尊敬する内田樹氏 5月14日
安保法制について。これだけ官邸と民意が離反していて、法制が国民生活にいかなる恩恵ももたらさないことがわかっていながらまだ50%近い内閣支持率がある理由はどうしてなんでしょう。
への返信 ‏@natureflow
この理由と対策が見つかったら問題解決。日本の危機は乗り越えられる!!
①有権者が選挙権の使い方を知らない
②歴史を知らない能天気を育てる教育改革の効果
③戦争を知らない子供たちが国会議員
④報道のメルトダウン(朝日・NHK・・)

スズランと首相 日独比較 より
--------------------------------------
スズランにちなんで日本とドイツ、安倍首相とメルケル首相 を比較してみた
今世界の政治家で一番好きなメルケル首相
2005年から3期、連合政権・大連合政権をつくって国を率いること~10年
連立政党の政策を取り入れ、相手政党を食ってしまうしたたかさ
東西ドイツの統合を乗り越え
世界大戦の敵国フランスと協力し
戦争のないヨーロッパ、EUを纏め上げる
ヒューマニズムに裏打ちされた政治的手腕に感服
3.11にメルケルは脱原発を決断し、日本は原発継続を決断した

第一次第二次世界大戦の敗戦国として
戦争の原因には領土問題があると
東部ウクライナの停戦合意に努力する

ロシアの対独戦勝70周年記念式典の翌日、メルケル首相がモスクワを訪問
プーチン大統領と無名戦士の墓に献花し、大戦におけるの独露の犠牲者を悼んだ

プーチン氏は「ナチズムとの戦いで亡くなった方々を悼むために訪れたことに感謝」
メルケル氏は「戦後70周年の機会に、ここに来ることが非常に重要だった」

首脳会談でプーチン氏は
「独・仏・露・ウクライナ首脳がまとめたウクライナ東部の停戦合意の履行が重要」
メルケル氏は
「どんなに困難でも話し合いで解決する必要があるというのが、歴史の教訓」

安倍首相は近来にない強い首相、でも2人はすべてにわたって対照的
同盟国アメリカの戦争に集団的自衛権を行使できるように
地球の反対側まで自衛隊の活動範囲を広げる
積極的平和主義とは、武力で平和を守ろうとする戦争好きのアメリカに協力する
=積極的戦争主義ではないか?

《日首相》先の大戦への「痛切な反省」に言及し、戦後の日米の和解の歩みを強調
アジアの国民に「苦しみを与えた事実」を認めたが「侵略」や「おわび」に触れない
慰安婦について「人身売買の犠牲となり、痛みと苦しみを経験されたとして
(human trafficking)=人身売買という言葉を始めて使った
慰安婦は強制ではなく、(対価が払われた)人身売買ということによって
韓国・台湾・フィリピン・インドネシア・オランダに広がる被害者たちの尊厳を
その国々の人々をあらためて傷つける
そんな指導者が世界から尊敬されるはずがあろうか

《独首相》第2次大戦後にドイツが周辺国と和解するため、「過去と向き合う」強調
「ナチス時代を知る責任ある」 独メルケル首相、国民へ呼びかけ
--------------------------------------

ファンのブログのコメントへ
安全保障関連11法案、国会審議へ
日本はどこに行くのでしょう
「もはや一国のみで、どの国も、自国の安全を守ることはできない時代だ」
と、戦争好きの米にくっついて、世界大戦に一番乗りしそうな勢い
Stop安倍!!
2015.05.17 Sun l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://natureflow1.blog.fc2.com/tb.php/397-d5d01fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)