をつくった。
制度開始後2年で、経産省が認定した
再生エネの設備の容量は7178万キロワットと、原発70基分に相当する。
2014.10.01 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/357-e2e6e12d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)