福島の健康被害はどうなっているのか。
子どもの甲状腺がんの多発すら原発事故と関係ないと言い張る福島県=政府=IAEAが、ウクライナ政府報告で明らかにされている白血病、白内障、小児甲状腺癌、心筋梗塞や脳血管障害などさまざまな慢性疾患がありうることを認めないし、その調査もしない中、福島の実態をできる限り公にして健康管理を進めていく必要がある。

福島県で急増する「死の病」の正体を追う!~セシウム汚染と「急性心筋梗塞」多発地帯の因果関係~
宝島 8月26日 
福島県の「急性心筋梗塞」死亡率 全国1位 全国平均の2.4倍
福島心筋梗塞死亡率
福島の報道されない汚染状況と、隠し切れなくなった健康被害
2014年10月06日
島薗進 @Shimazono · 10月10日
甲状腺がんの福島県内地域差。①津田教授→ http://togetter.com/li/694627  ②東京GIGOさん→ http://togetter.com/li/713253  ③pririnさん作図→  ①と③が近い。いずれにしろ他地域に検査拡大すべき。

などの報告、データを集積し、読み解き、今後の対策をとるべきと思う。
2014.10.13 Mon l 福島放射能健康影響 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/363-7024ffb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)